« May 2012 | Main | July 2012 »

June 2012

June 24, 2012

山口県の進駐軍郵便

01_fpo2wood1946 戦後の進駐軍郵便研究の第一人者である中川進さん(山口市)から特別寄稿文を頂戴しましたので編集のうえ、以下アップロードいたします。なお、記録保存のためオリジナル画像はFacebookの写真アルバムに格納しておきます。「Philately in Yamaguchi(山口県の郵趣)」を参照ください。(左は1946年夏、FPO2(山口)前のWood軍曹)

【NZAPO222の野戦郵便局FPO2(山口)について】

 故伊藤由巳さんの「B.C.O.F.加刷切手と日本及朝鮮における英連邦軍及インド軍の軍事郵便業務」のP.54に山口県下を中心に各地に設置されたニュージランド軍の野戦郵便局の設置時期が述べられています。伊藤さんのデータの大元はウエリントンの公文書館にある郵便部隊(NZAPO222)の毎日の行動を記録した日記(WAR DIARY)だと思われます。しかし、伊藤さんが執筆された当時、公文書館でこれらの日本占領関係文書の開示許可はまだされておらず、日本から公文書館に照会して郵便部隊(NZAPO222)の部隊日誌のコピーを直接入手することはできませんでした。伊藤さんはその当時、恐らく現地の代理人、知人に頼んでこれらの部隊日誌や他の本国の関係資料を調べてもらったものを手に入れ、これらをまとめられたものと思います。そのため、文書開示許可になった20年近く前に私が公文書館から入手したNZAPO222の部隊日誌の内容と比較すると、伊藤さんの本の内容には随所に、事実との齟齬、間違いが見られます。
 私のFPO2の調査結果を説明します。占領日本の進駐行政に参加したニュージランド軍は2NZEF(No.2 New Zealand Expeditionary Force:第2ニュージランド派遣軍)(通称Jay Force)と呼ばれ、戦後のイタリアで編成され、1946(S21)年2月19日、大型客船(23,500t)“Strathmore”で日本に向け出航、3月19日、呉に入港しました。
 1946年3月のNZAPO222の部隊日誌の表紙と中身をご覧ください。3月19日に呉到着の記録があります。伊藤さんの本では第2野戦郵便局(FPO2)は昭和21年3月24日に山口の旧日本軍兵営内の新西蘭キャンプ本部にWood軍曹により開設と述べられていますが、部隊日誌では、3月23日に山口に野戦郵便局設置、運営のためWood軍曹とNinnes伍長を派遣したことが記録されています。

02_nzapo2221946_03(↑クリックすると大きな画像がポップアップで開きます)

 NZAPO222隊員の数少ない存命者のWoodさん(当時22歳、現在90歳近く)の話ではNZAPO222は当初26名で呉に入港、呉に本局NZAPO222を設置しFPOを分局として岩国、山口、岐波などの各地に設置しています(注:NZAPO222は同年5月24日呉から岩国航空基地に移動しました)。NZAPO222隊員の現在の存命者はWoodさんを含め数名程度のようです。まだ存命者がかなりいた1995年の時のNZAPO222の部隊会合の集合写真と彼らが会合で使用した日付印を模した記念ロゴを添付します。
 NZAPOは、1945年戦後のイタリアで編成され1946年に日本に派遣され、本局のNZAPO222と支局の各FPOとで構成されるという意味合いの図案です。写真前列向かって右端がWood軍曹、その隣が部隊日誌に直筆で確認サインをしているNZAPO222の指揮官のBarker大尉(故人)です。

03_nzapo2221995

 Wood軍曹とNinnes伍長がFPO2で勤務していた1946年(S21)夏のFPO2の貴重な写真(1946年夏)をごらんください。すでに取り壊されてしまいましたが、宮野の陸上自衛隊の正門を入ったグランドの右側に10数年前まで旧陸軍が建てた木造の家屋が残っていました。この一角に設置されていたのがFPO2です。Wood軍曹とNinnes伍長が写っているFPO2正面の壁に掲げられた手書きの「NZ FIELD POST OFFICE」の看板に注目してください。

