« ファンタスティック・スタンプクラブ第2回例会のお知らせ | Main | 毎年恒例のお知らせとお願い »

February 27, 2011

世界で2番目のくじ付き切手

11022701

 日本最初のくじ付き切手は平成2年用年賀62円切手「飾り馬」です。日本最初にしてすなわち世界最初のくじ付き切手と覚えておられる方も多いと思いますが,残念ながら世界では2番目になります。世界初アイテムについては文末にお示しするとして,ここでは飾り馬についてるるお話したいと思います。
 本券が発行されたのはバブル真っ盛りの頃でした。平成元年こと1989年当時,自分もまだ現行党でいましたのでこの辺まではせっせと消印を押したりカバーを作ったりしていました。縦長でちょうど良いので、今は郵趣界から引退してしまったHくんに頼んで中国地方の平成元年年号彫刻ローラー印を集印してもらったりしたのでスタンダード以上のコレクションが今も手許にあります。
 それが今日の夕方,風邪で寝ている時に郵便屋さんが配達に来ました。送り主は電報研究などで名の知られたイタバシくんではありませんか。相変わらず彼はタイミングの悪い時に狙ったかのように妙なものを送りつけてきます。この時点で彼の結婚のご祝儀を半分に減らそうかと思いました。
 がしかし、開けてみると飾り馬関連の紙系資料がどっちゃり!。この時のお年玉付き年賀はがき抽選会は横浜市市民文化会館・関内ホールで催されました。何と言う幸運でしょうか,横浜と言えば自他ともに認める偉大な「紙くずコレクター」関口文雄さんの地元です。関口さんはこの時の抽選会に応募して見事に当選。その招待状,抽選会プログラム,記念に配布されたふみカード入りタトウ,さらに座席指定券まで完璧にコレクションされていました。これらはすべて、当時,関口さんが発行されていた個人郵趣誌に掲載されていたようにも記憶しています。
 それが目利きのイタバシくんによってセレクトされ,たぶんスギヤマなら喜ぶだろうと踏んで回してくれたものでありましょう。

11022702_2

 関口さんは謙遜の意味もあって自らを「紙くずコレクター」とおっしゃっていましたが、切手収集家はともすれば切手にしか注意が行き届かない欠点があります。しかし、コレクションに厚みを持たせるには、このような周辺資料も必要不可欠なものです。その時はタダで拾えたものが、後年に至るとお金を払おうとしてもモノ自体がないという事例は非常に多いのです。
 あらゆる「初物(はつもの)」も集めている私にとって,日本初にして世界で2番目の関連資料は風邪も忘れるほどの効果がありました。
 4月に年金生活者の多い会での講演を依頼されています。郵趣は歳をとっても長く楽しめる健全な趣味ですから,たとえ現金収入が限られる年齢になっても、これら「タダで手に入る紙系」も収集対象にすれば、現役時代以上に豊かなコレクションを楽しむことができます。ちょうど良い機会なので,自分がやっているその他の「タダの紙系」収集をテーマにしようと今決めました(笑)。

11022703_2

 最後に世界最初のくじ付き切手を示します。ノルウェーが1964年に発行したTemporary Inland Postage Stampがそれです。厳密にはくじに切手の機能を付与したものなので「切手付きくじ」と表現するのが正当かもしれません。しかし、それは卵が先かニワトリが先か的な話ですから、そこにこだわってもあまり意味があるとは思えません。ノルウェーに敬意を表し、これを世界最初のくじ付き切手として認めたいと思います。
 図は,ドイツ、オーストリア関係に強いディーラーのSさんに特にお願いしてヨーロッパで探して頂きました。台のはがきもまさにファンド(財団)のものであり、もっとも望ましい使用例と言えます。今となってははがきの方が珍しいかもしれませんね。
 以下に,英文の説明を転記しておきます。入手したい方はがんばって読み解いてください(簡単な英文ですよ)。

The stamp was on sale 1/6 to 15/7 1964. Valid for postage 6/6 to 10/8 1964. The stamp was issued as a lottery ticket which was sold for Kr 2.50 in aid of the Norwegian Refugee Fund in Oslo. The lottery tickets were printed in two series, numbered A and B. At the same time the lottery ticket was valid for franking an inland letter weighing up to 20 grams.

(追伸)イタバシくんの結婚のご祝儀は倍にします。乞うご期待!。

|

« ファンタスティック・スタンプクラブ第2回例会のお知らせ | Main | 毎年恒例のお知らせとお願い »

Comments

荒牧です。(FSC例会ではお世話になりました。)
世界最初のくじ付き切手のカバーは渋いですね。私は未使用切手と注文消カバーしか持っていないので、うらやましい限りです。

Posted by: 荒牧 | March 01, 2011 at 12:42 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46050/50988580

Listed below are links to weblogs that reference 世界で2番目のくじ付き切手:

« ファンタスティック・スタンプクラブ第2回例会のお知らせ | Main | 毎年恒例のお知らせとお願い »