« November 2011 | Main | January 2012 »

December 2011

December 29, 2011

どこに点を打つべきか

11122901 左図を見たただけで私の言わんとすることがおわかりいただけるものでしょうか。今から30年も昔、仲間と始めた郵趣同人誌P.O.Box誌上でも何度か取り上げた「玉」の字の点の位置変化についてです。
 上左は玉野局の和文機械印(S44)で3画の横棒の隣に点があります。上右は最も有名な玉島局の和文機械印(S44)で1画のそばに点があります。厳密には5画目の点の位置が違うと、いわゆる「玉」とは違う別の漢字(異字)になるのですが、今日に至るまで、意識的に操作されたものかどうか原因は解明されていません。
 更に下のはがきに押された台湾植民地の玉里(S15)、これも点の位置が微妙ですね。はがきに押されていたので戦前の風景印かなと見越して購入したもののカタログに記載がありません。どうやら駅印の類のようです。この調子なら郵便印に限らず、さらに日本に限らず世界中の漢字圏で同様の書体変化が見られるのではないかと考えます。ここまでくると郵趣の範疇を超えそうですが、まあ、それでも良いのです、話が面白ければ!。

 さて、先日パインスタンプさんから寄贈された雑品BOXからも同様の書体変化ファミリーを発見しました。こんどは国体の「国」の字です。この場合の点は7画目になります。
 昭和49年(1974)の高校総体の各種小型印を押した私製カバーです。福岡局2種、久留米局3種の計5種の小型印すべてが3画目の脇に点がある国の異字です。デザインは違っていても当時の九州郵政局で一括して製作された小型印でしょうから、同一の変化が見られることはむしろ当然の現象だと思います。問題はこの異字で許可したことの根本、つまり「どこまで意識的に操作されたものか」に尽きると思います。この機会に過去のすべての「国」消印をチェックしてみませんか?。予想外の発見があるかもしれませんよ。

11122902_2

11122903_2 上図よりひとまわり小さな洋形7号に5種を押した同じ記念カバーの余部があります。この年末年始にそれらを含めて10点くらいをまとめて新春お楽しみミニオークションでもやろうかなと考えています。委細準備できましたら本ブログ上にアップロードしますのでお楽しみに!。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 27, 2011

インドネシア独立戦争勝利62周年おめでとう

Congratulations. 27 Dec. 1949.
The independence war victory 62nd anniversary in Indonesia.
I pray that the beautiful country have the beautiful future.

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 25, 2011

スティーブ・ジョブス追悼記念シート

11122403

 ハンガリー郵政がスティーブ・ジョブス追悼の記念シートを発行した模様です。同国独特の額面表記のない(つまり切手ではない)記念シールです。現時点では発行日、発行枚数等、詳細は一切不明です。
 シート地にCommemorative Sheetと表記されていますけれども切手ではありません。くれぐれもお間違いのないように。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 24, 2011

変顔でGOGOGOGO!

11122401

 寝屋川の須谷伸宏くんから今朝届きたてのほやほやです。昭和55年5月5日の5555の日記念小型印です。5月5日ということでこどもの日記念も兼ねるコラボレーションの意味もあったことを思い起こさせてくれました。しっかし、ぶさいくな変顔ですね。昭和24年発行のこどもの日切手を再現したものです。元の切手がかなり気持ち悪いのでやむをえない面もありますが。

11122402


| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 23, 2011

お知らせとお願い/FSCメンバーの方へ

11122301

 ファンタスティック・スタンプクラブ(FSC)メンバーの方を中心にお知らせします。できるだけ早いうちにFacebook(フェイスブック、以下FB)のアカウントを取ってください。FBの中に郵趣資料を蓄積していつでも見ることができる、それもモバイルのタブレット端末を使えば出先でいつでも簡単に閲覧できるシステムを構築しました。この人なら信用できると思われる人のみ入室を許可する仕組みにしましたので、一般に公表しづらい資料も極力伏せ字なしで採録しています。これを利用していただくにはFBの個人ページを持つことが前提になります。
 また、同じシステムを使えば、タブレット端末にデータを格納する必要がないので、容量の少ないハードでも膨大なカタログを見ることが可能です。各人で必要なデータベース作りのサポートもいたしますのでぜひ前向きにご検討ください。
 FBのアカウントを取られましたら友達検索で「椙山哲太郎」を探してください。そのうえでメッセージを送っていただければ以降の段階についてご案内いたします。なお、私のFBページは以下の通りです。