04_fpo2woodninnes1946

 もう1枚は、FPO2内部を隣のWoodさんとNinnesさんが寝泊りしていた居住区から写したものです。居住区は蚊帳を吊ったベッド、たんす、壁にべたべた貼られたセミヌードの女優(?)の写真など、面白い組み合わせです。この居住区から見えるのが、FPO2内部の郵便物仕分箱が置かれた作業机です。椙山さんが紹介されたFPO2のカバーはこの作業机でWood軍曹あるいはNinnes伍長が押印しました。

05_fpo21946


【オーストラリア軍のAFPO30(岩国)差出カバーについて】

 1950年と1953年の書留郵便物のフロント、カット数点を紹介します。興味深いのは、まず、1950年当時オーストラリア軍はまだBCOF加刷切手を使用していましたが、その後は本国と同じく無加刷切手を使用されていること、また、移動式の野戦郵便局でありながら書留票には日本での設置場所を示すIWAKUNIを入れてあること、さらに、この書留票の番号を比較すれはAFPO30で処理された3年間の書留郵便物処理数がわかるのではということです。

06_afpo30bcof1950_07_13


07_afpo30bcof1953

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 22, 2012

広重・錦帯橋切手リターンズ

2012062203

 今年2012年から始まる「浮世絵シリーズ」第1集の図案発表が行われました。極めて個人的なことですが、私の郵趣活動の歴史に欠くことのできない場所である東京都調布市に直接関係ある図案の「風流六玉川(ふうりゅうむたまがわ)調布玉川(ちょうふのたまがわ)」(菊川英山筆)を発見してびっくり。しかし、それよりもトピックだったのが「六十余州名所図会(ろくじゅうよしゅうめいしょずえ)周防(すおう)岩国錦帯橋(いわくにきんたいきょう)」です。初代広重の手によるもので、図の通り既に一度切手に取り上げられてるからです。時は1953年(昭和28年)5月3日、観光地百選シリーズのしんがりとなる第10集として2種発行されたうちの10円切手が広重の版画でした。やや長くなりますが詳しくご説明しましょう。

 1950年(昭和25年)、毎日新聞社主催による全国からのはがき投票で選ばれた10部門の各1位を切手にしたのが観光地百選シリーズです。
 最終的に寄せられたはがきの総数は7750万854通にも及びました。これは郵政省の当初予想5000万通を大幅に上回るもので、当時の年賀状の取扱量が約1億通であったことを考えると極めて大きな数でした。人気投票の結果をそのまま切手化することに対する反対論もありましたが、郵政省に莫大な利益をもたらしたことからそれら良識的な異論は退けられました。
 ところが建造物部門で堂々の第一位を獲得した錦帯橋に予想外の大問題が発生。投票締切直前の1950年9月14日、錦帯橋がキジア台風によって流失してしまったからです。実物が消滅してしまったものを切手にすることに対してクレームが出されたのは山口県人の私でも然りと思います。そりゃそうだ。
 で、結局、錦帯橋の再建に合わせて発行するとの方針が採られました。第9集が発行された1951年10月から2年半以上も経ってからの発行となったのはそれが原因です。
 ただし、理由はわかりませんが2種発行されるうちの一方を版画にする方針が打ち出され、実行されました。他の観光地百選切手に同例はなく端的に異彩を放っています。とはいうものの、当時の日本に多色グラビア印刷の技術はありません。図のような茶色の単色グラビア印刷での発行となりました。
 それから59年、ほぼ60年と言っても良いでしょう、まったく同じ題材がフルカラーで再び日本の正刷切手として蘇ることになりました。はたして今の担当員氏はこの事実を承知されていらっしゃるでしょうか。
 技術はなくても職人魂で作られた昔の切手の方が風格を備えている事例は世界じゅうで散見される現象です。単色とフルカラー、はたしてどちらが切手としてすぐれていると評価されることになるでしょうか。浮世絵シリーズ第1集は8月1日発行です。

