« July 2010 | Main | September 2010 »

August 2010

August 30, 2010

事情のある国の切手ほど面白い

100830_01

 著者にはまだ伝えていないことがある。実は、内藤本はすべて読むことにしている。

 「事情のある国の切手ほど面白い」が届いたとき、まずその帯に書かれたコピーに目が行った。「南野陽子の切手を外国が発行する理由」とある。今までの内藤本にはなかったキャッチーな文言である。そもそもメディアファクトリー新書は"驚きと感動のエンタテインメント新書"だそうだが、なるほど、これはエンタテイメントを楽しむ視点で読むものだなと姿勢を正した。
 実際、ごく平均的な良識ある社会人であって、新聞やニュースなどを普通に読み聞きさえしていれば別に参考書も不要で読み進むことができる。ああ、あの報道はこんな風に切手上に現れていたのかといちいち納得できる。正直、今世紀に入ってからの話題がこれほどふんだんに取り上げられているとは思わなかった。ハイチ大地震、リーマンショックとドバイショック、ギリシャの経済破綻、カダフィ大佐の"転向"、ムガベの無能によるジンバブエの国家自滅、チベット問題、台湾問題そして日本の北方領土と竹島というふたつの領土問題にまで及ぶ。ここでは切手が発行されるごとにリアルタイムに読み解く面白さがあり、それをエンタテイメントと称しても構わないだろう。またそれは書き手にとってはけっこうな体力を要するものであることも私にはわかる、身に染みてわかる。
 個人的な期待と志向から言うと、第5章の「外貨をぼったくる国」が最もエキサイティングであった。紙数の関係でかなり制約を受けたそうだが、長年タブー視されてきた切手代理発行エージェントについてここまで踏み込んだ一般書はなかったように思う。関係者が存命中であることを考慮すれば、某ユダヤ商人のアイデアが切手に関するひとつのビジネス・モデルになったことが明記されただけでも多方面に良い影響を及ぼすだろう。
 それは、いんちき切手の代表格とも言えるSTATE OF OMAN表示のラベル切手がなぜ長い間発行され続けたのか、そしてその実逓カバーがごく初期にしかないのはなぜか。イエメン王党派のラベル切手もまたいかにして実際に使われたか。アラブ土侯国が宗教上最大のタブーとも言える女性の裸を描くヌード絵画を切手にして問題はなかったのか。今でも考証不足のおかしなジャポニカ図案の外国切手が散見されるのに、なぜ大阪万博関係に限っては妙に正確な図案が多いのかなど、ふだんは何気なく見過ごしている事柄もいつの日か、かの著者によって解明される日が来るだろう。そう考えただけで胸躍る私だからこそHYPER Philatelistと自称しているし、だからこそ内藤本はすべて読むことにしているのである。

事情のある国の切手ほど面白い(←アマゾンへ)

|

August 27, 2010

たまにはこういうこともある

100827_01

 ebayでたまたま見つけた花シリーズ第5集・ぼたんの実逓FDC(NCC版)です。小さな図版でしたが特徴ある櫛入り印影がはっきり見えたのですぐにピンときました。有名なD欄櫛入りエラー欧文印です。局名はHIROSHIMANAKA(広島中)です。着印はないもののウルグアイ宛というのもいいです。どなたも気付かれなかったのでしょう、無入札・最低値で入手できました。たまにはこういうラッキーなこともないとね。
 実物を点検していましたら間紙もちゃんと入っていました。ところが発行日が手書きで修正されていました。印刷は「20日」、修正は「25日」。もちろん正しくは後者の25日です。FDCの間紙にはテクニカル・データが記されるため、絶対に誤字脱字がないように校正が徹底されます。ましてやJPSのNCC版ですから、このようなケアレスミスは初見です。意外とレアなお宝かも???。同様品をお持ちの方は、ぜひ間紙を確認されてください。
 さらにまた、差出人名を見ますと"Tohru Hara"とあります。広島県の庚午(今の広島市西区)のハラさんと言うと、広島県にお住まいでどなたかご存知の方はいらっしゃいませんか?。私が思い当たる節と言えば「切手が語る戦争と平和」の著者・原亨さんなのですが・・・ひょっとするとトリプルでお宝なアイテムかも!?。

100827_02
(↑消印および間紙の訂正部分の拡大図)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 25, 2010