https://www.facebook.com/tetsutarosugiyama

※図版は山内和彦さんからご恵送いただきました。大阪市民のみなさんの期待値の高さを伺い知ることができますね。また、大阪市役所内はシャチハタ式ではなく旧来の金属印がまだ残っているというのも驚きですね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 22, 2011

全日本切手展の主催取り止め通知文書

 見ての通りです。特に説明は必要ないと思います。

11122201


| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 18, 2011

リヒテンシュタインの2012年用年賀切手

11121801 2011年11月14日、リヒテンシュタインが世界初のアートレーザー技術を使った中国切り絵風の年賀切手を発行しました。透かし彫りのように見える部分がすべてレーザーによる切り抜き(焼き切り)で加工されたものです。
 レーザーを使った製版は前世紀から実用化されていますし、ホログラム切手もレーザーで作られます。昨年はオーストリアとイスラエルからナチ戦犯追及者サイモン・ビーゼンタールの切手が出ていまして、目打穴と背景のダビデの星を構成する小さな穴がともにレーザー加工です。そしてついに切手デザインの主題をレーザー加工でダイレクトに表現する本格的な切手の登場となりました。

 以下にリヒテンシュタイン郵政のフィラテリック・ブルテンの1ページをアップしておきます。クリックで大きな画像が開きます。ガッツで英文を読みこなしてください。

11121802


| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 11, 2011

夏みかん県ならどうか

 先週、一部のマスコミで話題になっていた「うどん県」ネタです。ちょっと長いですがマスコミ各社の要旨をまとめると以下のようになります。

 2011年10月、香川県三豊市出身の俳優要潤さんが「うどん県」の副知事に就任した。同年12月6日、東京・虎ノ門にある日本郵政グループの郵便事業会社(日本郵便)を訪れ、「うどん県」の宛名で郵便やゆうパックを届けてもらえるよう要望した。要さんは、県が今秋からスタートさせた「うどん県。それだけじゃない香川県」キャンペーンの中で、副知事役を熱演。その後、県に「うどん県の宛名で郵便を届けたい」という声が多く寄せられたため、この日の要望となった。
 “副知事”就任後、初めての対外活動となる要さん。対応した日本郵便の勝野成治常務は「応援したいが、あまりお勧めできない」と渋い返事だったが、7桁の郵便番号を正確に書けば市町村名まで省略できると聞いた要さんは、「きちんと書けば届けていただけるんですね」と粘り、最後は勝野常務から「届くように頑張るが…」との言質を取りつけた。
 要望後、要さんは「手ごわかったが、うまくいった。これからも副知事として古里に貢献したい」と満足げに語った。キャンペーン開始後、県には「うどん県」と宛名書きされた郵便が届いているという。また、「うどん県」の宛名で要副知事への年賀状も受け付けている。(出典:四国新聞社ほか)

 アイデアとしては面白いけれども、日本郵便の立場としてはこれを余裕を持って受け入れることはできないだろうし、極めて日本的なことではありますが、下打合せもなしにいきなり要望されても冗談で応えることもできないでしょう。事前に関係各位の"ちょっとした工夫"があれば良かったですね。

11121101 しかし、郵便番号7桁制度を導入したのは1998年2月2日で既に13年も前のことになります。導入当初から95パーセントを超える非常に高い記載率であり、その現象もまたいかにも日本らしい律儀さだと感心したものです。その当初こそ自動読み取り区分機の設置が一部に限られていましたが、さすがに10年を経た今「住所も今まで通り全部書いて」的なことはもう言い募るべきではないでしょう。そもそも、7桁制度導入時のメリットとして、それさえ書いておけば都道府県・市町村・大字までを省略できますよと強調したのは日本郵便の側です。今ではそのことを忘れている人が多いようですが、実際に「郵便番号7桁+番地数字」だけで届きます。左のように自分宛にもよく使っています。
 ですから、住所ではなく肩書きとして宛名人の付近に「うどん県」等と記するくらいはどうなんですかね?。全国的に誰でもわかるものであれば、実務上でもさほど支障があるとも思えないのですが。ちなみにわが山口県でいくつか考えてみると、こんな感じでしょうか。

