« January 2012 | Main | March 2012 »

February 2012

February 28, 2012

内外の新切手の話題

2012022801

<国土緑化切手>
 ついにその日が来るか!。近日中に日本郵便から正式な報道発表があると思いますが、来る5月25日にふるさと切手「国土緑化運動」山口版が発行されます。そう、一時、Facebook等でも「まぢ、やばいんちゃう?」と話題になったマスコット「やまりん」が焦眉の的の第63回全国植樹祭やまぐち2012がメインテーマです。はて、いかなるデザインが発表されることやら。
http://63syokuju.pref.yamaguchi.lg.jp/syokuju/topics/12-3topic.html

<タイタニック号100年1912-2012>
 英領ジブラルタル郵政から分厚いphilatelic bulletin(フィラテリック・ブルテン。切手発行案内書をカッコつけて言った名称)が届きました。ワールド・ワイドな切手販売ビジネスにかけては抜かりがないことで有名なだけに、直球を放り込んできましたよ。「タイタニック号100年1912-2012」と題する5種セットです。切手収集家以外にも受けそうです。
http://www.gibraltar-stamps.com/index.php?controller=stamps&action=issue&id=464

<エリザベス2世女王在位60年記念小型シート・特別版>
 英領ジャージー郵政からもブルテンが届きました。エリザベス2世女王在位60年記念小型シートに特別版があると。1.25ミリのほんまもんのダイアモンドを王冠部に貼り付けた特別シートが600シート限定で発行されました(2月6日)。お値段は1シート175ポンド、日本円で約16,000円。さすがに買えんわー。既に売り切れてます。すげー!。
http://www.jerseypost.com/Stamps/Pages/LimitedEditionDiamondJubilee-Accession.aspx

※トップ画像は北海道のyuaさんからご恵送いただいた東京マラソン2012の記念カバー(はがき)です。日本の郵趣界で唯一フルマラソンを走破できる鉄人フィラテリストならではのアイテムです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 23, 2012

第4回ファンタスティック・スタンプクラブ例会ご案内

2012022401

 開催日程が確定しましたのでお知らせします。従来通り、参加資格や制限は特にありませんのでふるってご参加ください。参加予約も要りません。できれば収集品をひとつご持参いただき、会の話題に供していただければ幸いです。

<第4回ファンタスティック・スタンプクラブ例会>

・場 所:スタンプショウ2012会場 2階B会議室
     (東京・浅草/都立産業貿易センター)
・日 時:4月28日(土)15:30~16:50
・参加費:無料
・お土産:第4次フォルムカード山口県版「金子みすゞ」
     (赤襟が左前の図案ミス)

 なお、同日13:00から切手オリエンテーションの講師も務めさせていただく予定になっていますので、初心者の方、興味のある方はこちらもぜひご参加ください。テーマは「日本のFDC、世界のFDC」です。実物を前にやさしくお話いたします。

[切手オリエンテーションのお問い合わせ・申込先]
〒171-0031 東京都豊島区目白1-4-23 切手の博物館4F
公益財団法人日本郵趣協会事務局(担当:原口または寺尾)
TEL 03-5951-3311
FAX 03-5951-3315
Email info@yushu.or.jp
(日曜・月曜がお休みです)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

第5回ファンタスティック・スタンプクラブ(FSC)例会計画

2012022301

 4月のスタンプショウの特別例会で第4回ファンタスティック・スタンプクラブ(FSC)例会を計画中ですが、さらにその次、7月も第4土曜・第5日曜日がありますので山口県防府市での開催を計画していますので早めにお知らせすることにしました。
 山口県防府市での例会開催について皆さんからのご意見をお寄せいただきましたところ、自分のイメージよりはるかに好意的な反応があり、それならばと会場探しをしていました。単なる偶然ですが、奇数年(昨2011年)は冬の1月、偶数年(今年2012年)は夏の7月といった具合で、一年おきに夏冬交代で開催できれば山口県の名産などを楽しんでいただくにも良いかと思います。

