« 米倉斉加年さんお亡くなり | Main | 狙われた赤猿 »

August 30, 2014

世界最初の日章旗を描いた外国切手

2014083001

 今2014年は第一次世界大戦ぼっ発100年にあたることから、関係各国から記念切手が続々と発行されています。私も郵趣誌の担当連載記事でジャージー島などいくつかご紹介しています。
 しかし、日本はこの件に関して非常に冷淡ですね。同盟国のイギリスに要請され、渋々ながらもドイツに宣戦布告して参戦しました。青島や南洋諸島を攻略したのみならず、はるか地中海まで戦艦を派遣しています。そして、表題の通り、世界最初の日章旗を描いた外国切手「第一次世界大戦講和記念」切手が発行されました。1920年のことです。
 ドイツとポーランドの国境に位置する都市マリエンヴェーダーの帰属を問う国民投票が国際連盟管理下で行われました。日本も投票管理委員会構成国のひとつであったために、記念切手に日章旗が描かれることになりました。何種かあるうち、最も見映えのする多色刷り5mk切手の未使用を図版に掲げました。これが日本を現す題材を用いた切手としても世界最初になります。なお、これ以前のジャポニカ切手としては、帝政ロシアが日露戦争遺児救済募金切手を1904年に発行はしておりますけれど、残念ながら日本的題材は一切描かれていません。
 そして図版右は当時の使用済です。局名も鮮明で使用年も発行年の1920年とはっきり読めます。アオヤマスタンプさんの販売ブックで目にした時、青山さんがすかさず「ええじゃろう〜」と(笑)。未使用はいくらでもありますが、やはり当時の使用済は少ないようですね。おそらく当時の郵趣家が意図的に作成したものでしょうが、カッコいいので許します(笑)。すかさず買わせていただきましたとも。

|

« 米倉斉加年さんお亡くなり | Main | 狙われた赤猿 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 世界最初の日章旗を描いた外国切手:

« 米倉斉加年さんお亡くなり | Main | 狙われた赤猿 »