« 追悼・ジェリー・アンダーソン氏 | Main | あけましておめでとうございます »

December 28, 2012

東日本大震災を描く2番目の外国切手

2012122801

 東日本大震災関連の外国切手は、これまでクック諸島が2011年10月に発行した小型シート「地震と津波救済」1点しかありませんでした。寂しい限りでしたがその2点目がようやく確認され、日本にも輸入され始めました。いわゆる濫発国のモザンビークですが、この際それをウンヌンすることは控えたいと思います。4種連刷シートと小型シートの2アイテムです。そのうちの小型シートについて特に詳しく記録を残しておきたいと思います。

2012122802

 シート地に描かれた「自衛隊員に救出された赤ちゃん」の写真は海外にも広く配信されました。これは、震災発生後68時間ぶりに救助された石川彩花さん。彩花さんは生後4ヶ月の時に宮城県石巻市の隣人宅2階にご両親と避難したところで津波に遭いました。描かれている自衛隊員は陸上自衛隊の千葉浩司2等陸曹(45)。千葉さんは宮城県の大和駐屯地(大和町)の第6師団戦車大隊本部管理中隊所属。震災発生後、救援物資輸送などに携わった後、3月13日から16日まで石巻市内での捜索・救助に加わっていたとのことです。右の写真は1年後の2012年3月10日に再会された時の報道写真です。
 また、同じくシート地右に描かれた「三重県赤十字血液センター」の銘入りテントについては特段の情報は見つかりませんでした。偶然撮影された写真を用いたものにすぎないと推定されますけれど、三重県関係のコレクターさんは一応は地元ネタの一種として収集されておかれますように。
 ebayでも購入できますが新年2013年早々には日本の郵趣市場でも流通し始めるでしょう。

|

« 追悼・ジェリー・アンダーソン氏 | Main | あけましておめでとうございます »

Comments

Heinrichさん、たぶん知らないだけでしょう。また、知ったところでチャドは代理発行エージェントがテキトーなパチもん切手を出しているだけなので放置でいいんじゃないですか?。むしろ支那寄りの切手なら糾弾郵趣品製作のネタに使えそうです。

Posted by: 椙山j | January 13, 2013 at 04:45 AM

濫発国のジャポニカ切手といえば、昨年チャドが出した「中国の尖閣諸島領有主張」小型シートがありますが、あまり話題になっていませんね。
今でもeBay当たりで売ってますが、"Tchad Diaoyu islands belong China"で検索してみてください。
かつての韓国の竹島切手のように政治問題化してもおかしくないように思いますが、当事国じゃないので日本政府は無視しているのでしょうか?
それとも単に知らないだけ?

Posted by: Heinrich | January 13, 2013 at 12:03 AM

 日本の業者さんも2000円をちょっと切るくらいの販売価です。郵趣サービス社さんの販売価格をご覧になってから決められるのがよろしいかと思います。
 自分もebayで新切手を買うときは単品だと高くつくので、いくつかのアイテムを同一業者さんからまとめて買うようにしていますよ。それも複数買って余分をファンタスティック・オークションに出してるわけです。

Posted by: すぎやま | December 28, 2012 at 03:31 PM

eBayでどちらも売値20.95$(価格交渉あり)は高いなあ。しばらくすると値下がりするのか?

Posted by: 有山 | December 28, 2012 at 03:21 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46050/56408647

Listed below are links to weblogs that reference 東日本大震災を描く2番目の外国切手:

« 追悼・ジェリー・アンダーソン氏 | Main | あけましておめでとうございます »