« Facebook利用を始めてください | Main | 外国製日本切手まとめ »

May 17, 2014

エジプト革命13年のシート構成

2014051701


2014051702 スタンプショウ=ヒロシマ2014の切手商ブースさんで上図左のシートを拾いました。1952年に起こった自由将校団によるクーデターから13年を記念し、エジプト(厳密にはシリアと合併したアラブ連合共和国)が1965年に発行した縦ペアです。切手自体からして8cm角もあるので、その縦ペアですから小型シートにしてもかなりデカい。しかも上・右辺はハサミで手切りしたかのような不自然さ。単片2枚でフルシートなんて、カナダが2010年に発行した$10シロナガスクジラ(普通切手)くらいしか思い出せません(右)。
 帰宅してさっそくミッヘルカタログを開きました。さすがミッヘル、9面シートだったことが図入りで詳しく説明してありました(上図右)。これを郵便局の窓口で切って売ったらしい。購入した縦ペアは未裁断シートの左下縦2連だったということです。どうりで耳紙のエッジがふらふらなわけです。

2014051703 切手製造技術が未熟だったせいか、かつてのエジプト切手には他にも不可解なものがあります。1983年に発行された「世界遺産会議」3種横連刷にはフルシートが存在しないようです。印刷後に何やら不具合が見つかったようで、最初から左10組、右5組のブロックにバラした状態で販売されました(左)。
 これらも広義の変形シートに含めて分類したいと考えています。しかし、他に類例がないまさしくユニークな存在ゆえ、一体どのような扱い、説明をすべきか悩ましい限りです。

|

« Facebook利用を始めてください | Main | 外国製日本切手まとめ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference エジプト革命13年のシート構成:

« Facebook利用を始めてください | Main | 外国製日本切手まとめ »