« December 2009 | Main | February 2010 »

January 2010

January 28, 2010

2並びのゾロ目消印に注目!

 平成22年2月2日および2月22日はゾロ目消印が採取できる数少ないチャンスです、ってなことを書こうかと思っていた矢先に郵趣2月号が届きました。P.25に同じことが書いてあります。平成11年11月11日以来約11年ぶりにもかかわらず、小型印を使うとか記念タトウを作成するなどといった話が全く聞こえてきません。こんなに静かなのもどうかと心細く思います。
 確かに数字遊びはあくまでもオアソビに過ぎませんので郵趣的な価値は高くはありません。旬が過ぎるのも早いものです。しかし、こ難しいことはさておき、まー楽しければいいじゃありませんか。外国でも同じ遊びはよく知られているので、日本独自の元号によるゾロ目消印はそれだけで面白いプレゼントにもなりますから、海外文通をされている方には特にお勧めします。

 ここまで書いたらさらに煽らねばいけませんね(そんなことはない)

 漢数字の「二」が付く郵便局名はたくさんあります。それだけじゃあ面白くないんで検索してみました。ぴったりの局名が見つかりましたよ。失礼のないように事前にコンタクトを取って記念押印・引受消印されてみては?。ここだけの話、某マサスタンプさん、ぜひ郵趣商品化なさってみてください。

1)郵便局株式会社 十和田西二十二番郵便局(青森県)←2/22のイチオシ局
2)郵便局株式会社 仙台東二番丁郵便局(宮城県)
3)郵便局株式会社 山形南二番町郵便局(山形県)
 ※詳しくはこちらへ

 ちなみに私の2並び消印コレクションから下図をご紹介しておきます。

▼左/丸形印:久留米輸送 2.2.22
 今はなき短歌機関誌あて。さすがに筆文字の美しさは目を引きます。20円ユリ、2円秋田犬切手を貼っているのもおそらく意図したものでしょう。

▼右/唐草和文機械印:藤沢北 2.2.22
 時刻活字8-12を上下逆植したエラー印。よりによってこの日に間違えるかよーってな非郵趣家便。高校受験の学習塾差し出し便にして「間違えた」「上下真っ逆さま」それも2月に、というのも縁起が悪くてサイコーですね(こじつけ)。

100128

| | Comments (1) | TrackBack (0)

January 27, 2010

フィンランドはここまでやってます

100127_01

 フィンランドの郵趣広報誌「STAMP info」の2010年第1号が届きました。それを見て驚いてしまいました。切手で用いられている表面ニス塗り(グロスニス・コーティング)が表紙に施されていたからです。日本でも高級感を必要とする通販・物販カタログなどで使われているもので、決して珍しいものではありませんが、刷版が1版余計にかかるので確実にコストは高くなります。これを無料配布するパンフレットにまで使うとは、同郵政がいかに販促に力を入れているかがわかります。お見事です。
 下図の黄色フィルターをかけた部分、つまりイラストと切手の部分にニス塗りされています。画期的な事例なので表紙のみペラ1枚切り取って表面ニス塗り加工の参考資料としてコレクションに加えることにしました。あ、もちろん、新切手のインフォメーションにはきちんと応えて発注しましたよ。

100127_02

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 26, 2010

兒玉少佐ハ無事ナリヤ

100126

 地元山口県関係の絵はがきもそれとなく集めています。切手収集をしていると、どうしてもそれらも視野に入ってしまうからです。ちょっとひねったものや取り上げられる機会の少ない土地・場所を中心にと考えています。
 ということで周南市(旧徳山市)関係で同市出身の児玉源太郎大将の銅像の絵はがきを掲げます。かつて新京と呼ばれていた中国は大連市の児玉公園に建てられていたものです。今は土台を残して毛沢東像に取り替えられているとか。まさにご当地、大連市の方から譲ってもらいました。日帝時代のアイテムを、よくぞフレッシュな状態で保管されていたものです。
 先の話になりますが、今年の暮にNHKが放送する予定の「坂の上の雲」では、児玉大将を高橋英樹さんが演じるとか。ご本人は小柄なお人だったので、ずいぶん印象が違うなあ。しかし、朝鮮半島などとは大きく異なり、台湾統治がスムーズに行われたのはひとえに児玉さんの手腕によるものであったりと、乃木さんに比べてその功績があまり知られていないので良い機会ではあります。
 さらに詳しく知りたい方はタイトルの「兒玉少佐ハ無事ナリヤ」で検索してみてください。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

