« 第8回ファンタスティック・スタンプクラブ(FSC)例会 | Main | 長岡外史の私製マキシマムカード »

September 29, 2013

ワールド・スタンプ・ナウ連載100回記念誌

2013092501

 郵趣10月号がお手元に届いている頃合いだと思います。本号にて私の担当連載が100回を迎えました。数年前まではJAPEX特集のために1月号が必ず休載、また私用で1回だけお休みさせていただいたことがあります。結果的に40代のもっとも重要な仕事になりました。この記事のコンセプトであるとか、担当編集員さんの並はずれた編集能力のおかげでミスが皆無に近いことなど、近いうちにお話する機会もあることと思います。

 てなことを殊勝にも考えていましたら、facebook友だちによる、仮称・100回連載をネタにスギヤマをもて遊ぶ会からこんな豪華冊子が届きました。どう見ても数ヶ月前から準備を進めていたに違いありません。しかもプロのデザイナーさんが関与していますので、本物の郵趣誌より出来がいい!(こら)。
 驚きましたよ。よくもこんな立派なものを作って頂いて。1999年の全国会員大会で郵趣活動賞をいただいた時の写真、浅草に行けば必ず立ち寄る田原町の炉端焼き屋さんなど、なんちゅうリサーチ力だよ!。
 QRコードのページもリーダーで読んだら本当にメッセージが出てくるし、ったく、やりすぎ!。
 やりすぎと言えば、本物の絵描きさんである齋藤吾朗さんまで引っ張り出しているではありませんか。先生、こういうアホアホ企画は断ってください(笑)。
 読み進んでいると、ついには巻末にスギヤマ某の百歳長寿を祝う会と、すっかり主旨が変わってるあたり、ちょっとありえないおバカぶりです。

 全ページをすべてpdfデータにしました。容量が多いのでファイルをふたつに分割しています。それぞれダウンロードして読んでください。巻末に連載100号の稿了時のデータ(版下)を初公開。さらに記念に作ってくれたカバー、カードそして青雀堂ボリさん彫刻による名前はんこも追加採録して合計42ページにしました。

(1)前半部
(2)後半部

 みなさん、どうもありがとうございました!。

|

« 第8回ファンタスティック・スタンプクラブ(FSC)例会 | Main | 長岡外史の私製マキシマムカード »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46050/58286469

Listed below are links to weblogs that reference ワールド・スタンプ・ナウ連載100回記念誌:

« 第8回ファンタスティック・スタンプクラブ(FSC)例会 | Main | 長岡外史の私製マキシマムカード »