« March 2010 | Main | May 2010 »

April 2010

April 29, 2010

スタンプショウ'10

 4月23日の朝一便で上京し、その日は全日展を参観したりやんごとなき隠密行動のためにスタンプショウへは24日からの参観でした。自分の場合、コレクションの性格から初日に行かなければならない必要性は全くないので、その点は非常に気楽です。
 まず、ざっと展示作品を見て回りました。前評判の高かった大沢秀雄さんの「ヘレン・ケラー」は見事グランプリ。氏の作品はいつも独特の力強さの雰囲気を纏っていまして、それが決して無骨ではないところが人徳なのでしょう。直筆サインなどの息を呑むようなアイテムが決して威圧的ではなく、実に腑に落ちる感じで配置されているので非常に理解しやすいです。良い意味で郵趣の域を超えた「作品」なので、いずれ郵趣誌上でも紹介掲載されるでしょうが、やはりネット公開と同時に英語版での公開なども一考されたいところです。それゆえ、グランプリ受賞の報を知り、私のつたないコレクションの中から、以前から氏が所望されていた某一品を進呈させていただいたのは言うまでもありません。

100429_02
消印データ:ALTENA(WESTF) 1.8.52

 切手商ブースではハナから行くべきところは決まっています。今回もSさんのテーブルへ直行です。Sさんの審美眼は素晴らしいもので、この人でなければピックして来ないだろうと思われるカバー類がふんだんにあります。その中での代表例がこれです。世界最初のモナリザ切手横ペア2組を貼った、いわゆる多数貼りカバーです。正確には「レオナルド・ダ・ビンチ誕生500年記念」(西ドイツ・1952)です。
 この切手は色々な意味でエポックメイキングな存在です。第二次世界大戦後の印刷技術の発達により、ようやく多色印刷が可能になりました。モナリザのような世界的に有名な絵画を切手上に再現するには、当然ながらそれだけの技術的裏打ちが必要なわけです。今から見ればまだまだピンぼけっぽい仕上がりですが、絵画切手史上での多色印刷のさきがけであり、当時としては実に勇敢な挑戦だったのですね。発行時の関係者の高揚した気分が私にはわかります。
 そんな切手も未使用と初日カバーを集めて終り、では面白くないので、このような多数貼りや特殊な使用例をも収集するようにしているのです。ベルリン復興強制貼付切手も貼り合わせになっている点もいいなと思いまして。このあたりはテーマチクと言うより伝統郵趣的な視点で考えています。

100429_01
消印データ:NEW HYDE PARK NY 11040 OCT, 1, 2007

 全国切手展の場合、その出店料を椅子数で割ると一時間座るだけでン万円かかることは簡単に計算できることです。ですんで、広島のイベントでいつでも商品を見ることができるアオヤマさんのブースは、できるだけお客さんがまばらになる最終日の午後に遠慮がちに伺うことにしています。そこで拾ったのがこれ。宛名からおわかりのようにアオヤマスタンプさん宛の商用便です。使用時期がやや後年ではありますが(アメリカ・1998年発行)$11.75速達切手のコンパクトな実逓カバーだということで購入しました。日本切手で置き換えてみれば容易にわかることで、小包用の高額切手の実逓カバーは大体が小包の切れ端などの大型のものがほとんどです。一体何百、何千ドルもの高価な切手が入っていたのかとちょいとビビリますが(笑)用途としては正当なものです。
 自分の視点は、コスト高で2004年に中止されてしまったアメリカのデコーダー技術を使った切手の一種として見ています。ファーストクラス切手などは未使用、使用済、実逓カバーも難なく集められますが、速達切手のような高額券種になると実逓カバーが必然的に壁になるのです。サイズがでかい、混貼で見映えが悪い、おまけに高い!の三重苦はザラであります。郵趣家便、切手商便だからどうのこうの言っちょられんのであります。それが嫌なら私にください!。

 しかしまあ、ペコちゃん人気は凄まじかったですね。某切手商ブースの前に行列が伸びてお客さんが近寄れないという実害もありましたが、その程度で寄り付きを断念するようなお客さんしか持っていないお店ではないので、そんなに気にすることはないでしょう。プロパーの郵趣家(私もそうですが)の一部には、そんな親子連れの大波を疎ましく見ていた節もありましたが、それもまあいいんじゃないですかね。切手展ガイドも無料抽選切手も完売・払底するなんて事態は史上初の「快挙」ですし、ここまでいくとプロパー郵趣家の方が完全に少数派ですからね。
 よく見ていると娘さんよりもお母さんの方が喜んで記念撮影とかしてるし、親子二代にわたる人気とその集客力は正しく評価するべきでしょう。かたや切手は親子孫ひ孫以上の時代をバックグラウンドに持っているはずなので、それがペコちゃん人気にあっさり負けている様をよく見ておくべきです。郵趣サイドの、あるいは郵政サイドの努力不足はここに現れり!ということです。
 郵趣家ではない新しい「切手好き」な人たちの受け皿を早急に作り上げるのが日本郵趣協会の急務です。自分も東京に居ればいろいろなアイデアはあるのですが、それはまた別の機会に。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 27, 2010