オシドリ50円切手の長丸目打

100125

 高知の窪田毅さんからも出現報告が届きました。1月21日に高知薊野郵便局に配給されたとのことです。翌22日の日付で引受消印されたものが送られてきましたのでご紹介します。
 このペースだとじきに全国で切り替えが進むものと思います。次は他券種での出現にもご注意を!。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 24, 2010

オシドリ50円切手長丸目打出現記念カバー

100124_3

 長丸目打の続報です。マサスタンプこと山本誠之さんから図の記念カバーが届きました。発見局であるとともに長丸(楕円形)にちなんで河内支店の楕円形風景印(ラグビーボール形)も押したそうです。おおー、なかなか上品なシャレではありませんか。
 情報をお伝えしただけですのに、毎回このようなご配慮をいただき恐縮です。日本切手収集家を卒業した自分には過分なことです。ありがとうございます。
 なお、切手を観察しました結果、長丸目打以外の目新しい変化、つまり偽造防止対策のための特殊加工の追加はないように思います。

■詳しくは山本さん主催のオークション誌「IDENTITY」紹介ブログを参照ください。
 http://identityauction.seesaa.net/article/138988782.html
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

アラブ首長国連邦の不思議

100124_1_2

 何から説明しようか悩んでしまう実逓FDCです。

 昨年末にebayで同国切手のロットを落札しました。その発送用封筒が上図です。これには通関局の成田国際空港郵便局が「この郵便物は、差出国から遅延して到着しました。御了承願います。」との付箋をつけていました(NARITA AP 16.I.10 JAPAN)。2005年の消印が押されているので、ぱっと見では5年も前の郵便物が今頃届いたのかと思いますがな。もちろん、そんなこたぁないんで、余白に押されている証示印の通り、アブダビ局で2009年12月30日に差し出されたものです。書留扱いなので裏面にも同じ印が押されています。
 つまり、2005年発行の「砂漠のトカゲ」6種完セット貼り公式FDCを、なんと2009年になっても何の加貼切手もなくそのまま差し出されていた、それも郵便局員さんがしっかり確認して引き受ける書留便でありながら。なんじゃこりゃ?という話です。

100124_2_2
(↑裏面)

 FDCをそのまま郵便物として差し出すことができるのは消印(記念印)が押された当日限りです。翌日以降は貼付切手の効力は失効したと解釈され、差し出すには正規料金分の切手を加貼しなくてはなりません。これは日本のみならず世界共通のルールです・・・と思い込んでいたのですが、アラブ首長国連邦ではそうではなかったのでびっくりしたのです。こんな時は売り手さんに直接お訊ねするに限ります。さっそくつたない英作文をして聞いてみました。

Mail arrived. Thank you very much.
By the way, I want you to answer doubt. You sent an article in FDC of the reptiles stamp of the publication in 2005. You don't add any other stamps of it. In the postal rule of my country, I can use FDC for mail only on the day done a postmark. When I hold it out, I put a stamp for the regular rate particularly and must make up later. To be many countries is a similar rule as far as I know it.
Possibly can you use FDC for mail later in your country?. Because it is a very interesting example, would you teach the details?. My main profession is an industrial designer, but the philately journalist lives on a volunteer, too.

 その返事はこうです。

Hello...Thank you for your message , Yes I can use any FDC in my country for mail , the total stamps in your FDC around AED15 , and shipping charges to Jaban 20gram AED10.75 , it mean FDC stamps cover shipping charges and more , some times I put some stamps in FDC if stamps fee not cover post charges.

 意訳すると「そうです、我が国ではどんなFDCも郵便使用することができます。あなた宛のFDCには大体15AED(ディルハム)貼ってあるでしょう。日本宛は20gまで10.75AEDだから十分足りています。時に不足している場合は別に切手を加貼することもありますがね。」てなところです。
 こんなアリエナイ郵便規則は他に類例がありません。ユニークな事例なので日本の郵趣誌に紹介したいので、いつこの制度が始まったのかぜひ教えて欲しいと重ねてメールしましたら、どえらい話が大袈裟になって返ってきてしまいましたcoldsweats01

I check with president of EMIRATES PHILATELIC ASSOCIATION Mr.ABDULLA M. T. KHOORY about your answers , in emiratespost can you use FDC as normail letter , and no limit for a period,and no rule about the FDC use in UAE.