 Facebookを通じた勉強会で知り合いましたビジネスホテルあけぼの、そして同館1Fにありますイタリアンレストラン良'sのオーナー氏にご相談しましたところ、たいへん好条件が揃っている施設であることがわかりました。
 2Fに和室があり、ここを例会場として使うことはOK、切手商さんによる物販(郵趣付属品や収集用切手の販売)もOKとのことでした。これに夕食に1Fのイタリアンのお店での懇親会も可能で、これらを利用してもらえれば3F以上階にある宿泊は一泊3,000円の割引料金になりますとのこと。
 ホテル入口前の路地を挟んで駐車場も完備。2Fの和室へもエレベーターがあるので切手商さんの商品搬入・搬出も容易です。
 例会会場費は今まで通り主催者である私が全額を負担する方針ですから、宿泊を希望されない場合は参加料は無料です(懇親会参加の場合は実費をご負担ください)。宿泊される方は懇親会費と宿泊代をご負担いただきます。もちろん翌日(日曜日)は時間の許す限り私が山口県観光にご案内します。

 以上の概要で計画を立てましたので、地元の方はもちろんのこと、遠方の方もぜひ予定を入れておいてください。5〜6月に改めて正式募集をいたしますが、最終決定ではなくてかまいませんので、今のうちに参加したい旨のご連絡をいただければ私の方も開催規模の準備・調整ができますので助かります。特に切手商の方、売り上げは保証致しかねますが休養がてらにお越しいただければありがたいです。もちろん会場費などは一切いただきません。よろしくお願いいたします。

<第5回ファンタスティック・スタンプクラブ(FSC)例会計画>

場 所:ビジネスホテルあけぼの(詳細はここをクリック
    ※宿泊の手配は椙山が一括して行いますので各人個別の予約は不要です。
日 時:7月28日(土)PM1:00〜(終了時間未定)
懇親会:7月28日(土)PM7:00頃開始
参加費:例会のみは無料。
    ※懇親会、宿泊希望の方は別途実費をご負担いただきます。
      日程は調整中なので変更の場合もあることをお含みおきください。
連絡先:椙山哲太郎 090-8765-2197まで。
    ※Emailは左欄の「メール送信」をクリックしてください。
    

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 22, 2012

手のひらの上のサッカー史

2012022201 サッカー切手の第一人者、小堀俊一さんからお知らせいただきました。所属されている「ビバ!サッカー研究会」のホームページに「手のひらの上のサッカー史」-サッカー郵便物資料に魅せられて- 第1部 初期のサッカー切手(1924~1945年)を2月より始められました。毎週土曜日に掲載の予定だそうです。ぜひ、ご覧ください。

http://www.vivasoccer.net

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 17, 2012

不要品リサイクルのお願い

2012021701 今週末の2月19日(日)に小倉駅前のアジア太平洋インポートマートにて北九州切手のつどい'12が開催されます。毎年恒例で私も参加します。車で2時間かからない場所なので今年も自家用車で行きますので、不要となった郵趣品があればぜひファンタスティック・スタンプクラブ(FSC)へ寄付していただけませんでしょうか。ADバンなので段ボール箱単位、キロ単位で持ち帰れるからです。
 既にやっておりますように一度集積したものを選別し、レターパックを預けてくださっている方には満杯詰めにして再配布しています。受け取られた方々は各地域の切手展などで参観者プレゼントに供されるなど有意義に活用していただいています。
 また、HYPER Philatelist的視点で面白いアイテムはピックアップしてブログの記事にしたりファンタスティック・オークションに出品しています。
 最も人気がないと言われるエコーはがきですらもトピカルやテーマチク図案に分け、それぞれのコレクターさんの元へ送り届けています。あらかじめ「こういうものを集めている」と伝えてくださっている方が何人もいらっしゃるからです。
 今月末の2月26日(日)にも<切手のつどいin広島>'12が開催されます。こちらも自家用車で参りますので、何卒よろしくお願いいたします。