冷蔵庫マグネット

100427_02

 特別バージョンの公式FDCを製作販売する外国郵政がぼちぼち増えてきてやや斜に構えて見ています。公式FDCではありませんでしたが日本でも似たような前例がありましたよね「美術カバー」とかいう商品名のやつが。お堅いことを言うようですがFDCはあくまでも切手と消印が主役でして、カシェだの封筒の材質だのは所詮脇役です。個性的な脇役がいればこそ主役も引き立とうというものですが、出川哲朗みたいにうざったい立ち回りをされるとゲンナリします。特別バージョンはどこまでを収集対象とするか各自の審美眼と懐具合をよく勘案されてください。
 その視点から考えますと、公式FDC好きの私でさえけっこうギリギリの線ではないかと思うのが図のオーストラリア郵政のそれです。商品名は"Prestige FDC"(プレスティッジFDC)と言い、今のところ消印が金属箔によるホットスタンプ方式で、なおかつカシェ部に何らかのオマケアイテムをゲル糊で仮留めするスタイルです。以前にご紹介しました「オーストラリアの公園と庭」特別版FDCも同じです。
 今回のアイテムは"Come To The Show"。発行日は2010年3月23日です(何の因果か私の49回目の誕生日)。して、オマケは冷蔵庫マグネットです。フリッジマグネット(Fridge Magnet)と呼ばれているもので、冷蔵庫のドアに伝言メモなどをはさんでぺたっと仮留めするアレです。グラフィック表示スペース、あるいはその形状のバリエーションから、その実用機能を超えてコレクターズ・アイテムとしてどうやら人気があるような、これから日本でも流行るような・・・。
 仕事の関係でマグネットシートもたくさん扱ってきました。普通の人は知らないことですが、これにも用途によって種類があり、薄手は屋内用で磁力もそれほど強くなく、その磁力も数年で消滅します。これに対し、屋外用は肉厚で磁力もかなり強いです。自動車のボディーに貼り付けて高速&振動走行中でも剥がれないことが要求されるので当然です。それでも磁力は数年ではっきりと減退します。
 冷蔵庫マグネットは明らかに前者です。しかもそのほとんどが中国製ですから磁力云々以前に素材自体の信頼性が全くないと思います。経年変化でマグネット自体がボロボロに劣化する(ゴム製品でよく言う「風邪をひく」状態)ことが容易に想像できますから、コレクターズ・アイテムとしての筋目は良くないと思います。収集心理はわかりますが、まあ、私は要らんな(笑)。

100427_03

| | Comments (2) | TrackBack (0)

モントリオール・カナディアンズ100年

100427

 スタンプショウ'10会場でJPS高知支部のKさんからのリクエストにより表題の切手についてご紹介します。見ての通り全面レンティキュラー加工された立体切手、3D切手です。カナダ$3.00切手を縦に3種納める計$9.00の高額のセルフ糊式小型シートです。2009年10月17日にカナダが発行しました。
 同チームの黄金時代は1950〜70年代と言われています。そのうち1950年代からモーリス・リチャード(1921-2000)、1960年代からジャン・ベリヴォー(1931-)、1970年代からギイ・ラフレール(1951-)といった代表選手の、それぞれ500得点ゴールシーンを題材にしています。なお、シート地は永久欠番の背番号と選手名と記念ロゴです。
 レンティキュラー切手製造の実績のあるニュージーランドのOuter Aspect社が担当し、オフセット(リゾグラフ)6色で37万5,000シートの発行です。レンティキュラー切手は、郵政当局が公表している場合ではおおよそ30〜35万枚が平均的な発行枚数のようなので、本券も特に入手困難なものではないと思います。
 なお、カナダ郵政は独自に「モーションスタンプ」という商品名を用いています。先にニュージーランドが「アクション・リプレイ切手」と名付けたのと同様の事例です。独自商品名を冠するだけあって、その動きは非常に滑らかで何シーンを納めているのか数えられません。カクカク動く場合ならカウントが容易なのですが、これほどスムーズだとお手上げです、素晴らしいです。機会がありましたらぜひ現物でご確認ください。

(注記:郵趣掲載は2010年1月号です。毎年1月号は全連載記事がお休みになるので、たまたまそれと重なったので誌上掲載がありませんでした。)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 18, 2010

アメリカ大陸発見500年

100418

 アメリカ大陸発見500年記念関連はいまだによくわかりません。コロンブスのアメリカ大陸発見は1492年なので本当の500年目は1992年。ところが図版のマダガスカルの小型シートの発行年は一年前の1991年です。しかし、1年前倒しなんてぇのはまだカワイイ方で、はるか9年前の1983年、中南米各国を担当していた代理発行エージェントが、年1回のペースで1992年までに全10次のシリーズを形成しようという「いくら何でも長過ぎだろう」企画を開始しました。しかし、きちんと全10次を貫徹できたのかどうか確認している人は(たぶん)いませんし、なんとなくそのままずるずると年月は過ぎてしまいました。もちろん、1992年はまさに当該年でしたので大量の記念切手が発行されています。
 HYPER Philatelistたるもの、ここはひとつ「1992年以外の」アメリカ大陸発見500年だけに注目したいところです。当時の頒布会コレクションのセット売りはないかな?なんて気にはしていますが、このテーマ自体人気がなかったんじゃないか?、当時もロクに売れなかったんじゃないか?と勘ぐりたくなるくらい目にしません。ちまちま集めるのはめんどくさいし、どこかのディーラーさんが取りまとめてくんないかなー。
 なお、図版の小型シートは、過去にもいくつかご紹介しましたように、中央の切手のように見える部分には額面表示がないのでタブです。シート地のように見える部分に額面表示があるので、これ全体で一枚の切手ということになり、分類上はいわゆる穴開き切手(小型シート)です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 17, 2010

