« May 2013 | Main | July 2013 »

June 2013

June 26, 2013

日本学術会議50周年(1999)

2013062502

 特に難しいことを考えずに気楽な図案別収集(トピカル)として虹の切手も集めています。数ある虹切手の中でもユニークな例をご紹介します。それが日本学術会議50周年記念切手です。
 日本学術会議は日本の科学者の代表機関として1949年(昭24)に設立されました。切手に描かれた虹は、日本学術会議が7つの部(※)から構成されていることを表現しています。
 そこで原画を担当された著名なイラストレーター安野光雅さんです。普通なら地面が水平で虹の方が円弧を描いているように見えます。これを逆の視点で眺めたらどのように空間が構成されるかということを実際に描いて見せてくださいました。つまり虹の方を水平とすると地面の方が円弧を描くのだと。そのテーマ名は「不思議な虹の世界」です。なるほど!。
 色の並び順がデタラメであるなどといった実在しない虹図案は多いのですが、水平の虹は他で同類を見たことがありません。真面目な学術切手であって決して安易な濫発モノではない点も素晴らしいですね。
 さらに、このNCCカバーのカシェもシャレてると思われませんか?。切手が水平ならカシェは縦に虹を描いています。カシェ原画を担当されたのは山本一憲さんです。数多くの初日カバーを担当されていますので山本さんのこともぜひ覚えておいてください。

※7つの部は以下の通り
(1)文学、哲学、教育学・心理学・社会学、史学
(2)法律学、政治学
(3)経済学、商学・経営学
(4)理学
(5)工学
(6)農学
(7)医学、歯学、薬学

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 25, 2013

祝・富士山世界遺産登録決定

2013062501

 カンボジアの首都プノンペンで開かれていたユネスコの世界遺産委員会は22日、日本の富士山を静岡の三保松原を含めた形で世界文化遺産として登録することを決めました。おめでとうございます。

 どうやら決定しそうだとのニュースが数日前に報じられました。そこでFacebook上で「どなたか記念カバーを作られませんか?」と呼びかけたのが発端でした。静岡も山梨も公益財団法人日本郵趣協会の支部組織があるので、黙っていても彼らは何か作るだろうとは思っていました。しかし、せっかくの慶事だし、おのおのの思い入れで何かしらの記念郵趣品を作ることをお勧めしたのでした。
 東京都大田区の古川貴子さん、否、正確には古川さんのご主人がハンドルを握って22日当日に富士山五合目簡易郵便局まで押印しに行かれたのでした。その時の模様は古川さんがお友達と共同で運営しておられるサイト「ロコポスト通信」に写真入りで報告されています(スタンプ押印の続編レポートはこちらです)。
 私のところにもその引受消印はがきが郵送されてきました。2013年(平23)6月22日、ただ一度だけのメモリアルされるべきその日の風景印が押されています。古川さんご夫妻の大快挙を讃え、謹んで皆さまにご披露させていただきます。
(富士山の航空写真は古川さんご自身が飛行機から撮影されたものです)

【関連記事】
富士山をきれいにする運動10周年記念カバー

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 22, 2013

ムーミン切手展in仙台のご案内

Mejiro01

 本年5月に切手の博物館(東京・目白)で開催されたムーミン切手展がたいへん好評だったことを受け、仙台でも同様のイベントが開催されます。今回もムーミン切手の特別展示・展示解説、ムーミンの切手や葉書の販売、フィンランド郵政によるムーミン消印のサービスなどが行われます。

Mejiro02場 所:仙台市七北田公園緑化ホール
日 時:7月12日(金)〜14日(日) 午前10時~午後4時
主 催:フィンランド郵政、公益財団法人日本郵趣協会
展示協力:一般財団法人切手の博物館
催事内容:
・展示解説:ムーミンと切手のひみつ
      7月14日の午前11時30分、午後2時(各回20分)
・ムーミンの切手や葉書の販売
・フィンランド郵政によるムーミン消印の押印サービス(7月14日終日)

 東日本大震災被災者支援の一環としてフィンランド共和国プーハ社からムーミンのキャラクターを使用した遊具が仙台市に寄付され、仙台市七北田公園内「キートス広場」に設置されることになりました。それを記念して7月12日~15日にフィンランドフェスティバル(仮称)が七北公園で開催されます。このイベントに併設して行われる切手展です。

(椙山注:本記事内の画像はすべて5月展の時のものです)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 21, 2013