(注)参考文献:「濫造・濫発の時代」1946-1952 内藤陽介著

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 21, 2012

ハリケーン・リリーフ

2012062101

 スタンプショウ=ヒロシマ'02での収穫品のうち、このカバーが最も買いたくないものでした。とにかくルックスが悪い。あて名は赤ボールペンで加筆修正されAIR MAILの表示も×で抹消されています。おまけにところどころにシミまで出ている完璧な2級品です。これで2,000円はないだろ!と、ええ言いましたとも、はっきり口に出して。ところが売り子の"明石のお坊様"は「クック諸島の実逓カバーなんてないですもん。このくらいで手を打たないと何も集りませんよ」となぜか強気。実際、そんなことはまったくなく、クック諸島発の実逓カバーは切手商あてのビジネスメールだらけだよ、と思いはしたのですが、彼の目は「ここでアホのスギヤマに売りつけとかないと他では絶対に売れん!」と訴えていたので黙っていただくことにしたのでした。

2012062102 ようやく整理の順番が回ってきたのはそれから約1ヶ月後のことでした。カバーが妙に厚い。意味なく重いカバーはコレクションを納めるストックリーフに負荷をかけてしまうので中身を抜くことにしています。封筒の一辺を開封してみると案の定、ごつい厚紙が入っていたのですが一緒に左のメッセージメモが。そしてハリケーン・リリーフことハリケーン救済加刷単片8種と小型シート、写真を交えた災害レポートまで出てきました。切手発行案内書が1枚入れられていることはよくありますが、実物1セットを含む関係文書資料一式が揃って出てきたのには驚きました。左のメッセージカードにはこう書かれています。

Memo:
 We are pleased to forward this notice with the compliments of the Cook Islands Government.
  It would be appreciated if your articles on our stamps are forwarded to us, as these will become part of your official files.
 In addition, your comments and thoughts will always be appreciated and carefully considered.
Yours faithfully,
"Officer in Charge"

 クック諸島はニュージーランドと自由連合を結んでいる一種の独立国で、住民の国籍はニュージーランドになります。主要な15の島々からなる島しょ連合を構成していて、中でもラロトンガ島は映画・戦場のメリークリスマスのロケ地として有名です。一部でニュースになったように、日本が国家承認をしたのは実は去年2011年3月25日のことでした。
 これまでも何度も強烈なハリケーンに見舞われ、そのつど甚大な被害を受けています。寄附金付き切手も1968、1972、1987の3回発行していて、本券はその1972年にあたります。災害に関するテーマの切手収集こと「災害郵趣」もやっていますので、関連文書資料の発見は何よりもありがたかったです。特に災害レポートは裏面が注文書になっているためもっとも残りにくい性質のものです。最初の受取人以来、私の手元に回ってくるまでの40年間、誰も開封していなかったのが幸運でした。
 次に"明石のお坊様"に会う時はちょっとお土産を奮発しなくてはいけませんね。ありがとう!。

2012062103

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 18, 2012

新規リンクのお知らせ

「庄司巧の丸いポストのある風景」が新たにリンクに加わりました。丸型ポスト写真の第一人者・庄司さんの作品の数々をお楽しみください。右欄のLINKよりご覧ください。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 16, 2012

Philately in Yamaguchi(山口県の郵趣)写真アルバム

2012061601 表題の通り、Philately in Yamaguchiと題する写真アルバムをFacebook内に作りました。Facebook未登録の方も下記URLで閲覧することができます。

https://www.facebook.com/media/set/?set=a.330263530385978.76835.100002070020561&type=3&l=ffac2731d6


| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 15, 2012

【更新】郵便を出そう2012写真アルバム

2012061501https://www.facebook.com/photo.php?fbid=329748020437529&l=1f4549cdb9


| | Comments (0) | TrackBack (0)

