« April 2014 | Main | June 2014 »

May 2014

May 26, 2014

自然のものこそが危険だ

2014052604 規制もなんもない時代に農村地帯で農薬を吸いまくって育った俺です(笑)。郵趣の収集テーマのひとつに「環境郵趣」というのがあって、自分もまた実体験を思い出しながら収集しています。1961年(昭36)の生まれなのでいろんな公害問題も記憶しています。
 日本で一般的に環境問題が顕在化したのは、有吉佐和子さんの「複合汚染」からではないかと思います。新聞連載されたそれを両親が深刻そうに読んでいたのを記憶しています。そこから逆に源流をたどるようにしてレイチェル・カーソン(上図)の「沈黙の春」が広く知れ渡るようになったことも覚えています。
 下の国際はがきの文面にも当時の状況が書かれています。「日本全国で水銀などに依る海水汚染に依る魚類が問題になっております。なにがなにやら私共の素人には判りません。九州瀬戸内海の漁民は死活問題として騒いでおります」(消印は新潟県の村上郵便局、MURAKAMI 1973.6.29)。

2014052605

 そういった歴史から高い意識を持つ市民が増えていることは良いことではありますが、やはりと言うべきか行き過ぎも強く感じます。いわく「自然のものなら安全」という思い込みです。それ、絶対に間違ってます。この世の動植物がいちいち人間様にとって有益か否かを斟酌しながら進化してきたわけではありません。むしろ安易に食われないように体内に毒さえ生成するようになったのが実態です。無農薬野菜もどんな寄生虫が付いているか怖くて仕方がありません。徹底的に洗ってから使いますけれど、果たして水洗いくらいで大丈夫かいな?と正直不安です。自然食品なんていちばん胡散臭いと思います。
 人工的な合成物は、今では安全性をきちんと確認されてからでないと世の中には出てきません。人間のやることですから時には予期せぬ弊害が後で判明したこともあります。だからといって化合物すべてが危険なわけじゃないし天然物よりはるかに安全であることが担保されています。
 農村地帯で生まれ育った経験がない人ほど自然に対する眼差しが甘い。可愛らしいタンポポだって容易に家畜を殺します。ウルシを肌に塗り込めて平気かね?、トリカブト食べてみます?。自然妄信教はやめたほうがいい。
 行き過ぎの最たるものが反捕鯨運動ですね。いずれ鯨類の増えすぎによる特定魚類の絶滅などの悪弊が露になることでしょう。後年、日本やノルウェーが言っていたことの方が正しかったと判明する時が来ると思います。
 下図は鈴木善幸内閣の時の亀岡高夫農林水産大臣宛に送られた捕鯨禁止の陳情はがきです。アメリカで組織的に行われたもので消印はSPOKANE.WA 1981年の使用例です。感情的で非合理的な誤った環境運動としての郵趣材料として残しています。

2014052606

| | Comments (0) | TrackBack (0)

世界初?、多摩都市モノレールを描いた外国切手

2014052603

 いわゆるパチもん切手発行国のひとつモザンビーク、2013.03.25付で「モノレール」と題する6種連刷シートを発行した模様です。このうち最後の6番切手(額面92MT)は多摩都市モノレールを描いています。多摩地区の題材なら何でも集めているというあなた!、ひょっとして外国切手に描かれた世界最初の切手かもしれませんよ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ぽすくまの消印

2014052601 来る2014年(平26)6月6日から6月30日まで、西荻茶散歩というイベントに関連して西荻窪郵便局で左図のような小型印が使用されます。日本郵便のマスコットぽすくまが急須(?)を持って散歩しているデザインのようです。
 ぽすくまの消印はまだそんなにないんじゃありませんか?。ちょっとググってみましたら、平成25年の秋のグリーティング切手の時の絵入りハト印2種(手押印と機械印)、第68回国体の時の小型印の計3種しか見当たりませんでした。ちゃんと調べればまだあるかもしれませんが、それにしてもまだ10種もないことでしょう。ぽすくまファンの方々はそこら辺もきちんと押さえておられますでしょうか?。今でしたらぽすくまのキャラクター使用契約が終了するまでの全期間におけるぽすくま消印完集も可能だと思います。

