« アメリカ最初の全世界あて永久保証切手 | Main | ビルマ独立66年 »

December 23, 2013

お粗末なり人権派

2013122303 このはがきはインドネシアの法務・人権省大臣あての陳情はがきです(NAGANO -5.XII.01)。マサスタンプさんが大量に里帰りさせてくださったものです。内容はサッカーの試合後に起きた警官による高校生拘禁・拷問事件やアチェ州で起きた警察機動隊と自由アチェ運動との武力衝突など、公正な調査と責任者の裁判を求める内容です。内容からしてどこぞの人権団体による組織的動員活動ですね。この他にもパプア独立評議会がどうしたとか別バージョンも多数見受けられました。
 いずれ現代史関係で使えることもあるだろうと思って数枚を拾ってきましたが、実際問題として陳情・請願としての効果は全くなかったんじゃないでしょうか。それは売られていたはがきが皆、状態が良過ぎるからです。実際に郵送されたものではありましょうが、受領印もなければ事務処理をした痕跡もありません。それゆえ角折れすらもない美し過ぎる姿ばかり。おそらく受け取った後にそのまままとめて捨てられたんじゃないでしょうか。そうでもなければこうして郵趣市場に流れて来ること自体おかしい。そうは思われませんか?。

2013122304

|

« アメリカ最初の全世界あて永久保証切手 | Main | ビルマ独立66年 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46050/58804086

Listed below are links to weblogs that reference お粗末なり人権派:

« アメリカ最初の全世界あて永久保証切手 | Main | ビルマ独立66年 »