航空輸送禁止ラベル

100416

 通販で買ったTシャツを送ってきたゆうパック(荷姿は紙袋)にこんな派手なラベルが貼ってありました。調べてみますと、この証示ラベルの物品番号は「ユ08992」。
 発火するおそれのあるライターとかバッテリー液漏れが懸念される電化製品などではなく、ただのTシャツ1枚だけで何の危険性もありませんのでまったく心当たりがありません。販売会社さんは各種趣味用品も商っておられるので、過去に何かトラブルがあり、それに懲りて当該社差し出しの商品は十把ひとからげに航空輸送禁止の扱いにしてしまおうとでもいうことなのでしょうか?。
 開披検査をした形跡も見当たりませんし、何をどう疑われたのかさっぱりわかりませんが、ちょいと面白いラベルだとピンときたのでコレクションすることにしました。そのポイントは3つ。ひとつめは証示印として郵便印が押されていることです。ふたつめは自分の収集テーマ「輸送手段」関連だということ。馬車だ犬ゾリだ手漕ぎカヌーだ等々、輸送手段がはっきりわかる郵便物も収集していますが、特定の輸送機関を指定するのではなく、それとは正反対に「使うな!」と禁止する事例の類例は少ないのではないかと思います。そして最後のみっつめ、それは、どうもこのラベルは配達時には剥がさなくてはいけないようなのです。しかし、シール式の裏糊はたいへん強くてとても無理。だからこそ私の手許にまで届いた訳ですが。
 このあたりの事情にお詳しい方のフォローのコメントをお願いします。いつから使われ始めたのかについてもご教示願えればありがたいです。

| | Comments (7) | TrackBack (0)

April 13, 2010

最初は冗談かと思った

100413_01

 4月11日、広島のRCC文化センターで開催された即売会でGETしたFDCです。見ての通りカシェ部分が空白です。なんじゃこりゃ?と裏返してみると「切手趣味用封筒」「昭和36年実用新案登録願第46770号」等々の表記がありました。
 第5次・オリンピック東京大会募金のFDCで日付は昭和38年11月11日。この頃は民生用の軽印刷技術がまだまだ未発達で、身近にある印刷物と言えば活版印刷か平版(オフセット)の単色刷りぐらい。FDCを自作するコレクターにとっては記念銘等の文字を美しく描くことが課題でした。そのため、趣味と実益を兼ねてレタリングやペン習字、ガリ版の鉄耕筆を習う人が多かったように思います。パソコンでカンタンに文字打ちができる今とは状況がまったく異なります。

100413_02

 でもねえ、絵を描く側にいる自分の感覚では、絵が好きで描ける人は文字も上手です。きれいな字ではなくとも個性的で味のある自分だけの書体を持っている人も多いです。カシェ描きを趣味とする人で文字だけが苦手という人の方が少ないような気がします。カシェ絵と文字のバランスもそのつど考慮して変化させたい(させるべき)と思う感性も決して珍しいことではないです。
 つまり、この「切手趣味用封筒」を使う人は絵を書くのがそこそこ好きではあるけれども、水準としてはそれほどでもない面倒臭がり屋さんというあたりになります。てか、そんなコレクターって誰よ(笑)。
 当時の実用新案は今と違って全て審査されていました。出願社(者)の表記も何もないので、おそらく登録願はしたものの通らなかったのではないでしょうか。となると、この空白カシェも俄然輝いて見えるのがHYPER Philatelistのタチの悪いところです。この空白部分に何か手を加えた例をぜひとも入手したくなりました。よくよく記憶をたどって行くと、どこかで目にしたことがある気がしないでもないし(どっちだ?!)。可能ならばこれを考えた人、製作会社まで突き止めたくなりました。まずい人(自分のことだが)に見られちゃったねえ(笑)。

 これもまた「じんわりくるおマヌケ感」がたまりませんね。2通入手してきたので、またしても1通をプレゼントに供出いたします。左欄の「メール送信」から応募してください。当選者のみご返事しますから、返事がなかった人はすみませんがハズレと諦めてくださいませ。
(ごめんね告知:短期ですが今夜から夜勤シフトになりますのでご返事が若干遅れ気味になります)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 10, 2010

やっぱり!

100410

 サンマリノ側の共同発行切手のシート画像です。ああやっぱり、共同発行計画があったんだ!ですね。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« March 2010 | Main | May 2010 »