2014052602

 なお西荻茶散歩のFacebookページがありましたので直リンクを張っておきます。実際に6月4日(土)、5日(日)の両日に参加し、その過程で入手した紙モノに切手を貼って6日(月)の小型印使用開始初日に押印する・・・といったことが可能ですね。お近くの方はぜひどうぞ。

▼西荻茶散歩Facebookページ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 20, 2014

Tokyo04

2014052001 3月3日、フランスがこんなかっこいいジャポニカ切手を発行しました。写真家のMaxime BRUNO(マクシム・ブリュノ)の作品Tokyo04です。下記ムービーもあわせてご覧ください。
 いずれ郵趣誌の担当連載記事の中で詳しくご説明したいと思います。


Reportage Aufeminin.com : Accrochage des photos... 投稿者 myphotoagency

|

May 19, 2014

外国製日本切手まとめ

2014051901

 カバー作り名人の山内和彦さんから自然との共生シリーズ第4集のFDCをご恵送頂きました。それもヤエヤマセマルハコガメ切手の耳紙付きで。その意図するところはオランダのエンスケデ社製としては最初の日本切手であることです。いつもながら秀逸なアイデアとセンスが光りますね。いつもありがとうございます。
 せっかくなので、これまでの外国製日本切手を製造会社別に1番切手をまとめておきます。

【ケスタ社(英)】
 日本最初の外国製切手は1999年にケスタ社が担当したふみの日10種連刷シートです(裏糊式)。この当時、日本では円形切手を製造できる目打機がなかったからとの説明がありました。事実、このシートは現時点でも日本では実用化されていないAPS目打という方式で穿孔されました。
 なお、ケスタ社は2002年に同じくイギリスのデ・ラ・ルー社に吸収されたため、切手上からその名前は消滅しました。日本切手でも本件が唯一例となりました。
 また、ふみの日連刷シートを1999、2000、2001年と横並びにすると「LETTER WRITING DAY23」の続き文字になることは既に当ブログでご報告しています(当該記事はここ)。

2014051902

【ウォルソル社(英)】
 ケスタ社に続いて登場した同社のデビューはなんと写真付き切手(Pスタンプ、セルフ糊式)、2004年9月初旬に発売された「ラリージャパン」でした。これは郵便局では販売されず、ラーリージャパン公式グッズ取扱ショップである毎日プレミアムモールさんで3,150円で購入しました。

2014051903

 次いで、2004年11月4日発行の「平成16年度文化人切手・小泉八雲、イサム・ノグチ、古賀政男」を製造しました(裏糊式)。

2014051904

 また、これにはカタログにも載っていない興味深いお話があります。イサム・ノグチ切手の凹版彫刻はスラニア氏の後継者であるスウェーデン在住のポーランド人切手彫刻家ピオトル・ナシャルコフスキ氏(Piotr Naszarkowski)の作です。発行当時、氏のホームページの2004年の作品紹介ページに掲載されていることから判明しました。本稿執筆時ではブラックプリントのページに掲載されています(下図)。ただし、他の2種も同氏の彫刻かどうかは不明です。

2014051905

 なお、残念ながら同社は機密保持・品質管理の面で脇が甘いことが昔から指摘されていました。現時点では詳しいことは書けませんが、それら不具合の要因が重なり、現在では日本切手の製造は受注していません。将来的にも無理かと思われます。

【カルトール社(仏)】
 3番手に登場した同社は2005年1月11日発行の「国連防災世界会議」がデビュー作です(裏糊式)。その斬新な製造技術を遺憾なく発揮し、日本のみならず世界中の切手製造を受注しているのはご存知の通り。より厚みのある媒体でも印刷可能な最新鋭の印刷機を導入するなど設備投資も積極的であると伺っています。が、その印刷機の一部は日本製だとのことで複雑な気持ちです。

2014051906

【エンスケデ社(蘭)】
 そして2014年5月15日発行の「自然との共生シリーズ第4州」が同社のデビュー作となりました。その詳細は山内さんがカバーに説明書を添付してくださいましたのでそれを丸ごと転載させていただくことにしました。画像をクリックするとより大きな画像がポップアップウィンドウで開きます。