※写真はサービスカットです(笑) 一昨日イメチェンでビートたけし頭に変えました。いわゆる薄毛隠し・ハゲ隠し(まだはげてませんが)の髪型です。このアタマに免じて(?)不要品リサイクルの件、何卒よろしくお願いいたします。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 14, 2012

フォルムカード第4弾 金子みすゞ(山口県)

2012021301

 2月13日(月)、フォルムカード第4弾の発売日ということで山口県版の「金子みすゞ」を買ってきました。前にも書きましたが、変形郵便物を収集してはいますが理由があってフォルムカードは収集対象にしていません。しかし、彼女はフォルムカードに登場した最初の実在女性だと教わったので、収友に取り次ぎを頼まれたついでに少々余分に買いました。
 宛名書き面を見ましたら図のように「*金子みすゞ著作権保存会承認済。」の一行が入っていました。死後50年を経過しているので著作権は消滅しているのですが、さまざまな理由により同保存会が権利関係を管理していることに自分は賛成です。著作権に関するテーマ収集をされている方はこの1枚は入手しておくべきでしょう。
 なお、第2弾の神奈川県版の袋に江の電の承認済シールが貼られていたことも既にご紹介済です。そちらも参照ください。
http://topofswan.tea-nifty.com/hyper_philatelist_annex/2010/10/2-1483.html

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 12, 2012

台湾のバレンタイン切手

2012021201 台湾の大学生郵趣家君が新切手(バレンタイン切手)の情報を知らせてくれました。タブを間に挟んだ2種横連刷と小型シートで1セット。連刷の方はエンボス加工(浮き出し)にスポット・バーニッシュ(ツヤありニス)印刷で立体的な効果を出していること。小型シートはハート形切手を1種納めていて、台湾初の香り付きインク印刷。製造はフランスのカルトール社製。2月10日に発行されたばかりです。詳しくは下記URLを参照ください。
 日本切手だけの切手収集は今後、収集家人口の減少と高齢化で否応でも廃れて行きます。外国人コレクターとの交流に進んでいかないと収友自体がいなくなります。たかが英語くらいなんだ!的な気合いで読みましょう。

http://www.post.gov.tw/post/internet/u_english/post_news_dtl.jsp?news_no=18169&search_type=16


| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 10, 2012

休戦記念日11.11.11

2012021001

 2011年11月11日、オーストラリアはRemembrance Day 11.11.11と題する特別カバー(Prestige cover)を発行しました。1918年11月11日の第一次世界大戦休戦日を追悼したものです。左が陸軍でA LETTER TO ETTY(エティへの手紙)、右が空軍でYour loveing son clem(あなた方の愛する息子クレムより)の2種で、それぞれ本物の軍事郵便物の書面が再現されて封筒に納められています。
 他にもいろいろ凝っていまして、陸軍はタブ付きPスタンプに赤色の箔押し消印(ホットスタンプ式消印)、空軍はオーストラリア空軍4種のうち2種を貼り金色の箔押し消印です。カシェ部もエンボス加工されています。
 大義名分はそれはそれとして、やはり11.11.11のゾロ目を意識してのことと考えるのが常識的でしょう。2011年は終戦から93年目であって特別な周年に該当するわけではありませんから。ともかく、日本だけではなくこうした外国の例、それもオフィシャルな例を加えるとコレクションに幅が出ますよ。ぜひ、下記オーストラリア郵政オンラインショップでGETしてください。いずれも送料別で各10.95豪州ドル(約918円)です。

http://shop.auspost.com.au/stamps/stamps-issues/remembrance-day-11-11-11

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 08, 2012

4年に一度

2012020802 札幌の湯浅英樹さんから北海道ならではの記念カバー(私製はがき)が届きました。上は札幌オリンピック40周年記念で、開催初日の1972年2月3日からちょうど40年目にあたる2月3日の札幌南支店の風景印が押されています。下は毎年恒例でご恵送いただいているもので第63回さっぽろ雪まつりです。雪まつりのフレーム切手に札幌中央郵便局の2月6日付の小型印(初日印)が押されています。
 湯浅さんは非常に完成度の高いデザインを駆使されるのでカシェも美しいし完成品全体の仕上がりも見事なものです。いずれ湯浅カバー(はがき)の名で後世まで呼び親しまれるものになることと思います。