全種貼り

2013062101

 多数・多種貼りのカバーに注目して集めている人がいます、けっこういます。ドイツやハンガリーのインフレを扱う作品では当たり前のように登場します。そもそも多数・多種貼ってあること自体に魅力を感じるのはごく自然な感性だと思います。
 今から30有余年前、昭和55〜56年にかけて発行された新普通切手群。それら発行ラッシュも一区切りついたので全種を貼ったカバーは作れないか?と。当時、二十歳。時間はあるが金はない。にもかかわらず鼻の奥がツーンとなるような額を投じたのがこれです。そう、たかが遊びに。
 現金書留にしたのが郵便料金の帳尻合わせのポイントです。現金書留の損害賠償要償額が5,000円増えるごとに10円加算されることを利用したものです。今ならどんな組み合わせになるのでしょうか。

[料金内訳]
・基本料金70円(第1種定形重量便25〜50g)
・書留380円(要償額25,000円※)
・速達200円
・配達証明250円
・引受時刻250円
 合計1,150円
※基本料金350円(要償額10,000円まで350円、5,000円ごとに10円加算)

 また、下図は普通40円切手全種貼りの私製はがき速達便です。この料金計算は簡単ですね、はがき料金40円+速達200円=240円。引受は川崎郵便局63.10.20 8-12、到着は狛江63.10.21 0-8。原稿を書いたお礼に担当者の方が面白郵便物に仕立てて送ってくださったものです。

2013062102

| | Comments (1) | TrackBack (0)

June 20, 2013

似てない肖像切手

2013062001

 facebookの某切手関係グループで話題になったテーマです。以前、記事化したことがあるはずと思ったのですが、改めて全文検索をかけてみたらヒットせず。せっかくの機会なので新規にカテゴリーも設けることにしました。それは「似てない肖像切手」です。
 これまでは似てない似顔絵切手と呼んでいたのですが似顔絵ではないよなと思い直し、この呼称に統一しようと思います。よろしくお願いいたします。

2013062002 その記念すべき第1回は有名なカナダの1953年普通切手シリーズです。エリザベス2世女王の戴冠式が行われた同年6月2日に先立つ約1ヶ月前の5月1日、英連邦を構成するひとつの国カナダが普通切手のデザインを一新しました。カナダでもイギリスと同様に国家元首の代替りに合わせて肖像図案が変更されるからです。それが左側の図案です。
 これはもうどう見ても似てませんね。そのあんまりな似てなさ過ぎの世論を受入れる形で翌1954年には向かって右側のデザインに一新されました。ここまで似てない+しょぼいものを、実際に売り出されるまで誰も止めなかったことの方が不思議でなりません。
 ここまでヒドい例であればこそ、マキシマムカードがあればなあと黒い心で(笑)ebayなどを眺めている日々が続きました。その甲斐あって2007年11月に冒頭の品をGETすることができました。カナダ郵政によるオフィシャルなものではなく、郵趣家個人が市販の絵はがきに切手を貼って作成した私家版です。と言うより私家版以外に目にしたことがありません。あるいはマキマムカードは無理でも下の初日カバーなら今でも300円程度で入手可能だと思います。

2013062003

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 19, 2013

萩を巡るマキシマムカード

 昨日、予定外に時間ができたので萩市を回ってきました。風景印などの集印に局巡りをされる方も多いことと思いますが、私はマキシマムカード風のポストカード作りをやってきました。マキシマムカードについての解説はこちらをクリックしてください。
 普通の絵はがきは仕様が良過ぎて使えないことが多いです。絵柄面がグロス仕上げ(ツヤあり)だと切手を貼っても剥がれます、消印を押しても流れて定着しないのです。そこで宛名面に切手貼付・消印押印せざるをえなくなるのですが郵趣家としては面白くないですよね。そこで、お土産物屋さんや特産品ショップなどを注意深く見ていると、稀にマキシマムカード式に製作可能な商品を発見することがあります。それは絵柄面がマット仕上げ(ツヤなし)で、切手貼付・消印押印が見苦しくない余白があるものです。
 以前、萩博物館で購入した絵はがきがまさにこの条件に合致していました。明日から台風の影響で天候も大荒れになるらしいというので、思い切って局巡りをしてきたのが以下の成果となりました。もっとも良くマッチした3種をご紹介します。また、せっかくですから資料用にせめて和文印、できれば欧文印も同時に集印しておかれることもお勧めします。