2014051907

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 17, 2014

エジプト革命13年のシート構成

2014051701


2014051702 スタンプショウ=ヒロシマ2014の切手商ブースさんで上図左のシートを拾いました。1952年に起こった自由将校団によるクーデターから13年を記念し、エジプト(厳密にはシリアと合併したアラブ連合共和国)が1965年に発行した縦ペアです。切手自体からして8cm角もあるので、その縦ペアですから小型シートにしてもかなりデカい。しかも上・右辺はハサミで手切りしたかのような不自然さ。単片2枚でフルシートなんて、カナダが2010年に発行した$10シロナガスクジラ(普通切手)くらいしか思い出せません(右)。
 帰宅してさっそくミッヘルカタログを開きました。さすがミッヘル、9面シートだったことが図入りで詳しく説明してありました(上図右)。これを郵便局の窓口で切って売ったらしい。購入した縦ペアは未裁断シートの左下縦2連だったということです。どうりで耳紙のエッジがふらふらなわけです。

2014051703 切手製造技術が未熟だったせいか、かつてのエジプト切手には他にも不可解なものがあります。1983年に発行された「世界遺産会議」3種横連刷にはフルシートが存在しないようです。印刷後に何やら不具合が見つかったようで、最初から左10組、右5組のブロックにバラした状態で販売されました(左)。
 これらも広義の変形シートに含めて分類したいと考えています。しかし、他に類例がないまさしくユニークな存在ゆえ、一体どのような扱い、説明をすべきか悩ましい限りです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 15, 2014

Facebook利用を始めてください

2014051501

 Facebook未活用の方はどうか今すぐにでも手続きを始めてください。閲覧者の制限がかけられないブログとは異なり、特定のメンバーしかアクセスできないグループを作ることができるので、公にしにくい情報も気軽にアップロードしています。ファンタスティック・スタンプクラブ(FSC)の例会連絡や事前打ち合わせなどにも積極的に利用しています。
 また、記事原稿とそのカラー図版も電子メールを介さずに受け渡しができます。ですから容量の多い図版(写真)を簡単にお渡しでき、さらにその記録も残るので非常に有益です。
 アカウントを作成後、私の名前で検索していただければすぐに見つかると思います。メッセージを送っていただければ各種郵趣グループへの参加を私の方からご招待いたします。

 Facebookの中に写真アルバムを作成することもできます。半分シャレで「押印NG集」というのを作ってみました。試しに覗いてみてください。

https://www.facebook.com/tetsutarosugiyama/media_set?set=a.637344146344580.1073741873.100002070020561&type=3

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 14, 2014

JR江差線・木古内駅〜江差駅間営業終了

2014051401

 札幌の湯浅英樹さんから「天ノ川駅臨時郵便局」の小型印付きカードをご恵送いただきました。いつもありがとうございます。
 日本郵便の小型印のページを見てもデザインの意味がよくわからなかったのですが、湯浅さんの通信文を拝読して納得。これは記録しておかないと忘れ去られてしまうと思いましたので、ブログに記録掲載しておきます。以下、引用文です。

 2014年5月11日(日)限りでJR江差線・木古内駅〜江差駅間が営業終了。平成7年(1995年)7月7日、本当の駅ではありませんが、宮越駅〜湯ノ岱駅間に上ノ国町の地元有志の方が町おこしの一環で「天ノ川」駅(上ノ国町)の駅名標モニュメント設置。その「駅前」に5月10・11日の両日、湯ノ岱郵便局が「天ノ川駅臨時郵便局」を開設し、小型印使用。(後略)

 日本郵便ホームページによると開設時間は両日とも10:00〜14:00の4時間ずつのみ。鉄道関係コレクターの皆さんは遺漏なく集印されたでしょうか。
 なお、細かいことですがモニュメントの駅名表示は小さい「ノ」を使っているのですね。さらに小型印には記念事項名称の「JR江差線廃線記念」の表記が省略されているので、ぱっと見では何の記念かわかりません。私が気になったのはむしろその点でした。

