« 第3次・先住民シリーズに日本の舞妓さん登場 | Main | ていぱーくが行徳支店跡地に異動 »

August 28, 2012

山尾庸三生誕175年

2012082801 今年2012年10月8日は長州ファイブの一人、山尾庸三の生誕175年にあたります。ご存知山口市秋穂二島のご出身なので、さっそく昨日、二島郵便局に直接伺ってきました。残念ながら慶祝アイテムの製作、記念小型印使用の計画等は何もないそうです。予想通りではありました。
 地元より他の地方のかたがたの方が功績をよくご存知なのは忸怩たる想いがありますけれど、いずれにせよ、10月8日には記念押印に参りますからよろしく、とご挨拶して帰ってきました。

<Wikipediaより>
 山尾 庸三(やまお ようぞう、天保8年10月8日(1837年11月5日) - 大正6年(1917年)12月21日)は、幕末から大正時代の人物。子爵。長州藩士山尾忠治郎の次男。周防国吉敷郡二島村(現・山口県山口市秋穂二島)出身。
(略歴)
 江戸で航海術を学ぶ。
 文久2年(1862年)、塙忠宝を、伊藤博文とふたりで暗殺した。
 文久3年(1863年)、密航でロンドン・グラスゴーに、伊藤博文・井上馨・井上勝・遠藤謹助と共に留学し、長州五傑と呼ばれさまざまな工学を学ぶ。
 明治元年(1868年)に帰国。帰国後に工部権大丞・工部少輔、大輔、工部卿など工学関連の重職を任された。新たに創設された法制局の初代長官も務めている。
 のちの東京大学工学部の前身となる工学寮を創立。
 聾を患う身体障害者の人材教育に熱心に取り組み、明治13年(1880年)に楽善会訓盲院を設立した。

 図は維新百年記念公園(財団法人山口県施設管理財団)が発行した長州五傑と題する絵はがきをベースに写真合成したものです。こんな感じで10月8日の記念押印を行おうかと考えています。ただし、二島局の風景印は周防大橋と養殖クルマエビを主題にしているので記念印としてはふさわしくないかもしれません。ふつうに和文印にする可能性も考えています。

|

« 第3次・先住民シリーズに日本の舞妓さん登場 | Main | ていぱーくが行徳支店跡地に異動 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 山尾庸三生誕175年:

« 第3次・先住民シリーズに日本の舞妓さん登場 | Main | ていぱーくが行徳支店跡地に異動 »