« 訃報 大石尚子議員 | Main | タイアップぞろ目印 »

January 09, 2012

マリアンヌ切手7種連刷シート(無額面)

2012010901

 新年最初に届いた新切手のひとつです。フランスが2011年11月7日に発行した、マリアンヌ図案普通切手7種を納めた連刷シートです。はがきサイズくらいの適切な大きさで見た目も美しく好感が持てます。
 詳しく説明しましょう。フランスでは大統領が変わるたびに普通切手のデザインが一新されます。ただし、画題はマリアンヌ(自由の女神)と決まっています。今のサルコジ大統領になった時にも図案改正が行われ、デザイナーの名前を取って「ボジャールのマリアンヌ」と呼ばれています。同大統領が就任したのは2007年、翌2008年から発行が始まり、その時に基本料金となる3種は最初から無額面切手でした。それが2011年7月1日からすべての普通切手が無額面切手に切り替わりました。額面数字の入った旧切手と若干デザイン(トリミング)が変えられ、額面数字の代わりに行き先もしくは種別と上限重量のふたつが表示されています。ですので厳密には無額面と言うより郵便種別・等級表示切手と称します。

 無額面にすると郵便料金が値上りした時も新切手を発行する必要がありません。郵便窓口での販売価格を変えるだけで済みます。このことは単に経済的で便利なだけでなく、郵便切手の本質を表しています。額面が表示されているから有価証券だと理解してしまいますし(それもまた間違いではないものの)換金性はなく、その効力とはただ郵便を出す権利を有しているだけだということがよくわかります。
 また、無額面切手を発行できる環境整備も必要です。封筒のサイズが統一され、郵便物の区分などが自動化・省力化された先進国でないとできない制度です。封筒の縦横厚さを計りさらに重さを計って複雑な郵便料金を算出するなんてのは非効率極まりないことで、サイズさえ範囲内なら重量区分は粗くして機械処理した方がはるかに収益性が良いのです。では実際にその種類を見ていきましょう。

1番切手:紫・Monde=全世界宛書状20g以下(€0.89)
2番:薄茶・Lettre Prioritaire=国内書状50g以下(€1.00)
3番:ピンク・同上100g以下(€1.45)
4番:茶・同上250g以下(€2.40)
 ※以上4種はオフセット印刷

5番:赤・Lettre Prioritaire=国内書状20g以下(€0.60)
6番:紺・Europe=ヨーロッパ宛20g以下(€0.77)
7番:空白
8番:灰・Ecopli(エコプリ)=国内低料郵便20g以下(€0.55)
 ※以上3種は凹版印刷。シート地のマリアンヌの横顔と題字も凹版。

 最後のエコプリは会社の請求書など同一規格で大量に差し出される種類の郵便物で、配達に2〜3日遅くなることを了解したうえで値段を安く設定した業務用の制度です。日本では電気料金やクレジットカードの明細書などがそれに相当します。料金別納で大量に差し出す際に割引率が高くなるもので、実質的に類似の制度は日本にもあると考えていいでしょう。ただし、フランスが日本と違うのは、これを一事業者が一通から差し出せる点にあります。
 また、意外と知られていませんが、はがき料金を廃止した国の方が多いです。はがき自体はもちろんありますし郵便で出すこともできますが、はがきだからといって少し割り引きになっている「はがき料金」という料金体系そのものがないのです。フランスもそうなので、上のいずれかの切手を適用します。
 時期的に日本の切手商さんも輸入済で販売を開始している頃だと思います。普通切手でもこれだけ美しいということを実物でぜひ実感してください。

|

« 訃報 大石尚子議員 | Main | タイアップぞろ目印 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference マリアンヌ切手7種連刷シート(無額面):

« 訃報 大石尚子議員 | Main | タイアップぞろ目印 »