« 有史以前の野生動物 | Main | 追悼・岡田敬造さん »

June 18, 2011

おもしろ&変り種切手のセール

11061801

 来る2011年7月24日(日)開催の、筑後地方切手のつどい'11に今年も参加します(詳細はここ)。そこでは10年ぶり位にはなるでしょう、テーブルバザールにも出店します(参加申込中)。
 40代は仕事が忙しくて収集品の整理と郵趣データベースの構築が精一杯で、余剰品を整理・処分する余裕がありませんでした。今年ファンタスティック・スタンプクラブ(FSC)も立ち上げて環境も整いましたので、おもしろ&変り種切手を実際にセールすることにも本腰を入れることにしました。忙しい時はFSC例会予定月であっても、この5月のように開催できないこともありえますし、それを補完する意味でもあります。もちろん、本業のディーラーさんのお邪魔をしない程度に(笑)。こんな郵趣ブログをやっている位なので、セール品は硬軟取り混ぜての外国切手主体+ひねりモノになります。
 硬い方では上図が好例です。切手発行150年を記念して1989年にイギリスが発行した永久保証・郵便等級表示切手の切手帳完セットです。1stがペニー・ブラックの黒、2ndがペンス・ブルーの青で印刷されていまして、それぞれ4面ペーンと10面ペーンの切手帳がありますので計4種になります。同国初の永久保証切手でもあります。発行当時とほぼ同じ頒価3,000円で考えています。
 軟らかい方では下図の知る人ぞ知るおもしろ切手のひとつ、1985年にボツワナが発行した伝統料理の公式FDCです。右端の50t切手こそ"イモムシを食べる人、しかも生で"です。日本でも一部の地方で昆虫食が伝えられている通り,貴重なタンパク源であることは明らかですけれど,食文化をここまではっきり示したデザインも珍しいです。ただの気持ち悪い系には納まらない変り種切手です。それも発行当時でさえ公式FDCまでは輸入されていなかったと思います。縁あって複数通まとめて入手しましたので頒価500円で考えています。
 その他,南満州鉄道株式会社製の路線図入り絵封筒、刺繍切手,銀板切手、日本のおもしろ消印など、いろいろガチャガチャ混ぜた品揃えをします。その方が掘り出しっぽくて楽しいでしょ(笑)。

11061802

 なお、既にFSC会員申請をいただいた方には優先的に配慮します。往復送料は負担していただきますが、レターパック350もしくは500利用で、セール品を先にアプルーバル式でお送りします。ある程度の量の値付けが済む今月末頃には発送体制が整う予定です。ご希望のFSC会員さんは、おおよその希望ジャンルを記してメール連絡くだされば逐次発送します。

【重要な告知】
 古くからの収友が2人も被害にあったので念のために記しておきます。その2人はともに公務員郵趣家さんで,あくまでも趣味・常識の範囲内で切手の重品を売ったり研究書を発行したりしていました。にもかかわらず「公務員が副業をしていいのか」と無記名投書した大ばか野郎がいました。誰かはわかっていますし、大阪に行くことがあったらいつかぶちのめしてやろうと本気で考えているのですが,そのおばか愉快犯のために彼らは文献すら発行できないという郵趣研究上も極めて重篤な足止めを強いられています。そう、今もです。
 幸いなことに自分は公務員ではありませんし,もともと専業ディーラーになる意志も持ってはいませんが,やはり社会通念上副業もしくはそれと混同される行為は慎むべきです。しかし、切手収集には知識・情報と物品の両方の流通が必要不可欠ですから後者のみを手控えるのはむしろ不自然で不健全だと痛感しています。それが自分も今年で満50歳になり,勤務先との交渉の結果,ワーキングスタイルの変更を正式に認めてもらうことに成功しました。余暇に副業をしても良いとのお墨付きを得ることができたのです。ですから、大阪のおばかチクリ屋さんが何をしようとも私にはまったく問題ありません。おばかさんのためにもあえて公表しておきます。
 真面目な話,工業デザイナーそして実製作を行う熟練工としてもあと10〜15年先には否が応でもリタイアしなければなりません。その時になって慌てても間に合いません。終生の生活の質を高い次元で維持するには、意識を高く持って自ら仕事中心のライフスタイルから変えていかなくてはと考えます。郵趣に関しても自分のための収集から普及活動へシフトしよう、そのためのFSCであり、セール活動の本格化であると、すべてはひとつのコンセプトでつながっています。
 セール活動を強化し、その資金でFSC会員さんには金銭的負担が一切ないように、つまり誰でもタダで参加できるようにし、それでもなお足りない時は一部の有志による寄付をお願いしようと思っています(実はそのための銀行口座も既に開設しています)。いずれ委細を公表する時期が来ると思います。ぜひFSCの活動にご支援をお願いいたします。

|

« 有史以前の野生動物 | Main | 追悼・岡田敬造さん »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference おもしろ&変り種切手のセール:

« 有史以前の野生動物 | Main | 追悼・岡田敬造さん »