« プレPスタンプ | Main | 近代洋画の開拓者 高橋由一展 »

May 06, 2012

フォルムカード(わたしとすゞと台湾版と)

2012050607 スタンプショウ2012に出発する前の4月中旬、スタンプマガジン5月号に載っていたフォルムカード第4弾:山口県版「金子みすゞ」に図案ミスの記事には驚きました。後日のために正確に記しますと山口県在住の山根秀子さん(78歳)が気付かれたもので、着物のいちばん内側の赤い襟の襦袢だけがなぜか左前に描かれているというものです(P.31)。
 ファンタスティック・スタンプクラブ(FSC)特別例会のお土産にちょうど良いと思いましたので、しこたま買い込んでお江戸で配ってきました。
 そして中日の4月28日、マサスタンプさんのブースでそんなこんなのお話をしていましたらマスターの山本誠之さんからこんなオシャレなフォルムカード(下図)を頂きました、というのは冗談です。

2012050605

 台湾の民間企業が発売しているフォルムカードのそっくりさんです。MILU DESIGNという会社が作っているもので、正式には台灣旅行明信片(Graphic Post Card)と名付けられています。日本のものより厚く約2ミリもあり堅牢でしっかりしています。日本の熊谷組などの共同企業体が建設したことからジャポニカの一種でもある台北国際金融センターこと「台北101ビル」、そしてなぜかセクスィ〜なお姐さんが売っていることで有名な「檳榔(びんろう)売りスタンド」の2枚を台湾のお土産として頂戴しました。
 日本のフォルムカードをパチったとかなんとか野暮なことは申しません。良いものは世界共通で良いのです。こういうものが売られている背景には、まさしく日本のフォルムカードが台湾でも人気があることの証拠でもあります。山本さんは現地の郵趣家のために四国のフォルムカードを取り揃えて送るなど、およそ商売としては手間賃にもならないようなことまでされています。
 日本ならではのさまざまな「大人の事情」によって通販をしない(できない)など、まったく以て商機を逸するに事欠かない日本郵便のへたくそぶりにはうんざりします。台湾のみならず、その他の近隣アジア各国でもフォルムカード人気があることすらも、おそらくご存じないことでしょう。郵政民営化になってできることよりできないことの方が増えたのは完全な失政です。
2012050606 この台灣旅行明信片、台湾の楽天市場で通販されています。日本からも買えるのかどうか試してはいませんが、その気になればなんとかなるでしょう、きっと。

台灣旅行明信片

(←ちなみに通信面はこんな感じです)

|

« プレPスタンプ | Main | 近代洋画の開拓者 高橋由一展 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46050/54650340

Listed below are links to weblogs that reference フォルムカード(わたしとすゞと台湾版と):

« プレPスタンプ | Main | 近代洋画の開拓者 高橋由一展 »