レターパックライト登場 H24.6.12

2012061401 新デザインのレターパックライトが届きました。比較的に早い時期の使用例だと思いますので記録のために発表しておきます。
 消印は千葉県の白井24.6.12 12-18です。差し出してくださったのは若林正浩さんです。どうもありがとうございました。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 11, 2012

【更新】郵便を出そう2012写真アルバム

2012061103 https://www.facebook.com/media/set/?set=a.323245054421159.75468.100002070020561&type=1&l=dda79e9212

|

一度に3種の記念印

2012061101

 いや、まったく大したことじゃありません。ちょっと気になっただけで、きちっと網羅的に調べたわけでもなんでもないんです。ただね、新切手の発行に際し、一度に3種もの記念印(日本で言う特印に相当する初日印)を使った例って見たことがないなあと思いまして。
 小型シートの地が植物標本の記録紙を模しているデザインなので、特印も何かの公印の類をイメージしたものか。それで角印、丸印、六角印の3種同時使用・・・でしょうか。どなたかお詳しい方はいらっしゃいませんか?
(ニュージーランドの植物・2012.02.01発行)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 10, 2012

防諜印

2012061002

 ずいぶんのどかなイラストが入ったカナダのカバーですね。表面記載事項の制限が厳しかった日本と違い、アメリカやカナダでは戦前から企業広告を大きく示した商用郵便が盛んでした。これはバンクーバーにあったハスキングス&エリオット自転車商会がバンクーバー・サン新聞社に送ったものです。男女のサイクリングのイラストに「自転車に乗ろう、楽しみと健康のために、そして経済的でもある」のキャッチ・フレーズも見えますね。機械消印の標語部まで「健康のために正しい食事を」なんて入ってます。自転車以外のさまざまなテーマチク要素を含んだカバーと言えましょう。
 ですが、実は戦争関連のテーマで入手したものです。機械消印の丸い日付部は"JUN 13/11 PM/1944"(1944年6月13日午後11時)とあるのみで局名表示がありません。防諜目的で意図的に局名無表示にした消印は軍事郵便物にはよく見られますが、これはカナダ西海岸の一般郵便物での使用例です。差出も宛先もはっきり書いてあるので何をいまさらな感もしますが、おそらくバンクーバー郵便局で取り扱われたものでありましょう。
 これが本格的な軍事郵便物だとさらに厳しくなります。同じくカナダの例を下に示します。慰問のタバコを送ってくれたダンロップ・タイヤ&ラバー・グッズ社員への返礼状の表面(上)と裏面(下)です。受け取った兵士が簡単に返礼状を送れるように慰問タバコそのものにこのはがきが添付されていたものです。表に"ON ACTIVE SERVICE"とあるのは"活動的なサービス"ではなく軍事郵便という意味です。基本的に無料のものを指します。これは受け取ったダンロップ社の工場部門が受領印を押してくれたおかげで1942年2月9日と判別できますが、いわゆる郵便印(消印)の類はどこにもありません。
 慰問袋に心づけの品を入れて最前線に送るなんてのは日本でもやってましたよね。というより世界共通です。同類を並べて見るだけでも妙に面白いものです。このくわえタバコの兵隊さん、ちょっとかっこいいですねえ。これを見てまた喫煙再開しようかと・・・・は思いませんけども。

2012061003


| | Comments (0) | TrackBack (0)

チャールズ皇太子の水彩画

 ニュースで話題になっていたエリザベス2世女王の在位60年(ダイヤモンド・ジュビリー)記念コンサートでのチャールズ皇太子の名演説シーンです。冒頭、Your Majesty(女王陛下)と言った直後にMummy(お母さん)とも呼びかけて大喝采。皇太子のお人柄が現れた名セリフです。それを見ていて、ふと下のチャールズ皇太子の立太子25年記念切手を思い出しました。イギリスが1994年に発行した皇太子自身が描いた水彩画5種のセットです。

