« June 2013 | Main | August 2013 »

July 2013

July 17, 2013

押し花はがき

Mine01 左に宛名面を示しますが、本来の注目点は下図の反対面です。
 いまや日本最大、800名もの女子受刑者を収容している美祢社会復帰促進センターでは、地元のボランティアの方々のご指導をいただいて作業の一貫としてこの押し花はがきを作っているそうです。5月末に開催された第9回美祢矯正展で購入したもので、本物の押し花が1〜2ミリほども盛り上がっているので、第2種郵便の規定にそぐわないのではないかとの懸念の方が先に思い浮かびました。なんと、売り場のすぐ隣に麻生郵便局さんの臨時出張所があるではないですか。その場でこのはがきは大丈夫なのかとお尋ねしました。お答えは「大丈夫でしょう。もしなんだったらウチの局で差し出してください。」とのお答えでした。そこで日を改めて先週差し出しに持ち込んだのでした。

Mine02

 念のため、この盛り上がりは規定に違反していないかと再確認しました。局長さんは同じく「(押し花を)密着させているから大丈夫でしょう」とお答えでしたし、窓口の女性職員さんも矯正展でこれを買われたとのことでした。押し花をプレスした上に和紙のような透けて見える薄い紙(フィルム?)を全体にオーバーレイしてあります。
 美祢社会復帰促進センターに来場記念スタンプなどあるわけがないので美祢駅の駅スタンプを押印しました。押し花はがきですから麻生郵便局で季節の花シリーズ50円切手を貼り同局の風景印で発送しました。局長さんのご説の通りちゃんと配達されました。どうやら私の杞憂だったようです。
 異物添付・混入アイテムや監獄郵趣の仲間としてコレクションに加えたいと思います。また、来年の矯正展にも行こうと思います。

 余談ですけど、同局の風景印は「麻生八幡宮の宝筐印塔」と図案説明がフル表記されています。ここまで親切なのも珍しいような気がします。美祢社会復帰促進センターのほぼ真っ正面にありますのでぜひ一度お立ち寄りください。

Mine03_2

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 13, 2013

きれいな満月消の押し方

Kinen_ohin001

 押印フィールドワークの際に和文印と欧文印も記念押印してもらうことにしています。1局につき最低100円かかりますが、これはまあやむをえない出費かと納得しています。特に欧文印は読みの確認をするという明確な意味があります。また、滅多に使わないからと金庫に入れたままで窓口に出していない(点検簿にも押印していない)局が非常に多いので集印の意味がより高いと感じます。そして、ある程度溜まったらまとめて水剥がしをします。
 和文印と欧文印に関してはただの満月消なのでいちばん簡単なはず。ということで全部局員さんに押印してもらっています。自分が押したいと申し出たことはありません。にも関わらずこれだけ上手下手があります。でも、ほんのわずかなことで誰でもきれいに押印できます。要は考えているか否か、意識しているか否かだけの問題です。
 赤矢印部分にご注目ください。切手の上辺目打のセンターと、印顆の円弧の頂上のセンターを合わせるように意識しさえすればパーフェクトな満月消になります。この点だけ気をつければいいです。和文印も欧文印も同じです。誰でもできますよ。

Kinen_ohin002

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 12, 2013

選挙2

Senkyo01

 参院選公示日の平成25年7月4日(木)、そのわずか2日後の7月6日(土)に緊急ロードショー!。東京渋谷はシアター・イメージフォーラムでのことでした。最寄り局である渋谷郵便局の風景印で記念マキシマム・カードをご恵送頂いたのは、この映画の主演俳優兼「普通の主夫」こと畏友・山内和彦さんでした(画像をクリックしてください)
・・・・・独自の「観察映画」スタイルのドキュメンタリーで知られる、想田和弘監督の最新作。2­010年公開の『選挙』で川崎市議会議員補欠選挙として自民党公認を得て出馬した山内­和彦氏に再び密着。「脱原発」をスローガンに、ドブ板選挙を封印したないないづくしの­選挙戦に挑む山内氏の姿を追う・・・・

ーーー映画「選挙2」公式サイトはこちらーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Senkyo02

 このために「選挙2」のフレーム切手をあつらえられたようです。さらに前作「選挙」のフレーム切手と並べて貼った記念カバーまでご恵送いただきました。分厚いカバーを開けてみると出てきたのはポスターではありませんか!。まさに至れり尽くせりです。ありがとうございました。

Senkyo03

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 09, 2013

ペトロドボレツの噴水(ソ連・1988)

2013070901

 フィラメイト7月号に面白いシートが掲載されていたのでお勧めしておきたいと思います。
 中央の縦目打を挟んで横2連でフルシートになる変わった構成です。寸法はフルシートで縦80mm×横281mm。左右対称のため切手の並び方も左右では逆になっています。真ん中で半裁したものは小型シートとして単体でも流通しています。

