« 駅スタンプ(5):徳佐駅 | Main | HILTIが来た! »

May 29, 2009

駅スタンプ(6):津和野駅

090529_1

 戦前の駅スタンプのご紹介も今回が最後です。有名な津和野駅です。印影にも表示されている通り山口線の駅であり、観光地の「萩・津和野」とセットで語られていることも関係してか、津和野を山口県と思い違いしている人も多いと思います。正解は島根県です。また、津和野駅が山口線の一方の終着駅だと思っている人も多いようですが、それも間違いで正解は益田駅です。
 描かれている社は今も健在な太皷谷稲成神社です。印影が栗の形をしているのは、どうやら当時の名産品だったからのようですが、はて、今ではそんな印象はありませんねえ。さらにスキーも今の感覚からはピンときません。津和野駅がもっとも時代の違いを感じます。

 ここ数日の間に日米のコンビネーション・カバー2通が立て続けに到着しています。ご出張の度に何かしら差し立ててくださる大阪の北浦秀明さんのご好意によるものです。いつもありがとうございます。ちょうどアメリカ切手について書こうと思っていたところだったのでタイミングもぴったりです。
 今年に入ってから発行されたアメリカのセルフ糊切手は、郵趣誌でも触れられていたように水剥がしができなくなったようです。いくら水に潜らせてもびくともしない強固さです。これでは初期セルフ糊切手のトンガやシエラレオネさながらに、カットスクエアでの収集になってしまい非常に見苦しいです。アメリカの業務用封筒などはオレンジ色をした質の悪い用紙を使っているせいで、オレンジ色が容易に切手に乗り移ってしまいがちです。できるだけ早く剥がしたいのにこれでは全然アカンです。それほどに切手の剥ぎ取りや不正な再使用、変造・偽造が目に余るのでしょう。困ったことです。

090529_2

|

« 駅スタンプ(5):徳佐駅 | Main | HILTIが来た! »