2014051402

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 12, 2014

やっと見つけた! 全国電話自動化完了記念

2014051201

2014051202 やっと見つけました、全国電話自動化完了記念のミニポスターを。あずましい風に吹かれてブログのいち太郎さんの記事を拝見して以来ずっと探していました。
 要旨を簡単に記しますと、プッシュホンの「4」の形が実際とは異なるとの指摘があり、切手の方は修正されたのですが、販売促進用のミニポスターは間に合わず4の上部が開いた状態で印刷されてしまいました。ミニポスター以外にも修正前図案のものがあるのではないかと注意しています。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 11, 2014

切手展コスタリカ68加刷

2014051101

 昨日のスタンプショウ=ヒロシマ2014での掘り出し物です。1963年に発行された「切手発行100年記念」小型シートに加刷した「切手展コスタリカ68記念」です。目打あり・なしともにカタログ評価はUS$10-12程度で、日本円にしたら1,100-1,200円程度です。なぜこれにこだわるかと言いますと、加刷前の小型シートそのものが日本製だからです。
 シート下部に”GOV. PRINTING BUREAU. TOKYO”の銘があります。そう、大蔵省印刷局(今の国立印刷局)が製造した切手です。それ自体、発行枚数が2万シートしかなかったので、その加刷はさらに少ないはずと目を付けていました。そうです、カタログ評価があてにならない例ではないかと考えていたのです。
 そして、昨日、某切手商ブースの均一セールブックの中に目打あり・なしセットで発見しました。お値段はともに@200円でした。
 加刷バージョンは見落としがちなので要注意です。

|

May 04, 2014

スミレの押し花切手とパンダポストなどなど

2014050401


20140504002 スタンプショウ2014で上京した3日目、4月27日は上野公園の美術館・博物館巡りをしました。キトラ古墳壁画展はいきなり待ち時間100分と聞いてパス。平成館特別展示室で開催されていた栄西と建仁寺展へと足を運びました。お目当てはもちろん俵屋宗達の風神雷神図屏風です。郵趣家たるもの、長らく日本の90円切手の主題として親しまれた風神図の実物を見ずして東博に来た意味がありません。
 ミュージアムショップで屏風の絵はがきを買い、記念スタンプを押すことにしました。本館のインフォメーションカウンターにあるとのことで連絡通路をてくてく歩いて行きました。その途中、見晴らしの良い休憩所があったのでソファーで小一時間昼寝も堪能しました。
 絵はがきには埴輪を描く丸型スタンプと本館の楕円形スタンプを押印しました。この他に表慶館と東洋館のスタンプもありました。緑のスタンプ台の調子は良好でしたが印顆の汚れがかなり目立ちますので、これから押印に行かれる方は印面を拭うウエットティッシュを持参されることをお勧めします。

 さて、この絵はがきへの郵便印押印です。郵便はがきの表示はあってもこのロングサイズの郵便料金は第1種便扱いの82円です。そこで、前日の第10回ファンタスティック・スタンプクラブ(FSC)例会で荒牧裕一さんから頂いたスミレの押し花切手を使うことにしました。
 クリーム色の地色のみを印刷したフレーム切手に、押し花専用フィルム(押し花素材専門店で販売されているそうです)でスミレの押し花加工をされたものです。荒牧さんお手製の異物混入・添付切手です。ご本人も仰っていたように、想像以上にうまく出来たとのこと。私もそう感じました。

2014050403

 これを上野郵便局に持ち込んでゆうゆう窓口で風景印を押してもらおうと思いましたが、そこは郵趣家ですので上野動物園入口に立つパンダポストのことを思い出しました。左の差出口に投函すれば必ず上野郵便局の風景印が押されるという素晴らしいサービスです。これを使わない手はありません。
 押し花専用フィルムはインクが乗りにくいのはやむをえないとして、基本的にインクが薄いのと図案通りまっすぐに押せていない点が不満です。毎日のことでやや惰性に流れているのではないでしょうか。せっかく上野動物園に来ているのですから、きちんと押印していただかなくては。

※パンダポストについてはこちらを参照ください。

2014050404

| | TrackBack (0)