◆吉田松陰先生誕生地より望む市街
 明治100年を記念して昭和43年(1968)に建立された吉田松陰先生と最初の弟子である金子重輔の像が印象的です。アメリカに密航する目的で黒船に乗り込もうとして捕えられ、後に身分の違いから劣悪な待遇を受けた金子が獄死してしまった話は有名です。遠景には指月山も見えます。
(萩松陰神社前郵便局:指月山、吉田松陰先生と弟子の金子重輔像、夏みかん)

13061801

◆平安古鍵曲(ひやこかぎまがり)
 萩城下町の武家屋敷に見られる鍵曲とよばれる直角に曲がった土塀です。本来は敵の侵入を防ぐものですが、今では土塀越しに見える夏みかんの風情が好まれています。
(萩平安古郵便局:夏みかんの輪郭に平安古鍵曲と萩城址)

13061802

◆浜崎
 海と川とを間近にひかえた浜崎は萩城下の港町として栄え、北前船の回船業を営む商人や酒・味噌・醤油などの生活物資を商う人々、魚市場を中心として水産業に関わる人々、船大工などが住んでおり、萩の経済を支える町としてにぎわっていました。現在でも往時の町並みを残す浜崎地区は、平成13年11月、全国で60番目の重要伝統的建造物群保存地区に選定されました。
(萩浜崎郵便局:夏みかんの輪郭の中に県無形文化財のお船謡、国史跡の御船倉)

13061803

※こちらの関連記事も参照ください

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 18, 2013

イギリス最初の小型シート

2013061801

 世界最初の小型シートについては2種類の説があり、文献によって意見が分かれています。ギネスブックでは1923年にルクセンブルグが発行した10fr.切手1枚を納めた下図を世界最初としています。発行枚数がわずか5,000シートしかないので売り立て自体が滅多にありません。昨2011年7月に日本の某社が扱った例では148,000円の価格が付けられていました。また、シート地に王冠の穿孔があることで、いわゆる穴開き切手の世界最初でもあると言われています。

20130618002 ルクセンブルグに続いてフランス、アメリカ、ポーランドドイツ、ウルグアイ、オーストリアなど、小型シートを発行する国が増えていきました。しかし、どういう訳か郵便切手を発明したイギリスは小型シートには冷淡でまったくその気がないようでした。それがようやく1978年になって発行に踏み切りました。国際切手展<ロンドン1980>のロゴを入れたもので、額面合計43pだったところを53.5pで販売されました。その差額は同展の開催費用に充てられました。シート地左下に売価が表示されていますけれど寄附金額(差額の10.5p)はないため寄附金額非表示型切手でもあると解釈されます。
 興味深いことにシート地にわざわざイギリス最初の小型シート(BRITISH POST OFFICE FIRST MINIATURE SHEET)と表示しています。同展記念小型シートまでの計3種にFIRST、SECOND、THIRDの表示があります。今でもそんなに高い切手ではないので、話の種に3種全部揃えておきたいところです。なお、ハリソン父子社によるグラビア印刷です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 07, 2013

佐藤栄作元首相宛の書簡

Tabuse01

 田布施町郷土館に行ってきました。古墳時代の埋蔵文化財や昔の生活用品を集めた民俗史料などもありますが、やはりなんと言っても岸信介・佐藤栄作兄弟宰相ゆかりの品を展示・顕彰することを中心に設立された資料館だと言って良いでしょう。そこで念願品の撮影をすることができましたので急ぎ画像をアップロードします。
 「山口県が生んだ8人の宰相展」という記事を2006年(H18)10月10日に発表しました。その際にホワイトハウスから佐藤栄作あてに送られた書簡が展示してありました。その時は一律に撮影禁止ということで解説図を示すだけしかできませんでした。ところが、その書簡と同じもしくは同種と思われるキッシンジャーの直筆サインが入った書簡がここにも展示してありました。館員さんに確認しましたところ、すべて撮影可ですとあっさり許可をいただけたので堂々と撮影してきました。

Tabuse02

 (3)にはAIR MAILのタイピングがありますけれど、実際のところは外交官が携行して運んだものでしょう。他にも同館には私邸宛の旧西ドイツからの書簡もあり、これは切手を貼り郵便ルートで送達されていました。グリーティングカードも入っていましたので、おそらく外交文書のようなレベルの高いものではないと思います。こちらは照明の加減が芳しくなく、どうしても鮮明には撮影できませんでした。興味のある方はぜひ直接足を運んでご覧になってください。JR田布施駅から徒歩約5分、入場無料です。

※以下画像はクリックすると拡大画像のポップアップウインドウが開きます。

Tabuse03

Tabuse04

Tabuse05

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« May 2013 | Main | July 2013 »