« モナ・リザ来日とふたつ目の小型印 | Main | こてこて加刷 »

December 01, 2011

サッカー関連アイテム発見(小型印)

11120105 パインスタンプさんからの寄贈品からこんな小型印も発見してしまいました。図案は関門海峡と第29回国体記念切手を模したイラストで、消印の日付、昭49.10.20は国体切手の発行初日でもあります。ということでサッカー切手コレクターの皆さんにとっては、おそらく「無理に集める必要はないけれど、しかし、悩ましい存在」に写ることでしょう。この年の国体は茨城県が開催地なので、当然ながら同県内の小型印はきちんと収集・記録されているはず。ところがまったく無関係な本州西端の地でこんなものが使われていたことは、やはりノーマークではないだろうかと思いましたのでご報告する次第です。
 この小型印が押された国体切手の初日カバーは作られていたことでしょうが、それが今に伝えられているかどうかはまったく確信が持てません。下関の郵趣会は既に存続しておりません。

|

« モナ・リザ来日とふたつ目の小型印 | Main | こてこて加刷 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference サッカー関連アイテム発見(小型印):

« モナ・リザ来日とふたつ目の小型印 | Main | こてこて加刷 »