« 有人宇宙飛行50年シート(オーストリア) | Main | 同姓同名局 »

March 11, 2012

だからゴミ集めはやめられない

2012031101

 これも先日、パインスタンプの松本さんから"超破格値"で買い取った雑品ロット、通称"ゴミBOX"に混入していたものです。私の母方のルーツのひとつである鹿児島県関係アイテムであることはもちろんですが、何よりもまずこのチープ感に手が止まりました。昭和54年3月21日の54321連番の日には全国各地でさまざまな郵趣記念品が作られました。ゾロ目・連番の一環で各種集めていますけれど、いくらなんでもこれはないだろうと。
 確かに南九州人には良く言えばおおらか、そうでなければ雑、いい加減、てげてげ、といった傾向が見受けられます。予算がなかったとか期日までに間に合いそうにない等の事情はありましょうが、上質紙にリソグラフ(?)で手書き原稿を簡易印刷しただけとはいくらなんでも庶民的すぎます。二つ折りにしてA4判ながら押印スペースのこの余白を見てください。明らかに大きすぎて邪魔くさい。あれから33年も経た今頃になってナニですが、ここまでみっともない記念押印台紙は今まで見たことがありません。作らなかった方がまだマシだったのではないでしょうか。私以外誰も欲しがらないであろう疎外感が、今も国道225号線沿いにたたずむ鹿児島南郵便局さんの居ずまいとオーバーラップしてしまいます。
2012031102 ところが、これになにげに押されている左の赤印が実は驚きであったのでした。「クインエリザベス2世号寄港記念」と刻まれた直径3cmのハンコ(おそらくゴム印)は消印ではありません。鹿児島南局が独自に調整した記念スタンプでありましょうし、ひょっとすると鹿児島中央、鹿児島東などの市内普通局合同であつらえた可能性もあるのではないかと思います。鹿児島の消印収集をされていらっしゃる研究者の方、この(仮称)カシェスタンプを把握していらっしゃるでしょうか。
 と申しますのも、記念押印の昭和54年つまり1979年の使用だとしたら、これがクイーン・エリザベス2世号が鹿児島に寄港した一番最初の郵趣アイテムになるからです。
 同号はその後、数年おきに寄港していて、そのつど郵趣家らしき乗組員の手によるもの、もしくは委託されたらしいカバー類がわずかに残されています。自分も下の1982年(昭57)3月11日付のパクボー便を所持しています。大型客船が接岸できる国際的な港湾設備を持つ鹿児島であるならば、やはり外国来のゲスト・カバー収集もまた鹿児島郵便史の一ジャンルでありましょう。当然、主要船舶のパクボー便、船内郵便は見逃せないものと思います。

2012031103

 お粗末極まりない記念押印用タトウが、一歩踏み込むとこうして別の輝きを発するに至りました。こんなことが決して少なくないのが郵趣の楽しみのひとつです。だからゴミ集めはやめられないのですね。

|

« 有人宇宙飛行50年シート(オーストリア) | Main | 同姓同名局 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46050/54192156

Listed below are links to weblogs that reference だからゴミ集めはやめられない:

« 有人宇宙飛行50年シート(オーストリア) | Main | 同姓同名局 »