« スタンプショウかごしま2011 | Main | チェコスロバキア最初のジャポニカ切手 »

October 08, 2011

官白

11100801 官白(かんぱく)という郵趣用語があります。スタマガネットの切手用語ミニ辞典にも「官製はがきの料額印面に、あて名などを書かないで、消印を記念押印したもの。 特に風景印や小型印の収集に使われることが多い。」とあります。図1(fig.1)がまさにそれで、風景印・小型印収集のフォーマットとして長く親しまれてきたスタイルです。
 図2(fig.2)は戦前に活躍した有名な切手商、林勇スタンプ商会の領収通知はがきです。日付は昭和8年(1933)10月31日。その通信文に「記念官白代金御入帳くださいまして云々」とあります。これで官白という用語も郵趣品もこの当時から存在していたことがわかります。日本では明治時代から絵はがき収集が盛んで、私製はがきに切手を貼っての記念押印も明治27年(1894)頃から行われていました。ですから官白の起源もまだまだ遡れると思います。ささいなことかもしれませんが、日本郵趣史上の証拠品のひとつとして、こういった切手商発受の郵便物類も大切にしたいと考えています。
 なぜなら日本郵政が民営化された今、官白という呼称は厳密には現状にそぐわないものになってしまったからです。官白に取って代わる新しい郵趣用語はまだ誕生していません。

The origin and the future of Japanese philatelic term "官白"(kan-paku)
   There is a philatelic term "官白"(kan-paku) in Japan. A postmark is stamped on a government-printed official postcard for memory. The address is not written, because It does not to use as mail. It is often used for the collection of scenery and special small postmarks.(fig.1)
   Fig.2 is the famous stamp dealer's receipt notice postcard. It is "Hayashi-Isamu postage stamp company". The company was a stamp dealer on behalf of prewar Japan. A date is October 31 showa 8 (1933). A term "kan-paku" has been already used in a sentence at that time. This is a important evidence of the history of Japanese philately.
   Picture postcard collection was prosperous in Japan from the Meiji era (about maiji 27 (1894)). Many people collected commemorative postcard. Therefore I think that I can date back to the origin of kan-paku still more too.
   There is an important reason with this term as a problem. "kan" have a meaning of "Governmental-manufactured". However, the Japan Mail is not a government undertaking because it was privatized now. Therefore, the term of kan-paku does not match practically. The appropriate new philatelic term is not yet. It is a reason to record here.【Tetsutaro Sugiyama】

11100802

|

« スタンプショウかごしま2011 | Main | チェコスロバキア最初のジャポニカ切手 »