« 第2次・CD-ROM付き切手 | Main | ふくやま・切手バザール2009に行ってきました »

April 18, 2009

合法的事前発売か?ー切手趣味週間2009

090418_1

 4月10日〜16日に開催された国際切手展CHINA2009に出かけられたマサスタンプこと山本誠之さんから図のような日中コンビネーションカバーが計3通届きました。既にご存知の通り、今年の切手趣味週間切手は同展を祝う意味合いも兼ねて日中両国の絵画が題材になっています。中国の消印は、河南洛陽2009.04.10です(「陽」の字は簡略体)。
 しかし、切手趣味週間切手って20日の発行ですよね。今日は4月18日なので、なんで発行前の切手がここにあるのでしょう???。あわてて郵趣4月号を見返しましたらありました、P.24にこの秘密を解く鍵が。

 『4月10日(金)〜16日(木)、中国洛陽市の洛陽博物館で<CHINA2009>が開催される。日本郵便もブースを出展し、「切手趣味週間」切手を貼り、特別なスタンプ(印の種類など、詳細は未定)を押印した台紙を発売する予定。なお、この台紙は会場(洛陽)のブースでしか販売されず、日本での取り扱いはない。』(以上、郵趣2009年4月号P.24右下囲み記事を引用)

 なるほど!、切手展会場限定で発売された記念台紙をわざわざ解体して日中コンビネーションカバーの形で実逓使用してくださったものですね。あくまでもその結果として、本来の切手発行日以前の消印が押されたのですね。貴重なものを恐縮です。ありがとうございます。
 なお、特別なスタンプというのは日本切手に押されている下図のハンコ(↓)のことですね。シンプルでなかなかいいじゃないですか。ゴム印のようですからインク浸透式ですかね。また、いただいた3通とも正位に押されているので機械印でしょうか。詳しいことをご存知の方がいらっしゃいましたらコメントでフォローアップをお願いいたします。

090418_2

|

« 第2次・CD-ROM付き切手 | Main | ふくやま・切手バザール2009に行ってきました »

Comments

そうだったんですか。会場には2日通ったのですが,最近実家から郵趣も送られて来なくなったので,趣味週間切手が未発行などとは思いもしませんでした。郵便差出もできない日付印でもない私印を押しただけのものとばかり思っていました。おまけに1シート80元は日本円に直せば1200円ほどですが,中国生活者にとっては大金。生活実感は8000円ほどになります。しかしこれを買った中国の人は十分元は取れたわけですね。

なお,この印は手押し印のようです。

Posted by: philatelyjp | April 18, 2009 at 06:35 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46050/44705121

Listed below are links to weblogs that reference 合法的事前発売か?ー切手趣味週間2009:

« 第2次・CD-ROM付き切手 | Main | ふくやま・切手バザール2009に行ってきました »