« 切手オリエンテーション、第6回ファンタスティック・スタンプクラブ(FSC)例会 | Main | 初日カバーは私製がおもしろい »

November 03, 2012

ホー・チ・ミンの閲兵

N_vietnam_mc

 フィラメイト11月号に北ベトナムが発行した2種の竹紙切手が載っています。日本でも炭作りなどを通して竹に親しむ人が増えていますが、どなたも竹紙作りだけは敬遠されます。繊維だけを抽出して紙状に成形するのが非常に難しいからです。町興し、村興し活動で成功しているところはあるのでしょうか?。それだけ難易度の高い竹紙ですから、竹の種類が日本とは違うにせよ、実用化して切手を発行したのはこの北ベトナムしかありません。そうです、世界で唯一の竹紙切手です。2種で3,600円はまあまあ相場だと思います。興味のある方はお買い求めになられることをお薦めします。
 その2種に手押し印で加刷を加えた公用切手2種も抽選販売されていますね。2種で39,000円と桁が違います。その高額の5D切手への公用加刷券を貼ったカードをなぜか所持しています。
 絵はがきのように見えますが、私は壁に掛けたり卓上に置くような飾り物として作られたものではないかと類推しています。ホー・チ・ミンがベトナム解放軍兵士を閲兵している白黒写真が手に入ったので白いきれいな厚紙に貼っただけのものではないかと思うのです。白厚紙の切り口がいかにもハサミで切ったように振れています。そして、これにたまたま持っていた公用加刷切手を飾りとして貼り足したのではないでしょうか。もし、これに何らかの記念押印でもなされていたら、たぶん私のところには回って来なかったでしょう。これだけでも6,000円もしたのですから。私にとっては分相応というものです。

 しかし、いい写真ですね。ホー・チ・ミンの背筋の通った姿もさることながら、兵たちの軍装がまたバラバラでいかにもゲリラっぽい者もいます。こういうのを見るとぐっときますな。

|

« 切手オリエンテーション、第6回ファンタスティック・スタンプクラブ(FSC)例会 | Main | 初日カバーは私製がおもしろい »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ホー・チ・ミンの閲兵:

« 切手オリエンテーション、第6回ファンタスティック・スタンプクラブ(FSC)例会 | Main | 初日カバーは私製がおもしろい »