エイヤフィヤトラヨークトル火山噴火

100825_01

 今年2010年3月20日から約2ヶ月間にわたって噴火を繰り返し、その火山灰がヨーロッパ各国の空港を一時閉鎖に追い込んだ、あのエイヤフィヤトラヨークトル火山の噴火を描く切手が出ました。当事国のアイスランドが7月22日に発行したもので、商魂逞しいと言いますか、転んでもタダでは起きないと言いますか、やはりお見事な早業と賞しておきましょう。
 しかもここぞとばかりに特殊印刷技術を投入しています。切手本体はオフセット印刷(リトグラフ)で、これにシルクスクリーンの盛り上げ印刷で透明樹脂の中に火山灰を混入しています。オランダのエンスケデ社製で、もちろん同国初の異物混入・添付切手です。指先で樹脂部分を触ると火山灰のつぶつぶ感がわかります。ルーペでもはっきり見えます。
 今回も図版は公式FDCを掲げました。3月10日から4月10日までの地震波形をカシェにしている点がいいと思ったからです。実際にヨーロッパの空港で足止めを実体験した方、郵便物が遅延して届いた方など、当時の航空券や郵便物とともにこの公式FDCもしくは切手をセットでコレクションされることをお薦めします。せっかくですからね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 23, 2010

アジア国際切手展バンコク2010

100823_01

 8月22日、日曜日の早朝、郵便配達のピンポンで起こされました。国際書留便だと言って手渡されたのがこのカバーです。もーばっちり目が覚めましたがなー!。国際切手展バンコク2010にご出店のマサスタンプこと山本誠之さんからの実逓便でした。貼ってある田型シートは、昨2009年に発行されたタイ切手展2009記念のレンティキュラー切手。同国初のレンティキュラーで国際的に話題を呼んだ逸品です。日本国内でも決して安いものではありませんのに恐縮です。バンコクG.P.O.局17.8.53(タイの暦年で西暦だと2010年)の鮮明印が押されています。本業のブース販売でお疲れでしょうに、いつも気にかけていただき感謝します。
 また、当該展の記念切手である楕円絹布貼り付けの小型シートも同時に届きました(←これは事情があってきれいに水剥がしさせてもらいました)。詳細は変形切手コレクターの荒牧さんのブログに詳しいのでリンクを張っておきましょう。ここをクリックしてください。

100823_02

 タイ現地で同様の多種多様なCTOシートを押印・作成されたことと思います。右リンク欄から山本さんのブログ「空飛ぶ切手屋さんの活動日記」および「IDENTITY趣味の切手オークションのページ」に飛んでみてください。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 21, 2010

またがり貼り

100820_01

 昨日に引き続きニュージーランドの新切手の話題です。図の上海万博記念切手関係も購入しました。1枚の切手の半分が中国、反対側の半分がニュージーランドと、お互いの国の似たものどうしを上下反転して対比している図案です。イラストレーターさんの個性なのでしょう、独特のオドロオドロ感が不思議なテイストを醸し出しています。
 して問題は上海万博の「オープニングデー・カバー」という商品(初日カバーではありません)。詳しい説明文もなく下の図版が掲げられているだけ。これで意味が通じるとでもいうのでしょうか?。外国郵政はこのような素っ気ないテキトーなインフォメーションが非常に多いです。商品を売ろうというのにこのいい加減さは何?。日本人の私たちにはどうしても理解できない壁も感じます。

100820_02

 切手の図案に合わせて中央からふたつに折り、封筒の表と裏にまたがるように貼っているのです。そして両面それぞれに赤色の記念印を押しています。封筒が2通あるわけではありません。
 ごくまれにこのような「またがり貼り」の郵便物を見ることがあります。切手を貼るスペースがなくなったがゆえのやむをえない対応でしょうが決していい感じのするものではありませんね。この場合、切手をばっくり折ってるわけですし、面白いアイデアだと単純には割り切れない感じがします。むしろ、こんな異形(いぎょう)の物を作りたいがために切手のデザイン作成段階から狙ってやったんだろうと勘ぐってしまいます。また、アルバムリーフ上で表裏両面を見せるには2通必要になるわけで、2通単位で買ってもらおうというあざとい(?)意図も隠されているのかもしれません。
 なお、またがり貼りされている切手の表裏それぞれに記念印が押されていますが、日本の押印規定では1枚の切手に対して二重押印はできませんので、よい子もわるい子もマネをしてはいけません。と私が書く時は暗に真似しろと煽動していると「正しい誤解」をされる向きもありますが、これに限っては完璧にムリです、諦めてください(笑)

■ニュージーランド郵政オンラインショップ
 Expo 2010 Shanghai China

| | Comments (1) | TrackBack (0)

August 20, 2010

マオリ・ラグビー100年

100819_01

 仕事の疲れも吹っ飛ぶ、目の覚めるような素晴らしい切手とその公式初日カバーがニュージーランドから届きました。オールブラックスで有名な同国のラグビーことMAORI RUGBYの100周年記念です。単片2種と、その2種を納める小型シートです。試合前に行われるハカ(haka)を踊る選手たちの迫力ある写真をカシェにしているところなんざ見事ですな。もう見ただけでぐっとくる、文句なしのかっこよさ。これが送料を加算しても1通200円以下で買えるんですから素晴らしい!。超オススメです。

■ニュージーランド郵政オンラインショップ
 100 Years of Maori Rugby

オールブラックス公式ウェブサイト(日本語)

■The Haka - New Zealand Vs Tonga(↓ボリュームに注意)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 16, 2010

間違えるかよ?!