○…ほぼ認識されうる
・秋吉台県
・錦帯橋県
・おいでませ県
・長州藩

△…ちょっと微妙
・夏みかん県
・ふく県(ふぐではなく「ふく」)
・ちょるる県
・のんた県

×…んー、無理かな
・オレンジ・ガードレール県
・瓦そば県
・赤屋根瓦県
・幸せます県

 個人的にはやっぱ、長州藩かな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

グエッリーノ・トラモンティ展

11121002 山口県立萩美術館・浦上記念館で始まったグエッリーノ・トラモンティ展を(Guerrino Tramonti)開催初日に見に行ってきました。一昨日の夜、山口市の実家に届け物をした際にTVでちらっと放送していたのをたまたま見まして。このチケットにも登場している猫の絵の、その眼差しと色彩にビビッときました。描かれた陶器やカンバスの背面を通して沸き上がって来たかのような深い色彩が印象的です。その実物をじっくり観察できたのはたいへん良かったです。
 また、描かれたフォルムも単純化され、それが反復して現れる様もまた気に入りました。猫、ピーマン、洋梨、玉子、ボトル、ウェッジ(海藻)、幾何学模様といった、愛着があったのであろうオブジェが記号的に表現されているのは非常に強い好印象を得ました。ただし、焼き物の世界のことはちょいと(どころかまったく)わかりませんが、スケールの大きい芸術家であることはよくわかりました。
 2012年2月12日まで萩で開催された後、西宮市大谷記念美術館(兵庫)、瀬戸市美術館(愛知)と巡回予定です。
 なお、猫の絵は、以前何かの切手で見たような気がしたのですが、改めて探してみると見当たりません。どうやら思い違いのようです。でも、これは切手図案向きの作家さんだと思いましたので図録を買ってきました。本国イタリアに限らず世界のどこかで10年とは言わないうちに切手になる予感がします。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 08, 2011

年間契約制のご案内

ブログ記事の引用に関してインフォメーションいたします。

郵趣会の会報に郵趣雑誌や新聞各社からの記事を転載することは、個人で楽しむ範ちゅうを逸脱していますので明瞭な著作権侵害行為で違法です。それを合法的にクリアすること、日本切手に偏りがちな内容に幅を持たせること、記事不足を解消することなどを目的に、過日、私が郵趣ライターとしてプロ宣言したことに合わせて年間契約制度を始めました。
私のブログ記事について、過去分も含めて自由に記事を引用・転載できる権利を年間3000円で販売しています。コンテンツ数が既に1000を越え、さらに毎年200点ペースで増えていますので、多方面で活用できると思います。さらにFacebookやmixiにも加入していただければ、非公開情報も適宜ご覧いただけるようにしています。
現時点でJPS福山支部さんと成約し、同防府支部さんとも内定しました。JPS関係以外の郵趣会さんや郵趣研究グループなど、いずれの団体でもかまいません。さらに郵趣以外のジャンル、個人誌でもかまいません。
興味のある方は本ブログの左欄にあります「メール送信」をクリックしてメール連絡ください。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 05, 2011

国際柔道連盟60年

11120501

 国際柔道連盟60年記念シール2種セットがハンガリー郵政から届きました。図案は嘉納治五郎先生と柔道の投げ技の2種。ただし、後者は何という技かよくわかりません。小型シートのように見えますが額面が入っていないので切手ではなくシールになります。マイケル・ジャクソンが急逝した時も額面のない小型シート状のシールを発行した前例がありますが、こんなことをしているのはハンガリーだけです。郵趣家の立場からすれば、わざわざ切手にしない理由は何だ?と感じますね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 03, 2011