2012061001

 皇太子が余暇に水彩画を描くことは知られていましたが、それまで作品が公開されたことは一度もありませんでした。この切手が発行された1994年3月1日、皇太子の慈善団体の資金作りのために初めて皇太子の水彩画展が開催されました。5種のうち、35ペンス切手の出来がいちばん優れていると思いましたのでこれを特に拡大しました。イングランドのダージンガムの風景を描いたもので、画面に占める空の割合とその空気感覚がたいへんすばらしい。風景は地上にある「物体」より空の表現にこそキモがあるのですね。ここまで描き込む力があるお人であれば、深い哲学性を備えておられることは間違いない。何かと評判の芳しくない英国チャールズ皇太子ですが、この切手を見てからマスコミが伝える印象を鵜呑みにすることはやっぱりよろしくないなと実感したのでした。
(2004年に一度記事化したものを再編集しました)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 06, 2012

【更新】郵便を出そう2012写真アルバム

2012060601 郵便を出そう2012写真アルバムを更新しました。
下記URLをクリックしてください。

https://www.facebook.com/photo.php?fbid=324584030953928&set=a.323245054421159.75468.100002070020561&type=3&theater

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 05, 2012

ティンカー・ベルのPスタンプシート(国連)

2012060504

 国連郵政部からPhilatelic Bulletin最新号が届きました。パラリンピック記念など国連が発行するにふさわしいテーマの切手の記事もありましたが、不覚にも51歳のこのおっさんも、ティンカー・ベルのキュートさに目が釘付けになってしまいました。
 Honorary Ambassador of Greenこと「緑の名誉大使」としてこの6月1日付でPersonalized Sheet、いわゆるPスタンプシートで発行とのこと。切手部分は額面が各$1.07で図案は2種×5組。国連マーク部分はタブで、このスタイルは従来通り。発行はニューヨーク本部のみでジュネーブ、ウィーン版はありません。
 1シート$14.95です。日本円にして1,171円。これにクレジットカードの割り増し3パーセントや送料を加算すると仕入れがだいたい1,300〜1,500円相当といったところでしょうか。本来、この手のシュミはないんですが(あったら気持ち悪いし)人気がありそうだから多めに輸入しようかなと思案中です。日本のフレーム切手と比較するまでもなく、この可愛らしさなら2,000〜3,000円の販売価格でも十分いけるでしょう。
 どなたかご希望の方はいらっしゃいますか?。初回共同購入分に限り原価+経費のみの枚数割りで代表購入いたします。今週末の5月9日(土)あたりまでにご連絡いただければまとめて手配します。なお、現品は大判シートでしょうから受け渡しが郵送だと最低でもレターパック350にはなると思います。その点はあらかじめお含みおきください。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

日本郵政ノベルティ

2012060501 郵政省(当時)みずからが作成した切手を模したノベルティ(販促品)も広義の官製模造にあたるのではないかとの考えでぽつぽつ集めています。さすがに種類・量とも多くはありません。
 スタンプショウ=ヒロシマ'12でアベノスタンプさんから譲っていただいたのが左のセルフ糊式シールです。見ての通り、東北上越新幹線の上野駅開業を祝したものであることから1985年(昭60)3月14日前後の時期であることが推定されます。下谷郵便局と浅草郵便局の銘が入っていることも好ましいです。かんぽのマスコットキャラクター、カンガルーのKANちゃん(2003年の日本郵政公社発足まで使われた)も型抜きされているのでシール、ステッカーとして抜き貼りできるようになっています。しかし、いちばんの注目点はやはり切手の模造部分でしょう。額面部分を差し替えているものの、東北新幹線開通記念切手(1982.06.23発行)と上越新幹線開通記念切手(1982.11.15発行)をほぼ丸パクリです。額面数字がないので抹消斜線も入っていませんし郵模法の承認を受けた表示もありません。いいんでしょうか?
 ちなみに、1985年当時はまだ日本ではシール切手は登場していません。下にFDCを示しましたように日本最初のセルフ糊式シール切手は1989年(平元)3月1日発行のふみの日切手2種です。

