« December 2012 | Main | February 2013 »

January 2013

January 25, 2013

富士山をきれいにする運動10周年記念カバー

Clean_mtfuji

 寄贈品の中からこんな興味深いアイテムが出てきました。現在も行われている富士山クリーン運動のさきがけでしょうか。カバーの中に説明書が入っていましたので全文引用転記しておきましょう。

富士山美化運動について

 私達の心のふるさとである富士山と富士五湖周辺の美化を推進する富士山をきれいにする運動は運動を開始してから今年で10年目を迎えました。この美化運動は毎年春四月の富士山北麓一帯への合計2,000本のサクラ植樹に始まり、6月の清掃開始奉告祭、7月関東近都県の同志のつどいである美化交歓祭の実施、引続き登山最盛期8月には五合目から山頂にかけての美化パトロール隊の編成などきわめて多岐にわたって行われて参りました。そして昨年の善意は169団体、21,367人の奉仕活動となって93.1トンという記録的に多量なゴミを処理、登山者の美化意識の啓発と合せて大きな成果を上げて参りました。
 本年も又これから日を追って活発になる運動は自衛隊北富士駐屯部隊をはじめ県内外の各層から美化清掃隊を山や湖畔に編成し精力的に美しくきれいなお山ときれいな湖畔への努力が続けられることでしょう。

昭和46年6月
富士山をきれいにする会

<図案説明>
小型印
 意 匠:富士山と逆さ富士にはとを配す
 図案者:市村隆男(富士吉田市役所職員)
カバー
 意 匠:富士山に「しゃくなげ」を配す
 図案者:横山秀敏(富士吉田市役所職員)

(引用おわり)

 現在の「環境」「生態系」「エコロジー」などといった言葉・概念自体がまだなかった時代のものですから、環境保護活動の一環として価値ある記念カバーと言えましょう。例えば特殊切手の「自然保護シリーズ」も図案を見ればおわかりのように、あくまでも特定の稀少な動植物を守ることが主眼であって、かれらを取り巻く環境全体を保全することまでは視野に入ってはいません。そんな時代によくぞここまでとは思います。
 ただし、富士山に関しては現在もまだ清掃活動を継続せざるを得ないことから、実際の成果のほどは相当割り引いて受け止めるべきでしょうね。説明書の表現はいかにも役所的な文法で展開されていますし見慣れている人なら容易にご推察のことと思います。

 なお、記念カバーの版元名が富士吉田郵趣会となっていますが、これは仮看板にすぎません。役所である郵便局が表立って郵便商品を製造販売するのは不都合であるとの判断から郵趣会の名義だけを借りたものです。実際は富士吉田郵便局と富士吉田市役所の共同企画・製造・販売です。これがはるか後に「不明朗な会計処理につながる」と会計検査院から厳しく指導されることとなり、1999年(平成11年)4月末頃、全国一斉に中止指示が出されました。その後の名義借り発行は見事に絶無です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 23, 2013

近影

2013012301

 facebookではちょいちょい素面を晒しておりますがブログではたぶんこれがお初ですね。これがまごうことなきおっさんのわたくしであります。念のため、れっきとした堅気です。

 ちょうど防府市出身の似顔絵師&イラストレーターのなかむらりおたくんの初個展が開催中で、彼に似顔絵を描いてもらうために髭を生やしておりました。今はきれいさっぱり剃り落しています。念のため、れっきとした堅気です。

 皆さま、これからもよろしくお願いいたします。念のため、れっきとした堅気です。大事なことなので3回同じことを書きました。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

January 22, 2013

いまどき珍しいミス

2013012201

2013012202 昨日、仕事から帰ってきたらフランス郵政から新切手の通販カタログが届いていました。封を切るとこんな紙が1枚はさまっていました。

 発送封筒と注文書に印刷してある切手図案の額面1,00€は1,05€の間違いです、すみません・・・だそうです。
 切手図案(左)を見ますと確かにそうだ、1,05€になってますね。郵便料金の値上げがあったようなので、その切り替え事務の途中で製作担当への連絡がうまくリレーできなかったのかもしれませんね。

 いまどき珍しいミスなので封筒も注文書もコレクションにすることに即決!(笑)

2013012203(左:発送封筒 右:注文書)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 21, 2013

