« 公式FDCへの点字エンボス加工 | Main | ルーマニア加刷を追え! »

May 16, 2010

長丸目打のコンビネーション

100515_04

 これも大沢秀雄さんに"おねだり"して頂戴しました(笑)。日本普通切手初の長丸目打が打たれたオシドリ50円切手と、まさにその当該切手を描いた小型印との見事なコラボレーションです。さすがシルバー世代のサークル・郵趣サロンです、アイデアが素晴らしいですね。もし、過去に長丸目打を描いた小型印がなければ、これが日本初ともなりえます。データは「関東郵趣サロン 楽しい切手展」豊島22.5.8です。
 切手展などの郵趣イベントで使用される小型印図案は、本例のように最新の郵趣シーンのトピックを図案化して使用申請するとさまざまな「日本初」もしくは「世界初」アイテムとなり、それがまたPR要因にもなって郵頼申込が増えるとか、テーマチクやトピカル材料として日本以外の外国にも売れる可能性がありますね。小型印図案のデザイナーさんたち、ぜひ一考してみてください。

■関連記事:オバマ新大統領就任式記念カバー(メイド・イン・ジャパン)

|

« 公式FDCへの点字エンボス加工 | Main | ルーマニア加刷を追え! »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 長丸目打のコンビネーション:

« 公式FDCへの点字エンボス加工 | Main | ルーマニア加刷を追え! »