« ふくやま・切手バザール2009に行ってきました | Main | ルイ・ブライユ誕生200年 »

April 27, 2009

スタンプショウ'09

 駆け足のように一泊二日の行程でスタンプショウ'09を参観してきました。会期では中日にあたる25日(土)に到着して最初にバッタリ会ったのがなぜかJPS鹿児島支部長のNさん。東京がお里であることは承知していましたが、全国規模の催事ともなるとそんなことも珍しくはないことを改めて実感しました。高速料金1000円のうちに、久しぶりにスタンプショウかごしま'09に行くべし!との天啓かとも思いました。いや、たぶん行くでしょう。
 今回の参観は各種講演会の聴講が主目的でした。まずは内藤陽介さんの「切手が伝える仏像:意匠と歴史」から。それが終わると「切手の集い」の北欧切手に初参加です。最近の切手ならインターネットもあるし各郵政の広報誌もきちんと届くので問題はありませんが、ちょいと古い時代になると自分に知識がないことを如実に感じていたので、勉強させてもらおうとこの春から北欧切手部会さんに入会させて頂きました。その初めてのご挨拶に少しの時間だけお邪魔したのです。
 そして西海隆夫さんの「切手で読む古地図の楽しみ」を拝聴しました。大航海時代に海洋のフロンティアが広がるにつれ、地形図としての正確さとともに表現技法の発展の様が非常によくわかりました。
 翌26日(日)は、ついに刊行された大沢秀雄さんの「切手が伝える視覚障害」のお話。朝方に私用で手間取り、席に着いた時には終了間際で申し訳ありませんでした。その後も郵趣連載記事で紹介予定の切手の現物を確認しに目白の郵趣会館に移動です。次号5月号は特に豊作月で選抜に非常に難儀していました。最終的にブツを見ないと決めかねるほどの状況でした。
 そして新宿切手センターへも回り、旭スタンプのおばちゃんトコでくっちゃべってから山口宇部空港にトンボ返りでした。

 今回はそんなに買い物をする予定ではありませんでした。それでも1点のみ重要な要件についてご報告しておきます。下図は北朝鮮が2007年10月15日に発行したとされている2種組のDVD切手のFDCです。封筒にふたつの窓を開け、そこに顔を覗かせたDVD切手にタイ・オンするように初日印が押されています。
 ただし、これには前段のお話がありまして、昨年のJAPEX'08の時にはまだ未使用しか販売されていませんでした。これから公式のFDCの製作が始まるという情報をその時に知りました。いくら何でも「これから作る」はないんじゃない?と思いませんか。この時点で既に発行後丸1年が経過していたのですからね。経済制裁中であることなどの政治向きの話とは別に、根本的にいい加減さが桁外れにひどいのでどうにも信用できません。参考までにご紹介はしますが、北朝鮮関係は往時のアラブ土侯国以上にラベル視せざるをえない存在だと考えています。つまり、まともに扱ったところで郵趣的価値が極めて希薄だという意味です。皆さんはどのようにお考えですか?。

090427

|

« ふくやま・切手バザール2009に行ってきました | Main | ルイ・ブライユ誕生200年 »