« 金属製切手の根本を問う化学切手展 | Main | 420円ノハナショウブ切手のコート紙出現 »

November 09, 2011

国立科学博物館のポストカードは良い!

11110801

 化学切手展のあとにミュージアムショップにも立ち寄ったんですが、これがもう素晴らしく良かった!。おっさんも瞬時に少年に戻るとはまさにこのこと。中でもポストカードのラインナップが充実していたので特にご紹介します。マキシマムカード作りを趣味とされていらっしゃる方なら、一度は覗いてチェックしておかれるべきです。これらの他にも恐竜・化石関係もどっさりで、いずれも1枚100円でした。さすが国立科学博物館!。

(左上から)
・伴りょ動物としての犬:
 甲斐犬(左)、カラフト犬ジロ(右)、秋田犬ハチ(前中央)のはく製。
・ラムダロケット用ランチャ:
 1970(昭45)年、日本初の人工衛星「おおすみ」打ち上げに使用。
・銅人:
 江戸時代に作られた、鍼灸の学習のための経路人形。
・シロナガスクジラ
・零式艦上戦闘機(零戦)

 それ以外では一部のコアなマニアに人気だという化石チョコレートなども普通に販売していました。私の知らない世界のことだらけ。ぜひご自分の目で確かめてください。JR上野駅の公園口より徒歩5分です。


|

« 金属製切手の根本を問う化学切手展 | Main | 420円ノハナショウブ切手のコート紙出現 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46050/53197934

Listed below are links to weblogs that reference 国立科学博物館のポストカードは良い!:

« 金属製切手の根本を問う化学切手展 | Main | 420円ノハナショウブ切手のコート紙出現 »