« お粗末なり人権派 | Main | トーベ・ヤンソン生誕100年 »

January 04, 2014

ビルマ独立66年

2014010401

 現在のミャンマー連邦共和国は、イギリス連邦から離脱した1948年1月4日のビルマ連邦の成立をもって独立記念日としています。図の初日カバーはカシェからもおわかりのように、独立20年記念切手の初日カバーです。ビルマ切手は特段の人気があるわけでもないので、ほんの100円かそこらで拾ったものではありますが、日本人としてはなかなか複雑な思いがする郵趣品です。
 ご存知のように、旧日本軍の支援によってアウンサン率いるビルマ独立義勇軍が組織され、日本軍とともにイギリスと戦い、これに勝利した1943年にバー・モウを元首とするビルマ国が建国されました。ですが、現在においてもなおミャンマー連邦共和国は「ビルマ国」と「ビルマ連邦」の継続性を認めず、あくまでも独立は1948年としています。にもかかわらず1942年のビルマ独立義勇軍の健軍をもってミャンマー国軍健軍としています。この扱いの差はどうも腑に落ちない気分ではあります。
 そのアウンサンは1947年に暗殺されたものの現在においてもなお建国の父として尊敬されています。切手上にもこのように在りし日の肖像が描かれています。私たち郵趣家はアウンサンの姿を切手上で何度も目にしているので、アウンサンスーチー女史の姿をニュース映像で目にするたびに不思議な感覚にとらわれています、そう、よく似ているなあと。アウンサンスーチーの父親がアウンサン将軍だからです。

|

« お粗末なり人権派 | Main | トーベ・ヤンソン生誕100年 »