« オリンピック開催都市立候補・招致切手 | Main | ニュージーランド郵政の再利用封筒 »

June 27, 2009

幻のマイケル・ジャクソン切手

090627

 既にみなさまご存知のようにマイケル・ジャクソン(以下MJ)が急逝しました。わがHYPER Philatelistブログでも何度かMJ切手について取り上げたことがあります。その中でも不発行に終わった英領ヴァージン諸島名義のMJ切手について、荒牧裕一さんからコメントをいただきました「世界最初のマイケル・ジャクソン切手」は特に有益な一編です。ぜひ参照ください。
 そこで話題になっていた不発行切手の画像が、MJの死去に合わせてinternational STAMP NEWS.comさんに掲載されていましたのでご紹介します。図の上2種が不発行切手で、下2種がセントビンセントから発行された正刷切手です。まったく同一図案で、国名表示のみが異なるデザインです。郵趣1986年6月号P.69によると、イギリスのオークションで横流しされた連刷ペアが£370(約10万円)だったと伝えています。上記の荒牧さんからのコメントによりますと「2ペア4種の図案が載っており、それぞれperfとimperfのセット(計8種)で35ポンドです。」とお手頃価格に落ち着いた様子が伺えますので、実際に横流し・流出した数は相当量あったものと思われます。MJの急死でさらに郵趣市場に出回ることになるでしょうか。要注意ですね。

|

« オリンピック開催都市立候補・招致切手 | Main | ニュージーランド郵政の再利用封筒 »

Comments

こんにちは。荒牧です。
VirginIslandsの不発行切手は、ebayで検索すると、複数出品されていました。価格も数十ドルと手頃です。
こうなってくると、不発行切手といってもありがたみがなくなりますね。

Posted by: 荒牧 | July 01, 2009 at 01:49 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46050/45467305

Listed below are links to weblogs that reference 幻のマイケル・ジャクソン切手:

« オリンピック開催都市立候補・招致切手 | Main | ニュージーランド郵政の再利用封筒 »