« 忘れられたビジネスマナー | Main | 中原中也記念館開館20周年 »

February 05, 2014

昭和64年発行のエコーはがきは10種

2014020501 昭和64年は元旦から7日までの一週間しかなかったことはご存知の通り。とは書いたものの、それすらも四半世紀昔のことになるのですね。時の流れは早いですねえ〜ってな話をしようというわけではありません(しないのかよ・笑)
 寄贈品を整理していましたら昭和64年1月5日発行の(株)木戸商事のエコーはがきが出てきました。昭和のラストデーだの平成の初日印だのはよく話題になりますけれど、たった一週間しかなかった昭和64年に新切手・はがきの発行があったことはすっかり意識の外にありました。これは盲点でした。
 エコーはがきと言えばデジタルカタログの「広葉樹」です。こちらをダウンロードしましたら簡単に判明しました。昭和64年に発行されたエコーはがきは全部で10種。初日印付きはもちろんのこと、実際に昭和時代内に使われた使用例も欲しくなりますね。備忘録代わりに記録掲載しておきます。

<1月5日発行2種>
・(株)木戸商事/大阪
・伊丹産業(株)/兵庫

<1月6日発行8種>
・(有)えびす家具/青森
・工藤住宅産業(株)/秋田
・三鷹市/東京
・岩手県経済農業協同組合連合会/神奈川
・金沢市/石川
・日興製薬(株)/静岡
・愛知ミサワホーム/愛知
・野村証券(株)津支店/三重

▼広葉樹インフォメーション記事
http://topofswan.tea-nifty.com/hyper_philatelist_annex/2012/01/post-4dec.html

2014020502

|

« 忘れられたビジネスマナー | Main | 中原中也記念館開館20周年 »