« 【速報】新料額印面のエコーはがき第1弾発売 | Main | 誕生日またぎカバー »

June 15, 2014

ディズニー切手の著作権シール

2014061401

 切手商さんでセットになったディズニー切手のパッケージにディズニーの著作権シールが貼られているのを見たことがありますか?。これはアメリカのディズニー・プロダクション本社が正式に販売許可を与えた切手ですよという証です。

 自力で切手を発行できるだけの印刷・製造設備も資金も持たない小国のために、主に収集家向けにデザインされた切手を代理発行するビジネスモデルが実在します。1979年(昭54)、アメリカの某代理発行エージェントがディズニー・プロダクションと正式な契約を結び、ディズニー・キャラクターのアニメ図案の国際児童年記念切手を多種大量に発行しました。上図のレドンダをはじめとしてアンギラ、シエラレオネ、ブータン、グレナダ、マリ、モルディブ、アンティグア、ガンビア、タンザニアなどなど枚挙にいとまがありません。エージェントはそれら小国に名義借りの対価を支払う代わりに代理発行した切手を世界の郵趣市場で独占的に販売する権利を得ました。各国郵政当局にもごく少数のみ切手を納入していたようですが、大半はエージェントが全世界の切手商相手に直接切手を卸売りしていました。その際に添付されていたのがこの著作権シールです。

2014061402

 世界各国の切手商さんたちは、切手をパッケージした時にこの15ミリ角の著作権シールをひとつずつ貼っていました。日本では有名なところでは今はなき東京切手センターさん。40代以上のベテラン収集家ならどなたも一度は目にしたことがあることでしょう。
 昨日参観したスタンプショウくだまつ2014で、この著作権シールのシートレットを入手しました。下辺がいびつにカットされているので、元はもっと縦長の台紙だったようです。言わば著作権シールの大型ブロックとでも言いましょうか(笑)。常識的に考えて不要となった余りは捨てられているはずです。下方の6枚のみ使われただけでよくぞ今まで残されてきたものだと思います。

2014061403 また「日本国内販売許可」の文字が入った日本独自の別バージョン(15mmH×12mmW)も存在します(左図)。これは日本国内の卸売り業者さんからのものかと類推されます。
 1998年(平10)末をもって契約が満了しました。実際には2000年以降も何件かディズニー・キャラクター切手を発行していたくだんのエージェントも、現在では完全に手を引いたようです。

関連記事:世界最初のディズニー切手の秘密
http://topofswan.tea-nifty.com/hyper_philatelist_annex/2004/08/post_14.html

|

« 【速報】新料額印面のエコーはがき第1弾発売 | Main | 誕生日またぎカバー »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ディズニー切手の著作権シール:

« 【速報】新料額印面のエコーはがき第1弾発売 | Main | 誕生日またぎカバー »