100816_01

 お盆休みを利用して未整理品・整理途中品の分類・格納作業を集中的に行っていました。数年前、イタバシくんが手配してくれた「世界の図案ミス切手コレクション」(ドイツ製)の整理もそのひとつ。中には"これはいくら何でも間違えないだろう"的な超弩級品があります。図のパナマの小型シートもそうです(1968年発行)。
 マーチン・ルーサー・キング牧師、ケネディ大統領そして問題のロバート・ケネディ。お兄さんがJohn.F.Kennedyで、弟もRobert.F.Kennedyと記されることが多いので、ミドルネームも同じ"Fitzgerald"と早とちりしたようです。ロバート氏の方は同じ頭文字Fでも"Francis"が正解。当該部分の拡大図を添えておきますけれども、これまた見事な間違えっぷりです。同じ図案ミス切手類はないかと密かに探してもいましたが、いまだにかのアラブ土侯国関係でも見たことはありません。つーか、これほどの著名人ですから間違えないよね、ふつうは。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 14, 2010

昆虫館ポスト

100814

 寝屋川のスダニくんから暑中見舞が届きました。橿原支店の小型印がふたつ、そのうち上の方は「橿原市昆虫館 昆虫館ポスト」と表示してあります。調べてみましたら同館のリニューアルを記念しての郵便事業会社とのコラボレーション企画だそうです。館内に設置された昆虫館ポストに手紙を投函すると、専用の小型印を押して発送してもらえるそうです。
 この手の「そこで差し出さなければ押されない消印」系の企画は率直に面白いと思います。こういうのをもっと拡充してくれると、私なども「じゃあ、はがきでも出すか」という気になります。そばでフォルムカードでも売ってくれたら100%購入して即差し出しますね、きっと。
 7月20日から9月30日までの期間限定サービスだそうです。まだ間に合います。お好きな方はどうぞ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 07, 2010

初期ふるさと切手

100807_01

 去る2010年7月25日に開催された「筑後地方切手のつどい'10」はたいへん有意義&面白かったです。田畑裕司JPS九州・沖縄地方本部長の記念講演「初日カバーとその周辺」を拝聴できただけでも片道3時間かけていった甲斐がありました。アメリカで「FIRST DAY OF ISSUE」という消印が初めて使用されたのはいつか、日本における初日印のはじまり、カール・ルイスの初日カバー、日本切手会による初日カバー、ハト印の登場などなど、総覧通史的に理解が進む良いお話でした。まさしく「たかがFDC・されどFDC」です。これをリーフにまとめた作品を、来る10月16・17日の「スタンプショウはかた2010」で展示されるそうなので、少しでもFDCに興味のある方は参観されることをお薦めします。
 それにちなんで、誰でも楽しむことができるちょっとしたFDC収集のこだわりポイントを書きます。図版は初期ふるさと切手のひとつ守礼門(沖縄県1989.05.15発行)です。これは何が面白いのかと言うと、消印(小型印)は「沖縄版地方切手発行」とあるのにカシェには「ふるさと切手」と表記してあります。この食い違いがポイントなのです。ふるさと切手が世に出た平成元年当時、その呼称はまだ定まっておらず郵政サイドは地方切手といっていましたが、これに異を唱えたのがJPS理事長の故水原明窓さんでした。郵趣における地方切手の定義は、特定の地域でのみ発行・使用されるものであって、日本全国どこでも使えるのは定義に合わないというもの。しかし、企画自体はたいへん良いものなので、新たに「ふるさと切手」なる呼称を作り、これを使いましょうという主張でした。論理的に説得力があるだけでなく言葉の響きも好印象なので、やがて郵政サイドも「ふるさと切手」と正式に使うようになり現在に至っています。
 ですから、初期ふるさと切手に限りJPS製FDCには「ふるさと切手」と表記され、それ以外では「地方切手」としていた二重呼称の時期があったのです。それゆえ、この時期に限り版元違いによる表記のバラエティをFDC上で追尾することができます。下に掲げましたFDCの印影部分のみならず発行案内書(パンフレット)などでもトレースできます。これらは今でも容易に入手できるものではありますが、しかし、発行からすでに20年以上も時が経ってしまいましたので、忘れ去られないように取り上げてみました。

100807_02
↑初期6件分です。これ以後も「地方切手」と表記された小型印がありますので探してみてください。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« July 2010 | Main | September 2010 »