« ロイヤル・ウエディング2011 | Main | 反捕鯨メッセージはがき »

May 03, 2011

スタンプショウ'11

11050301

 スタンプショウ'11参観時には各方面の方々とお目にかかれてたいへん幸いでした。個人的な仲間と呑んだくれた話はmixiにでも書くこととして、ブログでは主たるふたつの催事について御礼かたがたご報告とします。

<ファンタスティック・スタンプクラブ(FSC)第2回例会>
 郵趣誌の連載記事でも特に反響が寄せられることがないものですから、はたして何人集まってくださることかと内心危ぶんでいました。しかし、ありがたいことにそれはまったくの杞憂に過ぎませんで12名もの方にお集りいただきました(私を除く)。実行委員をやっていなかったら参加していたよ、との声もあり,夏の国際展での集まりも現実問題として考慮する意を強くしました。
 代表的なメンバー発表を記します。第1回例会にも参加してくださった吉田敬さんから、オンライン世界切手カタログのstampedia(スタンペディア)が、スタンプショウに合わせるかのように日本語バージョンが加わったことが発表されました。右リンク欄から是非アクセスしてください。また、4月20日にオールカラー誌「Philatelic Journal」を刊行され、その実物も披露していただきました。同誌はネット上でも販売していますのでこちらから是非どうぞ。さらにiPadにスコットカタログ全6巻のpdfデータが入ってなお容量に余裕があること,実際のスキャンはどうするのか、著作権の制約等についてもiPadを実際に使って解説していただきました。
 かわいい切手同好会の市川敏之さんは東欧諸国のグッド・デザイン切手の数々を持参してくださいました。
 都市交通の研究をされている榎沢祐一さんはアルゼンチンが2009年に発行した「環境保護」横長シートを持参され,全員の前でスクラッチを削るパフォーマンスを披露していただきました。
 切手のグラフィックスについて個人的にリスペクトしていた小林卓夫さんもお運びいただき,デザイン上の視覚トリックについて拡大コピーを示してわかりやすく解説していただきました。
 要旨をかいつまんで記しただけでも従来の郵趣カテゴリーでひと括りにできないジャンルのメンバーであることがわかりますね。今後の例会でも各自ひとつでいいですから収集品等をご披露いただきますと会が盛り上がります。
 もちろん私もファンタスティックなお話をさせていただきました。写真の裏焼きや図案ミスといった歓迎すべからざるパチもん発行国の数々,それを非難するのではなく逆にその怪しげな様をそれとして楽しむこと。また、プライバシーの問題があって切手展作品としては公開できない囚人発受の検閲郵便物こと「監獄郵趣」の実際の運用例をご披露しました。

<初級者オリエンテーション>
 数日前にいきなり依頼された「アルバムリーフの見方」についてのお話。FSC例会終了30分後の慌ただしいスタートでした。老若男女を問わず10名ほどの生徒さんが集まりまして、リーフ形式が誕生するまでの展覧会スタイルのこと,1フレーム12枚から16枚への変遷,市販リーフのみならず自作リーフのことなど、およそ考えられる事柄はすべて説明しました。そのうえ、大沢秀雄さんご自身が出品作品について解説してくださったのはたいへんありがたかったです。改めて御礼申し上げます。
 なお、リーフの鑑賞については、向かって左上から並んでいるというリーフ展示の基本ルールをご存じない方がやはりいらっしゃいました。出品目録に図入りで説明が入っていますが(というより目録に初めて入れたのは私です)一般の方の参観が多いスタンプショウなどでは、リーフ作品の切れ目にでもその説明を紙貼り掲示しておくべきではないかと感じました。
 おかげさまで参加者も主催するJPS本部でも喜んでもらえました。いざとなったら当日でも引き受けますからいつでもどうぞ。

<私の考える郵趣の楽しみ>
 面白さの根本にあるのは「多様な解釈」です。カタログに載っていることはその切手の持つ一断面ではあっても、それがすべてではないこと。収集家側のさまざまな視点によってテイストも変化することを繰り返し伝えていきたいと思います。郵趣は「ねばならない」ではなく「このほうがより面白い」ということです。
 冒頭の図はそれを体現している切手です。2001年にポーランドが発行した「ワルシャワフィルハーモニー管弦楽団100年」で、フルシートだとテート・ベッシュ構成になっている様子がわかります。これに長丸目打が採用されている関係で、単片でも目打位置が高いか低いかで2種に区別できます。それも同数存在するのではなく、低:高=3:2になることもわかります。
 単片ではそこまではわかりません。これを面白い、知りたい、集めてみたいと思う感性を大切にしたいと考えます。

11050302

|

« ロイヤル・ウエディング2011 | Main | 反捕鯨メッセージはがき »

Comments

山北さん ぜひお運びください。大歓迎です!。

Posted by: すぎやま | May 07, 2011 at 12:01 AM

ファンタスティックスタンプクラブ例会にはすごいメンバーが集まりましたね。私も参加したかったのですが当日は仕事で行けませんでした。次回参加したいと思います。

Posted by: 山北雅仁 | May 06, 2011 at 10:20 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46050/51567000

Listed below are links to weblogs that reference スタンプショウ'11:

« ロイヤル・ウエディング2011 | Main | 反捕鯨メッセージはがき »