 感心してばかりではいけません。今年は4年に一度のオリンピック・イヤーなので今月2月には29日があります。平日の水曜日ですから皆さんも何か記念カバーを作ってみませんか?。準備期間はじゅうぶんありますよ。ちょっとググっただけでこんなネタがありました。

(1)東京スカイツリー完成
 2月29日に完成と報道されました。こののち、テナントさんの内装工事や従業員教育などが行われ、来る5月22日にいよいよ開業です。東京スカイツリーを追尾している方、この日ははずせないでしょう。

(2)ニンニク・デー
 ご存知、餃子の王将さんが4年に一度開催されます。当日はニンニクにちなんだ229円割引券を配布されるそうですから、記念カバーのカシェ代わりに貼るとか色々応用できそうですよ。

(3)第38回足摺椿まつり(最終日)
 土佐清水市のお祭りです。この日が最終日です。足摺岬と言えば切手もある、風景印もあると郵趣材料に何らの不足はありませんね。

 それ以外にも「円満離婚の日」だそうです!。それとは逆に英語圏ではLeap dayと呼んで、この日だけは女性からのプロポーズに対して男性が断れない日だそうです。それをカリカチュアにした古い絵はがきもebayでよく売り立てられていますね。
 みなさんそれぞれのお住まいの地域でも調べてみてはいかがでしょうか。ちょっとした記念日だったり博物館、美術館等の初日や最終日、地域イベント予定日だったりしますよ。国内外ツアーの出発日だったら、それこそ行く先々での記念押印のスタート日として楽しいトラベル・カバーが作れます。そこまで凝らなくとも例えば多局印カバーに挑戦するならこういう奇特日に決行するのも一興です。
 もちろん、ついでに1通余分に作ってご恵送いただければ本ブログで発表しますよ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

QRコードが大躍進

2012020801

 2011年は日本生まれのQRコードの切手への採用が世界的にかつ飛躍的に増えた記念すべき年になりました。情報量の多さが評価されたのでしょう、世界じゅうで両手に余るほどの種類が発行されました。委細は今月末発行の郵趣3月号の担当連載記事をご参照ください。
 世界新切手ニューズでは扱わないという連絡を受けましたので、図のオーストラリア・韓国外交関係50年記念切手の特別シートについてご紹介しておきましょう。商品名は"Joint stamp pack with QR code"と言い、特別シート左下耳紙上にQRコードが表示されています。これをスマートフォンで読み取ると韓国の民族音楽の動画が視聴できる仕組みです。パックの表紙にも"Scan the QR code inside to watch the haegeum player"と表記してあります。実際はhttp://auspost.com.au/stampsQRなるURLが現れ、すぐに自動的にジャンプしてhttp://shop.auspost.com.au/stamps/collectors/australia-korea-qrというページに移動します。そこに3分ほどの動画があります。パソコンでも閲覧できますからアクセスしてみてください。
 なお、世界新切手ニューズで扱わないということは郵趣サービス社さんで扱われないことを意味します。やむをえませんので興味のある方はオーストラリア郵政のオンラインショップで直接購入してください(クレジットカードのVISAかMasterCardが必要です)。スタンプパックのお値段は送料別で1組6.45豪州ドル(約536円)です。
http://shop.auspost.com.au/stamps/stamps-issues/australia-korea/sku/1704129

<業務連絡>
 鹿児島のT.Iくんへ。いつものお礼に1セットプレゼントで送っといた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 07, 2012