 小型シートが横並びで販売された例というのは当たり前のことながら少ないです。類似例ではサントメプリンシペが2002年に発行した「ロートレック切手帳」(下図左)が近いでしょうか。なお、念のために確認を取りましたところ、つながった状態では連刷シート等ではなくあくまでも切手帳とのことでした。しかもテートベッシュ構成です。
 それ以外ではほんの昨2012年、ソロモン諸島が24種もの大量発行をしたマスター・シートも近いかもしれません(下図右)。シートの中央に目打が施されていてやはり左右に分割できます。未分割の状態では5種連刷シートで販売されるとともに、切り離して左は4種連刷シート、右は単片1種を納める小型シートとして別々に販売もされています。

2013070902

 そんなイレギュラー構成のシート例の始まりともいえるのがこのペトロドボレツの噴水です。変形シートのさらに変形構成シートという変り種です。面白切手に興味をお持ちの方はぜひ入手されてください。フルシートで980円という値段も適価だと思います。

参照先 http://www.yushu.co.jp/shop/g/g557883/

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 08, 2013

アントニオ・ロペス展in長崎

Alg01

 先週末に長崎に行った主目的は、スペインのアーティスト、アントニオ・ロペス氏の日本初の回顧展が長崎県美術館に巡回して来たからです。4-6月に東京・渋谷で開催、次いで長崎の地にやってきたのでした。6月29日〜8月25日まで開催され、その後には岩手県立美術館へと巡回予定です。

Alg03 偶然にも本国スペインで「現代美術」と題する4種シートが3月11日に発行されました。それに選ばれたのがまさにアントニオ・ロペス氏でした。新切手の発行に合わせたかのように日本で展覧会が開かれるというのは滅多にあることではありません。しかも4種のうち「グラン・ビア」と「新しい冷蔵庫」の2種の実物が来日しています。これは行く価値ありでしょう。
 ミュージアムショップで販売されていたグラン・ビアのポストカードに同スペイン切手を貼りました。これに50円普通切手を並べて貼って最寄り局の長崎銅座町郵便局の風景印を押印しました。新しい冷蔵庫のポストカードも同様に仕立てて各位に発送しました。さらに、ふだんからポストカードの交換をお願いしている方々には、入場券に描かれている「マリアの肖像」のポストカードに風景印を押印して発送しました。早い地域では本日7月8日にも配達されることと思います。

Alg02

 なお、長崎県美術館には独自の記念スタンプはありませんでした。スタンプラリー印はありましたけれど、インクの補充が行き届いておらず途中で押せなくなってしまいました。子ども向けのマンガっぽいラリー印でしたし、押されていてもなくてもこれはこれで良し、ということでご了解ください。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 07, 2013

手塚治虫の世界

 代理発行エージェントによる典型的な「切手」です。発行国名義はマリ、発行年は1998年5月で、すでに15年を経過しましたので公表してもかまわないでしょう。

 手塚治虫誕生70年を兼ねての発行です。額面700f×6種連刷シートで、代表作の鉄腕アトム、海のトリトン、火の鳥、ブラックジャック、リボンの騎士、ジャングル大帝が選ばれています。切手にもシート地にも手塚プロのコピーライト表示があるので、その意味では「正統な切手」ではあります。
 同プロはファンに配布するために全量買い上げる予定だったといわれます。切手製作費も同プロが全額支払ったのでありましょうし、その希望もまた無理なからぬところではあります。しかし、それを実行されると郵趣市場にまったく流通しなくなる=切手として認知されなくなるという別の問題が発生してしまいます。そこで英国海外郵趣代理部社長(当時)が交渉の末、1,000シートを郵趣市場にもたらしたと伝聞されています。その裏付けまでは取れていませんが、外国切手を扱う専門ディーラーさんでさえ別ルートの外国からの輸入がまったくできないことから、その信ぴょう性は高いと思われます。
 現在も流通量の少なさは異常なほどです。発行当時に入手された収集家が亡くなり、そのコレクションが郵趣市場に還流された時にわずか1シートのみもたらされるといった状況です。万一でも見かけたら買いです。
 手塚プロが引き取ったと言われる残りのシートはどうなったのでしょうか。伝聞の通りファンに配られたにしてはネットオークションでも見かけません。(画像をクリックすると拡大画像がポップアップウィンドウで開きます)

Tezuka

| | Comments (2) | TrackBack (0)

July 03, 2013

松本城が計4つ

2013070201

 マサスタンプこと山本誠之さんからご恵送いただきました。中部スタンプショウ2013in松本です。やはりプロのディーラーさんは作り込みがスマートですね。
 松本城を描くフォルムカードに第2次国宝シリーズの松本城切手貼り。駅スタンプも松本城なので松本城が4つもあります。さすが山本さん、小型印がエラー図案なのでここぞという時はばちっと作られますね。え?、図案ミス???

 中部スタンプショウ'2013in松本・・・?

・・・2013に「’」は要りませんよね。

2013070202

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« June 2013 | Main | August 2013 »