スペシャルBOXを開放します

 昨年末に期間限定で行いましたスペシャルBOX方式の配布を当面の間無制限に開放します。

 これはご寄贈品が質・量ともにこれまでにはないレベルでお寄せいただいていることによります。ありがたいことに現在もコンスタントに集まり続けていますので、配布のスピードを上げても支障がないとの見通しが立ったことによります。
 そこで以下の2コースを設定しました。内容は日本FDC、初日印付きエコーはがき、官白、現行実逓カバーが主体で一部外国物や郵趣文献が含まれることがあります。そして荷物の隙間埋め・クッション代わりにミクスチャーやテレホンカードの使用済を詰めますので、ご不要の方は各地域の社会福祉協議会等にさらにご寄付いただき、より有効にご活用ください。
 なお、レターパックプラスは太鼓腹状に詰め込むことは可能ですが、内容物の変形が気がかりなのでとりあえず除外しました(それでも良いと思われる方はご相談ください)。
 
A.レターパックライト満杯詰め 1,000円(一式込み)/1通
B.ゆうパック小箱満杯詰め 3,000円(送料実費+箱代100円加算)/1箱

 原則として毎月1回、第1週の土日に梱包・発送します。ご希望の月数(発送回数)をご連絡いただければ自動発送形式でお送りします。いずれも代金は品物到着後に指定口座にお振り込みいただければけっこうです。
 さしあたって1月分はお申込みいただいた時点で折り返し発送します。遅くとも今月中に発送完了します。
 また切手展などの郵趣イベントで活用したいといったスポット的な需要がある場合はそのつどご相談ください。上記規格に関わらず柔軟に対応します。
 いつものように左欄の「メール送信」をクリックすると現れますメールフォームにてご連絡ください。

 いずれもファンタスティック・スタンプクラブ(FSC)の活動資金の一助になりますので、引き続き不要品のご寄贈の方も何卒よろしくお願いいたします。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

January 13, 2013

日本郵趣連合なんか要りません

<1月17日追記>
 逓博跡地再開発、ついに日経にスッパ抜かれましたね。都市再生機構(UR)が事業主体で、15年度着工、18年度完成だそうです。

日本郵趣連合がいよいよ解散だそうです。とっくに役立たずのロートル団体なので遅きに失したとは思いますが、ひとつの時代の終わりを象徴しています。

20年近く前の鹿児島在住時代。スタンプショウかごしまを立ち上げるに当たり、連合さんにも正規ルートで支援要請をしました。本当は全くアテにしてはいなかったんですが、一応顔を立てたフリだけでもしておこうとの大人の判断からです。
ところが、全く返事がない。おかしいなと思って理事の一人に直接聞いてみたら、話自体を聞いてないというのです。後でわかったのですが、事務局を担当していた人は、何でもたなざらしにしたままで一向に何もしようとしない(できない)無能極まりない人物でした。
一方の日本郵趣協会、地方本部長さんから2日後にOKの連絡がありました。予算も付けてくださり講師派遣も即OK。後に地方本部事業にまで格上げして頂けた上に展示フレームも買ってくださった。
連合の方はようやく返事が来たと思ったら「理事個人が支援することはできるけど連合としてどうこうするのは難しい」と屁みたいな返事。

それも申請から3年もたってからこれですよ。莫迦でしょ。

九州地区は九州郵趣連合と言って、本体の日本郵趣連合ともちょっと気質が違うといった裏事情は関知していましたが、まあ、そんなことはどうでもいいこと。
こんな風に役に立たないだけならまだしも、熊本、広島、岡山の諸先輩がたは、はるかに嫌らしい妨害を受け続けてきました。実にえげつないことです。そんな不潔極まりない老人たちも多くが死に絶えました。連合解散は当然の帰結です。

| | Comments (5) | TrackBack (0)

