« 駅スタンプ(4):長門峡駅 | Main | 駅スタンプ(6):津和野駅 »

May 24, 2009

駅スタンプ(5):徳佐駅

090524_1

 いよいよ山口県の最深部に到達!などと書いたら怒られるかもしれません。島根県まであともう少しの県境の町こそ阿東町徳佐(あとうちょう・とくさ)です。徳佐八幡宮の鳥居としだれ桜、十種ケ峰スキー場を描いています。
090524_2 えー、昭和9年に既にスキー場があったなんて、ネイティブ山口県民である私も知りませんでした(謝)。前年にオーストリアから発行されたスキージャンプ図案切手もまた両手を広げるポーズをしていますので辻褄も合ってます。でもジャンプ台まであったんかなあ???。というくらい今でも秘境です(こらこら)
 戦後、地域あげてリンゴ栽培に取り組んだ結果、日本最南端のリンゴ産地になりました。今では「徳佐」と言えば10人中10人が「リンゴ」をイメージすると思います。山口県ではみかんもリンゴも両方穫れることを県外に向けてもっとPRすべきかもしれません。

 世界遺産クラスの切手の中には愛らしくかわいい切手も含まれることは当然です。時代を遡るほどお堅い図案ばかりなので、ポップでキュートなデザイン志向の萌芽はいつ頃興ったのかも真面目に把握しておくべきでしょう。
 ポーランドが1964年に発行したこの笑い猫切手もまた、切手収集家ならだれでも見知っていることでしょう。擬人化が過ぎてあざとい表現であることは否定できませんが、本物の猫もたまにこんな表情をする時があるので、やっぱり可愛らしさにやられてしまいます。この切手をきっかけに切手を集め始めた人も相当いるはずです。何より、この切手を初めて見せた時の相手の表情を観察するのが楽しいですよ。どんなむつけきオッサンであろうと一瞬表情がユルむんです。ぜひ試してみてください。
 共産主義時代のポーランド切手なぞ、だいたいロクなものはありませんがこれだけは別です。最近のどんなカワイイ切手をも凌ぐ破壊力(?)を備えています。この切手を貼ったぐっと来る素晴らしい実逓カバーもずっと探し求めているのですが。

090524_3

|

« 駅スタンプ(4):長門峡駅 | Main | 駅スタンプ(6):津和野駅 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 駅スタンプ(5):徳佐駅:

« 駅スタンプ(4):長門峡駅 | Main | 駅スタンプ(6):津和野駅 »