 「首長国郵趣協会のABDULLA M. T. KHOORY会長に確認しましたら、FDCはいかなる時代の制限なしで郵便物として差し出すことができるということでした。それはアラブ首長国連邦ではFDCについてのルールが何も定められていないからです。」
 こうなるとアラブ首長国連邦の実逓FDCを、今までとは全く違った視線で点検してみる必要がありますね。UPU規則に違反している可能性もあるこの運用は、郵便史的にもレアな収集対象になりえるかもしれません。

 可哀想なのは成田国際空港郵便局です。わざわざ遅延到着のお詫び付箋をつける必要などなかったのです。それどころか、きちんと計算すると貼付切手の額面合計は10.55AEDしかないので、実は0.20AED、日本円にして約5円の料金不足です。
(2010.1.25一部追記しました)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

G20ロンドン・サミット2009小型シート

100124_1

 パチもん・バッタもん切手の類はなるべく手を出さないようにしているのですが、これは妙に勘が働いて購入してしまいました。オバマ大統領の左後ろ、目立たないようスモーク処理されて背後霊みたく笑っておられるのが麻生太郎元首相です。2009年4月に開催されたG20ロンドン・サミット、その公式レセプション(エリザベス2世女王主催)の集合写真です。
 現物が届いてからじっくり観察&調査しました。写真は有名なレンタル写真会社ゲッティ・イメージズ社のものでした。そういう確かな素性だったせいもあるでしょう、パチもん切手によくある裏焼きエラーではなかったので、幸いにも(?)大チョンボ切手とはなりませんでした。
 さらに調べを進めていきましたら、どうやら麻生太郎氏が切手に登場したのはこの1枚だけである可能性に気付きました。もちろん、首相になる以前に一政治家・外交官・随員としてこっそり写り込んでいる事例があるかもしれませんのでジャポニカ切手収集家の方は調べてみてください。
 また、これだけ大人数であればひとりくらい左利きの人がいてもおかしくないとお思いの方も日本で3人くらいはいらっしゃることでしょう。そう、レフティー切手収集家の貴方!お待ちどうさまでした。エリザベス女王閣下からして左利きであらせられます。(注:左利きだからどうした、などと言ってはいけません。切手収集家に「切手なんか集めてどうする?」と言うのと同じくらい野暮であります。)
 勘が働いた割には結果的に大したことはなかったなあ〜、俺も鈍ったなあ〜と思ったのではありますが、検索してみるとほとんどの場合「G20 World Leaders Reseption」と複数形のスペリングがヒットしました。このような場合、複数形でなければイケナイのでしょうか?、単数形でもいいような気もしますが???。単数形ではよろしくない理由があるのなら、堂々たる図案ミス(スペリングミス)切手と言えるのですが。英語に堪能な方々のご教示をお願いします。

<↓興味のある方はスタマガネットでGETできます>
 http://www.yushu.co.jp/shop/g/g442308/

▼オマケ:いや、ほんとに麻生さんですって!の証拠写真
100124_2

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 17, 2010

やっぱり誤字だと思います

100117_01

 2009年8月14日にシンガポールが発行した「ユースオリンピック・シンガポール2010」記念4種のうち、$1.10は翻訳ミスによる誤字・図案ミス切手であろうとの確信を得ましたので発表したいと思います。
 参加各国の言葉でテーマがアレンジされている中に日本語(ひらがな)も組み込まれています。無額面=第1種用(26c)・女子飛び込み(卓越)…ゆうしゅう、65c・テニス(歓迎)…こんにちは、$2・ハードル(尊重)…そんけい、ですが$1.10は歓声を上げる男子(友情/Friendship)なので「ゆうじょう」のはずですが、発行案内書の図版ではなぜか「ゆうぎ(またはゆらぎ)」としか見えません。このたび、実物を入手して確認しました。
 左下に中国語で友谊(誼)とありますね。日本語でも同じ漢字を使うと間違えたのではないでしょうか。それなら読みを「ゆうぎ」とミスってしまった辻褄が合います。
 さらに尾ヒレの話を付けます。実はこのユース大会はこれから開催されるのです。2010年8月14日から26日までの13日間が予定会期です。図案ミス切手であるとは、おそらく広くは知られていませんから、今から数を買い押さえておき大会期間中に現地で実逓カバーを作りませんか?。↓のMスタンプさん、どーぉ?(笑)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

