« 最も危険な郵便物 | Main | 22.2.22の日、嗚呼それなのに! »

February 16, 2010

歌手カルメン・ミランダ誕生100年

100215

 郵趣サービス社さんのワールド・トピックス頒布会、その今月配布分のセレクションは百点満点です。ポルトガル生まれ、ブラジル育ちのサンバ歌手カルメン・ミランダの誕生100年記念切手がその理由です。ブラジル切手らしくないデザインですが、これはおそらく1930〜40年代のアメリカ人が勝手にイメージした陽気なブラジル人を演じた彼女をさらにイメージしたデザインだろうと思います。古き良き時代のアメリカのお菓子のパッケージっぽい感じがよく出ています。記念銘なんか印面下部に申し訳程度にちょろっと一行入っているだけですが、それは極めて正しい判断です。ミランダの笑顔とその姿の強烈な印象で十分ですから。熱帯植物を載せた奇抜な帽子や派手な衣装はミランダのトレードマークです。これを知っていると思わぬ場面で彼女がモノマネされていることに気付くことと思います。
 なお、存命中は「(アメリカ)ドルに身を売った売国奴」と蔑まれ、残念ながら1955年に心臓発作で46歳の若さで死去しました。

※すんごくいいでしょ。ハマる人がわんさか出てきそうな予感!

|

« 最も危険な郵便物 | Main | 22.2.22の日、嗚呼それなのに! »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 歌手カルメン・ミランダ誕生100年:

« 最も危険な郵便物 | Main | 22.2.22の日、嗚呼それなのに! »