« 実は猫が好き | Main | 日本郵趣連合なんか要りません »

January 08, 2013

ポール・デルヴォー展&ゆめタウン長府簡易郵便局

2013010701

 年末年始休み最終日の1月6日(日)、下関市立美術館のポール・デルヴォー展を見に行きました。特別展ではミュージアムショップでポストカードを数枚購入し、施設の記念スタンプと最寄りもしくはゆかりの郵便局消印を押してコラボ・カードを作るのが最近の楽しみです。同館のカードは既に作成済で姉妹ブログのLocal stampsにも発表していますので、今回は手を変え、以前から訪問したいと思っていたゆめタウン長府簡易郵便局の消印を押してもらうことにしました。
 都会ならさして珍しくもないでしょうが、山口県ではショッピングセンター内にあり、なおかつ店休日以外は土日祝日も営業する簡易郵便局はここしかありません。いつもは50円切手1枚を貼って記念押印して終るところ、せっかく日曜日に来たのだからと書留便で差し出しました。山口県ではおそらくここしかないと思われるD欄字入り和文印(シャチハタ印)を使っていたことも動機のひとつです。そして不在票をべったり貼られて郵便物が汚損されるのも嫌なので最寄り局の富海郵便局留置(とめおき)で差し立てたのでした。
 7日(月)の午後に実物を受け取って来ました。事前にお断りもしていなかったのでびっくりさせちゃったかな?。不慣れなせいか到着印を押すのも気付かなかったようで、受け取り時に私の方から押印をお願いしました。が、インクが薄くちょっと残念な結果に。ここに限らず、シャチハタ印のインク補充がちゃんとなされていない局が多いですね。補充してもすぐには印顆にインクが回らない構造上の問題もあるようです。これからも不在予定が見込まれる時は留置を利用させてください、とお願いしてきましたので次回以降はちゃんとしてくれるものと信じます。
 なお、絵はがき面に押印した同館の記念スタンプは図版の通り赤色です。絵柄とのバランスを考えたら備え付けの黒色では重すぎると感じたので自前の赤スタンプ台を使って押印したのです。押印後はウエットティッシュできれいにぬぐって元通りにしておきました。

|

« 実は猫が好き | Main | 日本郵趣連合なんか要りません »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ポール・デルヴォー展&ゆめタウン長府簡易郵便局:

« 実は猫が好き | Main | 日本郵趣連合なんか要りません »