« 変形小型印のフォアランナー? | Main | 「料金切手裏面貼付」印 »

November 28, 2013

高索辰正さん

Takanawa01 facebookでの話題です。かつてのジュニア向け切手誌の月刊「スタンプクラブ」にコーヒーとたばこの切手を専門に集めておられた高索(たかなわ)さんの連載記事の話が出ました。そこにたまたま参加されていた宇都宮市のSさん「私は高索の姪です」とのびっくり発言。世間は狭いというかfacebookの威力をこれほど痛感したことはありませんでした。

 本日、高索さんの奥様が1990年に発行された追悼集「書斎から」をSさんじきじきにご恵送いただきました。ページを開いてみますと、40-50代の郵趣家が切手少年だったあの頃、毎月読んでいたスタンプクラブの誌面が現れました。私たちの世代も最早若手とは言えなくなりました。それどころか当時の高索さんと同じ年齢になろうかとしています。
 また「書斎から」にはJAPEX'75に初出品された時のスナップもありました。我々郵趣家も初めて目にする写真です。
 さらに定年退職されてすぐに病のために亡くなられていたことも記されていてたいへん残念な思いがいたします。しかし、高索さんの播かれた種が、私たち後進の者たちの中にしっかり受け継がれていることを感じます。

Takanawa02

Takanawa03

|

« 変形小型印のフォアランナー? | Main | 「料金切手裏面貼付」印 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 高索辰正さん:

« 変形小型印のフォアランナー? | Main | 「料金切手裏面貼付」印 »