« 思わず手が止まる | Main | 才能がないとはこういうことだ »

November 27, 2011

ベトナムのインフレ切手

11112701

 ベトナムから届いた書留郵便物の料金が文字通り桁外れでした。表面だけでは料金が足らず、裏面にメータースタンプ(フラマ)を加貼し、その合計は43,500ドン。ただし、日本円に換算するとわずか160円にしかなりません。1円が約272ドンにもなるインフレです。
 ギリシャ危機だのなんのとニュースを賑わせている世界の金融問題。茶の間にはほとんど伝わっていないことながらベトナムのインフレ切手は1990年代初頭から発行され続けています。ゼロの数は増える一方で右側ペアの竹細工切手は1枚だけでなんと14,500ドンです。このまま桁が増え続けて行くのか、突如デノミが実施されるか、インフレ切手のコレクターさんたちはベトナムにもご注意ください。
 なお、余談ですが消印の局名表示がSAIGON(サイゴン)になっています。ベトナム解放戦争後にホーチミン市に改称されたもののいまだに市民が旧市名も使っており、かつまた共産党政権もとりたてて禁止もしていないとは聞いていましたが。サイゴンの方が西欧っぽい語感イメージがあるとのことですが、まさか郵便用日付印に残っていたとはね。
(消印データはSAIGON 2011年11月18日)

|

« 思わず手が止まる | Main | 才能がないとはこういうことだ »