« ポスト・グリーン切手 | Main | 小型印の図案ミス »

May 03, 2010

最強?の示温インク

100503

 英領南極地方が2009年に発行した「気象変動」連刷シートです。1950年時点の棚氷の位置を青緑色の示温インクで示しています。ここを暖めると色が消え、氷の後退を表現するという仕掛けなのですが・・・。
 薄手の保護ラップで包み、その上から示温インク部分に指先を当てて暖めるとすっと色が消え、しばらくするとまた色が蘇るのが常なのですが、この連刷シートに限っては少々のことでは何の変化も起きません。まるで海苔を焙るかのようにハロゲンヒーターで熱を加えてやっと変化が起きます。これほどまでにタフにしなければならなかったのはなぜ?どうして?。興味のある方はぜひ試してみてください。

|

« ポスト・グリーン切手 | Main | 小型印の図案ミス »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 最強?の示温インク:

» 気候変動 [切手で読む地図の楽しみ]
 南極関連の切手が続きますが,今日の切手は英領南極地方から昨年発行された小型シートの切手部分です。 [Read More]

Tracked on June 04, 2010 10:27 PM

« ポスト・グリーン切手 | Main | 小型印の図案ミス »