« 日本のスポーツ100年記念切手のそっくりさん | Main | 朝鮮郵便史 »

May 28, 2011

AIDSとの戦い30年

11052801

 来る2011年6月3日,国連郵政部は"30 Years of a world living with AIDS"と題するミニシートを発行します。レッドリボンの形をした変形切手を4枚収めたスタイルで、44c・ニューヨーク本部用5万シート,F.s.1.30・ジュネーブ事務局用5.5万シート,€0.70・ウィーン事務局用6.5万シートが発行されます。リボンにはそれぞれ標語が入っており,例えばニューヨーク本部用には英語で"PROTECT YOURSELF"と白抜き文字で表示されています。シンプルながら訴求力のあるデザインだと思います。なお、ちょっと意外な気がしますがセルフ糊式の国連切手はこれが初だとのことです。

 ちなみに世界最初のエイズ撲滅キャンペーン切手は、公式初確認の1981年の7年後、1988年9月19日にサンマリノが発行した「今日の課題─エイズ」の4種です。もちろん通貨単位もユーロ導入前のイタリアリラです。デザインがいまひとつわかりにくいのでこの機会にご紹介しておきましょう。
・250リラ「根源」
 悪の根元とそこから生え伸びる「生」の象徴としての大樹。
・350リラ「目標」
 エイズの根絶を象徴するひび割れたAIDSの文字。
・650リラ「病原菌」
 解明すべきウイルスを解かなくてはならないロープの結び目に象徴。
・1000リラ「情報」
 病気の蔓延を防ぐための有効な手段。

11052802_2

<余談>
 エイズ撲滅のシンボルであるレッドリボンは既に数多くの切手に登場しています。図のようにいわゆる「右前」が正規ですが、一部の切手で左前に間違えているものが実在します。ぜひ気をつけて探してみてください。

|

« 日本のスポーツ100年記念切手のそっくりさん | Main | 朝鮮郵便史 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference AIDSとの戦い30年:

« 日本のスポーツ100年記念切手のそっくりさん | Main | 朝鮮郵便史 »