四辺長丸目打入りの50円普通切手がついに出現

100117

 マサスタンプこと山本誠之さんから表題の長丸目打入りの50円普通切手の出現を確認・入手しましたと直接ご連絡をいただきましたので改めてこちらでもご紹介します。詳しくは下記URLにアクセスしてください(上図もこちらから借用させていただいたものです)。

http://identityauction.seesaa.net/article/138492522.html
 および
http://flyingstampdealer.seesaa.net/article/138493856.html

 目打穴の形状を長丸穴にするのがそんなに難しいことのようには思われないので、個人的には意味が良くわかっていないんですが、その筋からの説明では従来通り、この変則目打の導入は偽造防止を目的としたものだそうです。
 現在の在庫がなくなり次第これに切り替えになります。在庫があるのに変則目打の配給を要求しても応じられないとのことですから火急の用がない限り気長に待つしかありません。おそらく他の券種にも拡大されるでしょうし、私もまだ現物を確認していないのであくまでも推測ですが、他の偽造防止対策も加味されている可能性もありますね。それら特殊加工は、変り種切手の一要因を成す場合も多いので、いずれ現物を入手してご報告したいと思います。

 なお、昨年暮には概略を聞いていましたが、なにぶんにもデリケートなことがらでしたので、本ブログには掲載しませんでした。ごく一部の方にメール、あるいはmixiでお知らせするだけに留めましたことをご理解ください。
 また、この変則目打のことを「楕円目打」とか「長円目打」など、様々に呼ばれていますが、ここでは郵趣誌で使われている「長丸目打」という呼称を使いました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 12, 2010

おばちゃんの貫禄勝ち

100112

 この三連休は結局一日も休めませんでした。その勤務移動中に思わず車を停めてFMラジオに聴き入ってしまったのがNOKKOさんのカバーアルバム「KISS」。「夜空ノムコウ」なんざ鳥肌立つくらいヨイです。3000円です。悪いことは言わんから買いなさい。
 そして今日、退社間際にアマゾンからDVDが届きました。Perfumeの「直角二等辺三角形ツアー」です。こういうダブリは大歓迎です。さあどっちから聞こうかなと悩みましたが、やはりNOKKOさんの第一印象が勝ってこっちが先でありました。はい、おばちゃんの貫禄勝ちです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 01, 2010

元旦からアナーキーとわたくし

100101_01

 あけましておめでとうございます

 郵政民営化とともに年賀状をやめた(賀状交換の辞退)私ですが、それでも何かしらの信念をお持ちなのでしょう、お断り申し上げているにもかかわらず送ってくださる方々がいらっしゃいます。どうもありがとうございます。
 その中で、とびっきりの面白アイテムがこれです。フレームタイプの写真付き切手(Pスタンプ)の中央タブ部分を切り抜き、そこへ10円切手を加貼した実逓カバー。そう、私が「フレームだけ切手」と呼んでいるものです。差出しは消印からもお察しの通り、JPS高知支部の窪田さんです。フレーム切手の中央タブを切り抜いてアナーキー(穴開き)というオチでございましょう。ありがとうございます。

<参考:フレームだけ切手>
http://topofswan.tea-nifty.com/hyper_philatelist_annex/2006/09/post_bcf0.html

 また、こんな郵便物も紛れてきました。配達地域指定郵便物ことタウンメールです。地元のパチンコ・スロット屋さんの差出しです。しかし、年末年始の繁忙期は一般のタウンメールの取り扱いが中止されていますから、はて、これは何でしょう?。その正体は「年賀タウンメール」。一般のタウンメールとは別種の郵便物で、事業会社製の年賀はがき(いわゆる「官製年賀はがき」)に限り扱うものになっています。年賀状とともに配達されたであろう見慣れない郵便物があったら注意しましょう、コレクターズ・マインドを忘れるな、であります。
(739163さんからのご教示を頂きましたので一部修正しました)

100101_02

<参考:年賀タウンメール)>
http://www.post.japanpost.jp/service/nengatown.html

| | Comments (3) | TrackBack (0)

« December 2009 | Main | February 2010 »