« 間違い探し | Main | キャプテン S.ウエダ 2通目をGET »

March 31, 2012

半分だけの「米国への桜寄贈100周年」

2012033101

 お馴染み、山内和彦さんから表題切手の実逓FDCが届きました。これ、意味わかりますか?。自分は初見で「ああ、なるほど!」と唸る思いでした。この切手のシート下半分は不必要ですというアピールなんですね。
 思い返せば一昨年の2010年7月1日、ゆうパックとペリカン便の無謀な統合により膨大な配達遅延事故を引き起こして大失敗。8月31日にJPエクスプレス株式会社は法人解散、清算会社に移行。9月30日には東京地方裁判所より特別清算開始決定を受けました。その時点での1,000億円を超える巨額な赤字に加え、さらにゆうパックだけで毎年1,000億円の赤字を上積みし続けるという信じ難い経営状態に陥っています。そのあおりで2011年を最後に日本郵便の全日本切手展への後援打ち切りも決定しました。

2012033102 しかし、一般郵趣家にとって最も深刻なのは、背に腹を変えられない状況を受けて史上かつてない新切手の濫造・濫発時代に突入してしまったことでした。折しも「郵趣」4月号がお手元に届いた頃だと思います。そのP.27に2010年の新発行切手の額面集計が掲載されています。全部で44件367種、単片買いした場合は27,406円、シート買いした場合は49,750円にも達するとのこと。2011年は確実にそれを上回っていることは必至。この水準ではおよそ個人が全種購入し続けるのはお薦めできません。もはや切手の博物館などの公的研究施設に、業務として完集をお任せしたい気分です。
 そんな末期的状況の中で発表された「米国への桜寄贈100周年」の図案、山内さんでなくとも初見でシート下半分は水増し、不必要と感じるのは十分に理解できます。シート単位ではなく切手1枚から販売します、とゆうびんホームページにも明記してあることから、記念切手にふさわしいシート上半分だけ切断して購入することも可能です。その証(あかし)としてご紹介させていただいた次第です。

|

« 間違い探し | Main | キャプテン S.ウエダ 2通目をGET »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46050/54350267

Listed below are links to weblogs that reference 半分だけの「米国への桜寄贈100周年」:

« 間違い探し | Main | キャプテン S.ウエダ 2通目をGET »