May 03, 2014

エッセイ図案のカシェ

2014050301_2

 スタンプショウ2014で購入したカバーです。外国切手ではすっかり定着した異物混入・添付切手の関連として、同様のカバー類も集めていることから50円で拾いました。大阪万博の第2次切手帳を表紙ごと貼り付けて万国博局の初日特印を押しています。こんな感じで「異物」を封筒に貼り付けているそのバリエーションを集めているのです。

2014050302 表紙をめくるとこんな感じでペーン全体が姿を現します。普通は表紙からペーンだけをはずして封筒に貼り、表紙は封筒の中に納めるか、あるいは捨てられるのが普通です。この当時はこんな無理矢理なFDCもちょくちょく見ます。
 ですが、私は封筒に印刷されたカシェの方にも目が向きました。これは旧大蔵省印刷局が手掛けた郵便切手の試作品ではありませんか。それもエッセイと呼ばれる不採用図案が8点も!(ちなみに切手に採用された図案の試刷りはプルーフと呼んで区別します)。こんなサービス満点なカシェがあったとは全く存じませんでした。JCB版のマークはあれども記念銘がないのでそもそも万博切手用にあつらえられたカバー用封筒かどうかもわかりません。いかなる素性なのでしょうね。

2014050303

 なお、このカバーには余録が付いていました。カバー裏面に”Reprduction form essays of postage stamp by the Government Printing Bureau, Tokyo.”とあります。その意味は、東京の政府印刷局(旧大蔵省印刷局のこと)による郵便切手用エッセイの模刻、です。けれども、はい、ReprductionはReproductionのスペリングミスです(oの字抜け)。

2014050304

|

領置願

2014050301

 スタンプショウ2014会場で、マサスタンプの山本誠之さんから受刑者あての郵便物を5通もいただいてしまいました。その中の1通をセレクトしてご紹介します。受刑者宛の郵便物(受信便)が合法的にシャバに出てきたことを示す領置願付箋付き実逓カバーです。
 差出人は受刑者の母親で、山梨・南部郵便局39.9.26の櫛型印が押されています。封筒表面に前橋刑務所の検査を受けたことを示す検印と39.9.29の日付スタンプが押され、受刑者には即日交付されています。担当官の「狩野」の判子もしっかり判読できる一方で、中の通信文には墨塗り抹消も検閲印もありません。
 ポイントはカバー表面に貼られた領置願(りょうちねがい)なる付箋です。受刑者が何級の処遇者なのかにもよりますが、郵送されて来た手紙を10通までは手許保管が許されていました。それ以上の通数は領置願をして刑務所に預かってもらうか、廃棄願(はいきねがい)をして刑務所側で処分してもらいます。預けた受信便は宅下願(たくさげねがい)をすれば収容中は面会者に引き取ってもらうことができるほか、出所時に受刑者本人が直接受け取ることもできます。
 領置願付箋は刑務所で貼られました。普通は捨てられる確率が極めて高いものです。

|

May 02, 2014

INTERNATIONAL JAZZ DAY(国連切手)

 国連郵政部のブルテン最新号が届きました。何らかの遅延でもあったのか、そこに記載されていたのは、4月30日の発行日もとっくに過ぎてしまったINTERNATIONAL JAZZ DAYのインフォメーションでした。
 ニューヨーク本部用、ジュネーブ事務局用、ウィーン事務局用それぞれに12種連刷シートが発行されました。オフセット印刷でフランスのカルトール社製です。大きな図版で以下個別にご案内致します。

【ニューヨーク本部用】
2014050201_2

【ジュネーブ事務局用】
2014050202_2

【ウィーン事務局用】
2014050203

 さらに2014年のGlobal Host Cityは大阪だとも記載がありました。すぐにググりましたら文化庁さんの詳細ページがありました。詳しくはこちらをクリックしてください。
 また、このページはいずれなくなることでしょうから後日のために文面を以下に転載しておきます。