ご当地フォルムカード第4弾 2月13日発売

 表題の通り、ご当地フォルムカード第4弾が2月10日に図案発表(コクヨのホームページでは既に発表済)、同13日に発売になります。委細はこちらをご参照ください。

http://blog.postacollect.com/article/14251538.html

 わが山口県は金子みすゞさんの肖像です。場所で言うと長門市がゆかりの地です。県内どこでも販売されますからお取次ぎなどはどのようにもお引き受けしますが、自分自身はまったく興味がないので交換には応じません。交換されても持て余してしまいますので。
 また、ゆかりの長門郵便局の風景印を押して欲しい等のことどももできるだけ対応します。日本郵便が郵頼による通信販売を受け付けない以上、我々収集家同士が融通し合うのは当然ですから。さりながら自分の住処は瀬戸内海側で長門市は日本海側と地理的に遠隔地です。仕事のある平日にひょいと行くことができる環境ではありませんので、そのあたりの事情は勘案してください。

 いずれにせよ、まずは電子メールで事前にご一報ください。電子メールが使えない方は、そもそも私に依頼してこないでください。打ち合わせが出来ないのはお互いにとって良い印象を残しませんので。よろしくお願いいたします。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 04, 2012

いいのか、これで?

2012020401 今朝到着したばかりのほやほやです。差出人は書いてありませんが私にはわかります、はい、陽気なお父さんこと山内和彦さんです。いつもありがとうございます。
 報道発表資料によりますと、この2月1日から使用開始した青森黒石郵便局の新しい風景印(変形印)です。ゆるキャラ「つゆヤキソバン」を中心に、「雪だるま」「中野もみじ山」「よされ踊り」「黒石こけし」「温湯温泉郷」等、黒石の観光資源を題材としたキャラクターで統一性を演出したもの。デザインは黒石やきそば応援団ブラスト(代表 宮崎晴二)・・・だそうです。私のサブ収集テーマの温泉も絡んでますね。ここまでくだけた図案は小型印ならともかく風景印ではかなり珍しいです。
 ゆるキャラ好きな方が増えています。郵趣関係も集めようという方はいらっしゃいますか?。今ならまだ最初期アイテムからの追跡が可能でしょう。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 02, 2012

第3回ファンタスティック・オークション(予告)

2012020202 郵趣誌3月号の連載記事原稿を早めに出し終えまして、表題の第3回ファンタスティック・オークションの準備に取りかかっています。今回もHYPER Philatelistならではの着眼点を生かしたラインナップを計画中です。
 東日本大震災から来月で一年になります。原子力発電の問題が毎日のように取り沙汰されている昨今、郵趣界においても我らが大先輩の中にも先達者がいらっしゃいます。東京大学名誉教授で日本原子力学会長などを歴任された切手文化会前会長・名誉会員そして原子力切手会前会長の故三島良績さんです。氏が亡くなられた時、関係者のみに配布されたお亡くなり祈念カバー(通夜)、東大原子力研究所時代のはがき、日本原子力平和利用基金あての実逓カバーを3通まとめて提供します。
 直筆カバー類も数点お出しします。図はふるさと切手の「薩摩焼400年」の初日指定局風景印押し初日カバーに切手発行に尽力された十四代沈寿官氏の直筆サイン入りです。そう、司馬遼太郎の「故郷忘じがたく候」のモデルになった方です。鹿児島・下伊集院局で初日押印処理業務のお手伝いをしていた関係で、局長さん経由でお願いしてサインしていただきました。滅多にサインをされないとかで、しかも作業中だったために釉薬等でありましょうか、手汚れが封筒に付いて逆に意義深いものとなりました。ぜひ鹿児島県に里帰りさせたい一品です。
 かつて私も別冊日本切手名鑑「動植物国宝図案」に数点提供した関係で、監修者の故田辺猛さんに直接お願いしてサインをしていただいた秘蔵本も出します。さらにその掲載品のカバーも1通出します。
 その他、今となっては入手困難になった「新版・切手と印刷」(印刷局朝陽会)も出します。発行当初、大きな話題を呼んだ試作品も欠品なくすべて揃っています。
 さらに、年末年始にもさまざまな寄贈品をいただきました。シエラレオネを中心にした変形切手実逓使用済ロットやフランスを中心とした小ロットなど、見ても楽しいHYPER品を調整中です。今しばらくお待ちください。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« January 2012 | Main | March 2012 »