« 駒形丸事件100年 | Main | 吉田松陰先生with松下村塾、が正しい »

April 19, 2014

同性愛切手続々/喜ぶのは腐女子だけ?!

2014041901

 ウルグアイが昨2013年12月に発行した「アメリカシリーズ/人種差別撤廃」一見なんでもないようで実は・・・。レンブラントの描く、民衆を導く自由の女神が掲げている旗がアレなんですよ。人種差別撤廃だけじゃなくてゲイ、レズビアンなど性的志向の差別の撤廃を表している「レインボー・フラッグ」になっています。以前から虹の切手を集めていたので、ある時その意味を知って愕然としましたよ。そっち方面は極めて保守的なたちなものですから。

 アメリカはそういう方面でも前衛的で、かれこれ20年ほども前からゲイ・レズビアン切手収集グループってのがあって、やれチャイコフスキーだ、トーベ・ヤンソンだ、フレディ・マーキュリーだと、そりゃもう一体どういう熱意なんだよ!とツッコミたくなるほどの真面目さで研究されてました。その頃はまだレインボー・フラッグは今ほどポピュラーではなかったような記憶があります。
 その他にも、オーストリアが2010年に同性愛者の権利を訴えるフェスティバル「レインボー・パレード15周年」記念切手を発行していますし、ミクロネシアが1991年に発行した国際切手展フィラニッポン’91記念切手の原画を描いたフランス人の浮世絵画家ポール・ジャコレーも完璧なモーホさんです。
 さらに今年5月にはアメリカもゲイ人権活動家ハーヴェイ・ミルクの顕彰切手が発行される予定ですし、フィンランドも超エグイ図案の切手を発行予定です。もう、カンベンして欲しいぞ。

 それでなくても独身なので間違えられちゃたまりません。正直、虹切手収集はストップ状態です。てか、とっととやめたい(笑)。
 しまった!、書いてたらけっこう詳しいじゃないか俺。断じて違いますからね!。

|

« 駒形丸事件100年 | Main | 吉田松陰先生with松下村塾、が正しい »