こてこて加刷

11120301 これを目にした時、こんなにテキトーにやっちゃって問題にならないんだろうかといぶかしく思いました。2006年発行のフィリピン・イギリス外交関係60周年記念切手です。1984年既発行「船」4種のうち1種(p7.20)に記念銘と新額面p26を青色の金属箔押しで加刷しただけの安直なものです。同じ年にフィリピン・日本友好年と題する外交関係50年を祝う立派な記念切手2種と小型シートを発行しており、余計なお世話とは言え、あまりにも差があり過ぎです。
 フィリピンの切手発行ポリシーは柔軟といったものではなく、失礼ながらいい加減な印象が極めて強いです。収集家目当ての外貨稼ぎのための濫発ならば、不健全とは言えども意味はわかります。しかし、今どき加刷なんて手間と経費がかかるばかりでロクにもうかりません。ちゃっちゃと新切手をしつらえた方がはるかに安上がりです。何らかの別の理由があったとしか思えません。
 その目線でフィリピン切手を眺めてみますと、戦後に限ったことですが、安易な加刷対応が目立ちます。その中でも極めつけをご紹介します。ガールスカウト45年記念切手の初日カバーです。

11120302

 順を追ってご説明します。まず最初に「ミュンヘンオリンピック(1972.11.15)」10c切手へ15c改値加刷して「モントリオールオリンピック(1976.7.30)」としました。次に1985年、さらに金インクで加刷および2.40P, 4.20P, 7.20Pに改値して「ガールスカウト45年」記念切手としたものです。13年かけて2回加刷の重ね刷りをした結果、汚らしいだけで何がなんだかわからなくなってしまいました。ここまでぐちゃぐちゃなのは珍しいと思います。切手単体でもファンキーなのに初日印がまた変わっています。表示のど真ん中に「SURCHARGED」と大きく表示しています。翻訳すると「加刷済」という意味で、マニラ中央郵便局ともあろうものが、わざわざこんなことを初日記念印に入れるなんてどういうことでしょうね。
 私は面白いと思うのですが、やはり世間一般では見向きもされないのでしょう、処分値で叩き売りされていたので残りの在庫4通をまとめ買いしました。フィリピンのお国柄と気候ゆえにカバーの状態に差があるのを承知された上でのことでしたらおすそ分けします(状態の良い方から500〜350円くらいになります)。

 なお、郵趣用語では昔も今も「加刷」と言いますが、既発行券種に文字通り加刷することは確実に減ってきています。少なくとも日本では台切手から全部刷り直しています。昆虫シリーズのオーダーキャンセル(面白切手帳・1989)、戦後50年メモリアル第5集・手塚治虫のオーダーキャンセル(戦後50年メモリアルアルバム・1998)ともそうです。本当に加刷していると思っている人が少なからずいますのであえて記しておきます。それもベテランの域にある方に多いので。
 今はロール状の切手用紙に印刷、目打を施して断裁する輪転印刷機が主流です。一方、あらかじめ規格のサイズに断裁された紙に1枚ずつ印刷するのは枚葉印刷機と言います。一般のコピー機などがそうで、数百万枚以上の大量印刷には向かないのはおわかりでしょう。製造済の切手シートはソリがあって位置合わせしづらく、目打穴も穿孔済で機械にひっかかる危険が大きいです。先進国のわが国が、そんな厄介な媒体相手に1枚ずつ加刷するなんて非能率なことをするわけがありません。それ以前に枚葉機はとっくの昔に廃棄されて切手印刷所にはありません。もちろん、いったん配給したものを回収して別の用途に転用する経理的な問題が一番の問題です。こんなことが会計検査に通るわけがありません。
 昔ながらの本当の加刷をやっているのは、製造量が50〜100万枚以下の少量で済む規模の小さな国、枚葉印刷機を使っている国、作業する職員・職人の人件費が安い国だけです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 01, 2011

サッカー関連アイテム発見(小型印)