January 08, 2013

ポール・デルヴォー展&ゆめタウン長府簡易郵便局

2013010701

 年末年始休み最終日の1月6日(日)、下関市立美術館のポール・デルヴォー展を見に行きました。特別展ではミュージアムショップでポストカードを数枚購入し、施設の記念スタンプと最寄りもしくはゆかりの郵便局消印を押してコラボ・カードを作るのが最近の楽しみです。同館のカードは既に作成済で姉妹ブログのLocal stampsにも発表していますので、今回は手を変え、以前から訪問したいと思っていたゆめタウン長府簡易郵便局の消印を押してもらうことにしました。
 都会ならさして珍しくもないでしょうが、山口県ではショッピングセンター内にあり、なおかつ店休日以外は土日祝日も営業する簡易郵便局はここしかありません。いつもは50円切手1枚を貼って記念押印して終るところ、せっかく日曜日に来たのだからと書留便で差し出しました。山口県ではおそらくここしかないと思われるD欄字入り和文印(シャチハタ印)を使っていたことも動機のひとつです。そして不在票をべったり貼られて郵便物が汚損されるのも嫌なので最寄り局の富海郵便局留置(とめおき)で差し立てたのでした。
 7日(月)の午後に実物を受け取って来ました。事前にお断りもしていなかったのでびっくりさせちゃったかな?。不慣れなせいか到着印を押すのも気付かなかったようで、受け取り時に私の方から押印をお願いしました。が、インクが薄くちょっと残念な結果に。ここに限らず、シャチハタ印のインク補充がちゃんとなされていない局が多いですね。補充してもすぐには印顆にインクが回らない構造上の問題もあるようです。これからも不在予定が見込まれる時は留置を利用させてください、とお願いしてきましたので次回以降はちゃんとしてくれるものと信じます。
 なお、絵はがき面に押印した同館の記念スタンプは図版の通り赤色です。絵柄とのバランスを考えたら備え付けの黒色では重すぎると感じたので自前の赤スタンプ台を使って押印したのです。押印後はウエットティッシュできれいにぬぐって元通りにしておきました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

実は猫が好き

Cats

 こどもの頃から親しんできたのは犬です。が実はけっこうな猫好きでもあります。弟夫婦が2匹の姉妹猫を飼っているのがうらやましいです。
 最近、一組の従姉妹夫婦も黒猫を飼い始め、毎日のようにfacebookに猫写真をアップロードしてくれます。私個人は動物を飼育することを禁じられている賃貸住宅住まいなので切手で我慢しているのです。
 図は1995年にイギリスが発行した同国最初の純猫切手の初日カバー(FDC)です。デザイナーのエリザベス・ブラッカダー(Elizabeth Blackadder)の住むエジンバラの近所に住む猫たちをスケッチしたものです。19ペンス切手には黒猫のソフィー、25ペンスはシャム猫のプスカスと虎猫のティガー、30ペンスはクロエ、35ペンスは三毛猫のキッコとアビシニアンのロージー、41ペンスは眠るフレッドです。生き生きとした筆致も素晴らしいうえに、尾を高く掲げた猫のシルエットの記念印も切手デザインを邪魔しないシンプルさで好ましく思います。また、FDCに添えられている公式説明カードにはエジプトの女神バステト、アニメのトムとジェリーも登場していますので要注意。なお、切手もFDCもともに今はなきケスタ社の製造です。

(※ご希望の方1名に本FDCを差し上げます。facebookメッセージもしくはeメールでご連絡ください。)→行き先が決まりました。お申込みいただきありがとうございました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 06, 2013

2013年最初の収穫品

2013010601

 昨年末にebayで落札したアイテムが1月5日(土)に届きました。昨年12月29日の消印があるのでフランスから日本まで一週間かかったことになります。ふだんが4-5日ですから年末年始の繁忙期ならまずまずでしょう。
 中身は仏領ポリネシアの記念押印カバーです。過去何度も記していますように第1回世界気象デーの1961年3月23日に偶然生まれ合わせたものですから、この記念切手と記念消印も集めています。当時は気象の重要性が今ほど認識されていなかったのでしょうか、国連制定記念日なのに記念切手は韓国とオートボルタの2ヶ国しか発行されていません。ただし、今回のように特別な記念印を使っている例が散見されますので注意しています。この記念印、気象関係の専門コレクターさんでさえ完全には把握されていないようでリスト未掲載の消印をちょくちょく見かけます。本件もまさにそれで、おそらく新発見(確認)です。
 記念銘は"PREMIERE JOURNEE METEOROLOGIQUE MONDIALE 23 MARS 1961 PAPEETE"です。そうです、タヒチ島のパペーテ郵便局の記念印ですね。こういうのがひとつ見つかると、同じく現および元仏領各国でも同類印を使用している可能性が考えられるので楽しみが増えます。要は収集上の鉱脈のようなもので、探す筋目が想定(仮定)されると当たる確率が高くなるわけです。これでお値段が送料も全部込みで$10.00、日本円で890円でした。ビバ円高!。
 しかも、ebay出品者さんはペンギン図案のこんな楽しい切手付き封筒にイラストレーションカードを添えて送ってくれました。気が利いてます。

2013010602

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 01, 2013

あけましておめでとうございます

2013010101

今年もよろしくお願いいたします。
図は世界で2番目のSLやまぐち号を描く外国切手(小型シート)です。
ブルンジ、2012年5月30日発行。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« December 2012 | Main | February 2013 »