2012060502

 もう一点ご紹介しましょう。郵政省の銘が入った栞の表裏をご覧にいれます。意匠に使われている切手の図はかなり正確です。なかなか良く再現されています。
 裏面の郵便週間の日程が11月1日から7日とあることも重要です。この日程は1955年(昭30)のビードロ、翌1956年の写楽、翌々1957年のまりつきの3回だけですから、その時期のものであることは明らか。標語の「伸びゆく郵便明るい世界」が特定年の標語であればさらに年代を絞り込むことが可能かと思われます。
 折しも切手ブームの時期ですし、同種のアイテムが沢山作られたのではないかと期待されます。やはり「郵政省」銘入りはいいですね。省庁名入りの栞ってふつうありえないのと違いますか?。

2012060503

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 03, 2012

リアル真っ黒封筒が配達されてきた

2012060303

 昨日6月2日のこと、こんな真っ黒な封筒が郵便で届きました。差出人はクレディセゾン。ヤマダ電機のヤマダLABIカードを使っているので、新たにYAMADA MONEY CARDのご利用をというダイレクトメールです。中のパンフレット類も黒づくめに金文字のデザインなので、おそらく黒がイメージカラーなんでしょう。クレジットカードの最高峰と言われる制限なしの通称ブラックカードをイメージしてるのでしょうか?。
 2009年に真っ黒封筒の記事を書きました(ここ)。先日、表面記載事項の規制緩和が断行されて以降は8×4.5cmのあて名記載部分さえ確保してあれば基本的に自由化された、という記事も書いたばかりです(ここ)。とは言うものの、やはりモノゴトには常識とか節度が求められるべきです。ここまで大胆にやっちゃったことが斬新と評価されるか、それともおくやみ郵便みたいだと忌諱されるか、クレディセゾンの勝負どころですね。
 変形郵便物の一種として封筒も中身もまるごとコレクションに収めました。残念ながら「貧困層」ゆえ新しいカードは要りませんのであしからず・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

日付変更線変更

2012060302

 日付変更線近くに位置する南太平洋の島国サモアが、昨年末に自国の標準時を日付変更線の東側から西側の時間帯に移行させました。地図上ではサモアの西側を通っていた変更線が、東側を通るようになりました。
 2011年12月29日の深夜に日付が変更され、翌日が12月31日に。30日がまるまるパスされたので、ホテルも宿泊費を徴収しないようコンピューターのシステム調整に追われたとのこと。
 今回の変更はサモアの経済関係が、東側のアメリカから西側のオーストラリアやニュージーランドに移ってきたことが原因です。1日のズレがあるため、サモアの金曜日には両国は既に土曜日の休日に入ってしまうなどの弊害が看過できなくなったそうです。日付変更線の西側への移動は、まさしくサモアの未来を左右する決断だったのです。中央のタブに“ A Leap into the Future”とありますが、文字どおり「未来への飛躍」と言えるでしょう。なお、移動事務の繁忙を避けたのでしょうか、切手の発行日は12月15日です。
(図の公式FDCを取り寄せましたので次回のファンタスティック・オークションに提供します。)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

郵便を出そう2012写真アルバム

2122060301

 「郵便を出そう2012」と題するfacebookの写真アルバムを作りました。下記URLでFacebookを使っていない方もご覧になれます。今回は、熊野前郵便局開局、金環日食、東京スカイツリー開業、パンダのリーリー絵封筒の4題です。

https://www.facebook.com/media/set/?set=a.323245054421159.75468.100002070020561&type=1&l=dda79e9212

| | Comments (0) | TrackBack (0)

スタンプショウ周南2012写真アルバム

2012060201

 スタンプショウ周南2012の様子をfacebookで写真アルバムにしました。下記URLでFacebookを使っていない方もご覧になれます。

https://www.facebook.com/media/set/?set=a.323181047760893.75457.100002070020561&type=3&l=64ebd096af

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« May 2012 | Main | July 2012 »