11120105 パインスタンプさんからの寄贈品からこんな小型印も発見してしまいました。図案は関門海峡と第29回国体記念切手を模したイラストで、消印の日付、昭49.10.20は国体切手の発行初日でもあります。ということでサッカー切手コレクターの皆さんにとっては、おそらく「無理に集める必要はないけれど、しかし、悩ましい存在」に写ることでしょう。この年の国体は茨城県が開催地なので、当然ながら同県内の小型印はきちんと収集・記録されているはず。ところがまったく無関係な本州西端の地でこんなものが使われていたことは、やはりノーマークではないだろうかと思いましたのでご報告する次第です。
 この小型印が押された国体切手の初日カバーは作られていたことでしょうが、それが今に伝えられているかどうかはまったく確信が持てません。下関の郵趣会は既に存続しておりません。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

モナ・リザ来日とふたつ目の小型印

11120101

 今から37年前の1974年(昭49)、名画「モナ・リザ」が初めて来日しました。これを記念した切手展も行われ、上のように一般公開前日の4月19日付の小型印が押された記念カバーが作られました。製作したのは日仏郵趣協会(実際はごく普通のディーラーさん)で、カシェ写真は平岩道夫、解説文は石塚義一という一時代を象徴する豪華な面々です。このカバーは、しばらく後の1976年(昭51)に、縁あって石塚氏から直接頂戴したものです。高校一年生の時の思い出です。
 この小型印は相当数が押印されたはずですが、年月の経過と言うのはシビアなもので、今となっては探しても容易には見つかりません。昨日アップした印影が自分では2例目、知人の発見例も他に1例あるのみです。モナ・リザはトピカル収集テーマとして外国の人気の方が高く、求める人の需要にまったく供給できていません。小型印における人気筋の稀少印影の典型例だと言えます。

11120102

 この時に日本では記念切手は発行されていません。今の感覚では正刷切手で発行しても良いくらいのイベントだと思われるのですが、発行したのは案の定と言いましょうか、外国の方でした。いちばんマトモなのが図版左端のハンガリーです。発行枚数がわずか78万枚しかなく、社会主義体制時代の同国にしては今もお高い切手です。ただし、タブにハンガリー語で「モナリザ・アジア訪問」と表示されているのみなので、ただの名画切手と誤解されやすいです。本券は展覧会会場の東京国立博物館でもハンガリー国内と同時発売されたとの記録が残されていますので、関連の郵趣記念品が何か作られていないだろうかとずっと注意しています。
 図版中と右は収集家目当てのパチもん切手発行国のひとつとして有名な赤道ギニアの記念切手(小型シート)です。皮肉にもこちらのいかがわしい切手の方には「TOKIO 1974」とはっきり明示されています。(注:図版の大きさ比は調整してあります)

11120103 モナ・リザ展と時を同じくして4月25日から30日の間、札幌丸井で美術切手展が開催されました。切手関係催事に熱心だった当時の北海道放送(HBC)が主催、北海道郵政局が後援という万全の体制でした。
 この時に記念絵はがき(私製)が作られ、その一般用(左)と贈呈用(右)のタトウの表裏をお見せいたします。一般用は、昨日も記しましたパインスタンプさん寄贈の雑品から出てきたものです。貴重なはずの贈呈用の方を先に、それも外国のオークションに出ていたのを落札&逆輸入しました。外国でのモナ・リザ人気を物語るかのような一端です。
 タトウの裏面は記念スタンプ欄になっています。掘り出した一般用の方のみに記念押印が行われていて、ここに日本で2つ目のモナ・リザ図案小型印があります。図案のできばえはお世辞にも上手いとは言えず、首が長く伸びた異様なプロポーションでどちらかと言うと気持ち悪い。両手の指の描き方もぞんざいでまるで農婦のよう。左肩にかけたストールに至ってはもともとないものを書き加えたものです。こんないい加減な図案が認可されたことは大いに疑問ですが、それでもなお看過できないトピックがあります。それは小型印には非常に珍しい記念銘の2行表示がなされているからであります。下に拡大図を掲げます。「モナリザ/日本公開記念」が2行になっているのがおわかりでしょう。少なくとも自分はまったくの初見です。
 なお、ついでに記しますと、タトウ表紙の「マキシム・カード」なる用語も間違いです。正しくは「マキシマム・カード」です。

11120104


| | Comments (0) | TrackBack (0)

« November 2011 | Main | January 2012 »