« 渋谷郵便局の新旧風景印 | Main | 労働運動の痕跡 »

January 30, 2014

先達者に脱帽

2014013001 収友とはありがたいものです。

 間は飛んでいますが、かれこれ30年近い知り合いの収友がみかん箱3個分にも相当しようかという膨大な量の郵趣品を寄贈してくれました。ファンタスティック・スタンプクラブ(FSC)の活動を見て、椙山くんだったら有効活用してくれそうだと考えたから・・・・とのこと。心底ありがたいことです。期待にたがわず、なるべく多くの人に分配するように努めます。

 私も一昨年あたりからコラボ・カードと称して各種記念・観光スタンプと郵便印を組み合わせてオリジナルな郵趣作品を創り始めました。それらを独立させたブログLocal stampsもだいぶ充実してきました。ところが、このたびの寄贈品を拝見して驚きました。もうレベルがぜんぜん違うんですね。言葉で説明するより実際に図版で見ていただきましょう。

■観光スタンプ+鉄道郵便印
 左は私の地元山口県は秋芳洞・秋吉台の観光スタンプと美祢線の鉄道郵便印「厚狭長門間53.5.3下二」のコラボです。今はなき鉄道郵便印の表示が懐かしいです。観光スタンプの方もこの図案のものはすでに存在していませんので貴重です。
 右は軽井沢の観光スタンプに同じく鉄道郵便印の「東京直江津間53.8.14下一」が押されています。なんと言っても観光スタンプのいかにも昭和な青春と高原のイメージがいい味出しています。

2014013002

■観光スタンプ+風景印
 これが現在でも標準的に行われている組み合わせパターンです。野口英世博士にちなみ、福島県の翁島郵便局の風景印が押されています。日付は昭和50年8月23日、郵便印が押されていると年代が特定できるのがいいですね。裏面に押された記念スタンプも右に示します。博士の記念館でかつて使われたものでしょうか。

2014013003

■郵便局無料スタンプ+特印
 郵便局でもまれに無料で押せる記念スタンプがあります。かつてはこのように新切手の販売促進を兼ねてあつらえたものが都市部を中心に多種見られます。今はなき東京国際郵便局の例を示します。特にUPU加盟100年記念ポスト図案がいいですね。局が無くなった今、ポスト実物はどこか別の場所に現存しているのでしょうか?。

2014013004

■シャチハタ式多色印+郵便印
 いわゆるシャチハタ式と呼ばれるインク浸透式印、それも多色印に注目しています。シャチハタさんに直接お尋ねしてご教示いただきましたところ、多色印は大阪万博の時に初めて使われたそうです。万博グッズコレクターの皆さんの手元にそれとは知られずに多数眠っているのではありませんか?。
 さて、本例は当時の風景印そのもののほかに、そのコピー図案が他のスタンプ類にも組み込まれている点がユニークです。国会議事堂と二重橋と宮城を描いたこの図案こそが、私のようなプロパー郵趣家にとっての原点です。昭和23年1月1日から使用開始され、その時の図案を小型印にもシャチハタ印にも組み込んでいます。
 これも今はなき逓信総合博物館における風景印テーマのイベントでもあり、風景印ファンの皆さんにはぜひ見ていただきたいと特にピックアップしました。

2014013005

 これらはがき、カバー類の他に郵趣文献も多数ご寄贈いただきました。まず、最初に郵趣文献類を至急整理してなるべく早い時期にファンタスティック・オークションにご提供しようと考えています。


|

« 渋谷郵便局の新旧風景印 | Main | 労働運動の痕跡 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46050/59037320

Listed below are links to weblogs that reference 先達者に脱帽:

« 渋谷郵便局の新旧風景印 | Main | 労働運動の痕跡 »