2011年7月、ジャズ・ピアニストのハービー・ハンコック氏が国連教育科学文化機関(ユネスコ)の親善大使に任命され、世界的規模でジャズの価値を共有するプロジェクトを提案し同年11月にユネスコ総会において、4月30日を『国際ジャズデイ』と定めることが宣言されました。『国際ジャズデイ』の目的は、平和と結束、対話、人々の協力関係を推進する力、および教育的ツールとしてのジャズの価値を国際社会において深めることにあります。ジャズは尽きることのない創造の音楽です。創作された楽曲と即興演奏とを織り交ぜ、形式的なものと非形式なものを融合させ、演奏される度に新たな変化を遂げます。米国で生まれたジャズは世界中の人々によって共有されています。アフリカの伝統をルーツに持ち、西洋音楽の様式で表現され、地球上の様々な文化の中で新しい形をとるようになったジャズは世界中の多様性を最大限に生かし、難なく国境を越えて人々を結びつけています。
ジャズはその歴史を通し確かな社会変革の力となってきました。奴隷制にルーツを持つこの音楽は、あらゆる形式の抑圧に力強い抗議の声を上げてきました。この変革への力は今も変わりません。ジャズが語りかけるのは、あらゆる文化にとって意味のある“自由”という言葉です。このようにジャズが文化の多様性を最大限に生かし、すべての文化・社会の間の対話と理解のための架け橋を築く努力をしているユネスコと、目的を同じくしていることが、ユネスコが新たに『国際ジャズデイ』を制定した理由です。ジャズは人々と文化、世界を結びつけます。これがユネスコのメッセージです。
2012年4月30日にユネスコとセロニアス・モンク・インスティテュート・オブ・ジャズが主催し初めて開催された『国際ジャズデイ』は、パリのユネスコ本部での終日の祝賀イベント”、ジャズの発祥の地とされる”ニューオーリンズのコンゴ・スクェアでの日の出コンサート”、数10人もの世界的に有名な芸術家を集結させた“ニューヨーク市の国連総会ホールでのグローバル・コンサート”という3つの重要なプログラムを実施しました 。その他に大学や図書館、学校、パフォーミング・アートセンターと世界中の幾つかの教育機関や芸術組織がプレゼンテーションやコンサートを通して、その日を祝い、その模様は150ヵ国以上、10億人を超える人々にライブ映像とメディア報道で伝えられました。2013年は、トルコ共和国のイスタンブール市をホスト・シティに設定し、ジャズ教育関連プログラム、マスタークラスおよび世界文化遺産のトプカプ宮殿中庭にある教会「アヤ・イリニ」を会場に、スペシャルコンサートを開催しました。そして本年、第3回のホスト・シティとして大阪が選出され、大阪を象徴する史跡・大阪城西の丸庭園特設ステージにて、ハービー・ハンコック氏が指揮するオールスターバンドでグローバル・コンサートを開催します。また同日昼間には、世界に名高いジャズ音楽家、教育者、外交官によってリードされるマスタークラス、円卓会議、ワークショップなどの教育プログラムも実施します。これらのプログラムの中で、人間の尊厳、尊敬の念、平和を推進するジャズのパワーが示されることになるでしょう。

2014050204

|

羊肉の日

2014050201

2014050202 札幌市の湯浅英樹さんからご恵送いただきました。フォルムカード第6弾・北海道の「ジンギスカン料理」です。去る4月29日に湯浅さんがコメントされた一文ですべてが理解できることでしょう。羊の切手(年賀切手)に羊を描く豊平局の風景印の意味が、です。いつもありがとうございます。

【コメント文再掲】
 フォルムカード第6弾、北海道は「ジンギスカン」なのですが、この図案は北海道のジンギスカンではありません!。ジンギスカン鍋の中央にジンギスカン肉がありますが、肉の下は鉄板…北海道では野菜を乗せて、その上に肉を乗せる「蒸し焼き」が主流です。ただし、蒸し焼き、直焼きのどちらかおいしいかは、それぞれの好みなので、どれが正しいとは断言いたしません。
 なお、明日・4月29日は語呂合わせで「羊肉(ようにく)の日」です。ジンギスカンのフォルムカードに記念押印するなら4/29ですよ!

| | TrackBack (0)

« April 2014 | Main | June 2014 »