« ブログ記事の転載、書き下ろしなどをスタートします | Main | マイケル・ジャクソンの切手について »

July 06, 2011

ぜんぶで33角形

11070601

 アイスランドがこんなにかっこいい小型シートを発行しました。複雑に反復される構造体の美。視覚的ハーモニーがぐっときます。同国内50gまでの無額面切手を5枚納めるHARPA-レイキャビク・コンサート・ホール・アンド・カンファレンス・センター完成記念のセルフ糊式小型シートです。施設のオープンに合わせて2011年5月4日に発行されました。
11070602 とは言うものの、どこからどこまでが切手なんだかよくわかりません。切手ではない、いわゆるマージン部を剥ぎ取ったのが左です。切手部分はいずれも隣接していてわかりにくいので少しずつ間を空けました。5種それぞれが地模様に合わせた複雑な多角形をしています。図の数字が角数で、その合計は33角形にもなります。また、シート地の右上角部分にもダイカットのスリットが入っています。ここには額面も郵便等級表示なども一切ありません。ただの「シート地」です。どうしてここだけ?。ダイカットの刃の位置を合わせるためなのでしょうか?。今のところは詳細不明です。
 気に入ったので公式FDCも多めに入手しました。余部を7月24日の「筑後地方切手のつどい'11」でおすそわけ販売しますのでお楽しみに(売価は500円の予定)。また、いつものようにファンタスティック・スタンプクラブ(FSC)メンバーでご希望の方には先に分譲します。ご一報ください。
11070603

|

« ブログ記事の転載、書き下ろしなどをスタートします | Main | マイケル・ジャクソンの切手について »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ぜんぶで33角形:

« ブログ記事の転載、書き下ろしなどをスタートします | Main | マイケル・ジャクソンの切手について »