« オバマ新大統領就任式記念カバー(メイド・イン・ジャパン) | Main | 極地保護切手 »

February 24, 2009

金の自由化と金箔切手

090224_1

 「切手のつどいin広島」での収穫品紹介その2です。パインスタンプさんのお薦めで購入したガボン共和国発行の日本万国博記念金箔切手です。しかし、目玉は切手そのものではなく、初めて日本に輸入された1973年頃の販促チラシの方でした。(ポップアップで拡大図が開きます)

090224_2

 PR文の全文をご紹介しましょう。

─────1970年、大阪で開かれた世紀の祭典<日本万国博>は、まだ皆さまの記憶に新しいことと思います。会場では各国の記念切手が、各パビリオンで発売され、大変な売行きでした。
 そのなかで、アフリカのガボン共和国の切手だけは、発売することができませんでした。それは純金(999:1000)のため、輸入が許可されなかったためです。発行数5000枚という僅少のため、当社は当時これをスイス銀行に預けておきました。
 いらい3年。収集家の間では幻の切手として、郵便物の上にはられてきた、ごく少数が極めて高価で取引きされていました。今回、金の自由化にともない、輸入できましたが、あまりにも少数のため、デパートなどで宣伝して販売できませんので、ごく限られた方に、ご案内することにしました。
 この切手は、純金をうすい箔にして作ったものですが、額面が1000フランという高額であることも、仲々簡単には手に入らぬものでした。またとない入手のチャンスです。─────

 私はこの話をまったく知りませんでした。世界最初の金箔切手「シュヴァイツァー博士追悼」(1965)を発行したガボンですから十分ありうる話です。もし本当ならば、初期の(本物の)金箔切手の類はすべて、ニクソン・ショックあるいはブレトン・ウッズ体制の崩壊、その結果による金の自由化との関係を考慮しないわけにはいきません。パチもんだのバッタもんだのと軽く見ていた傾向もありますが、金箔切手がまったく違った姿に見えてきました。当時の委細をご記憶の方はいらっしゃいませんか?。

 ちなみに当時の私は小学校6年生で切手収集にはまだ着手していませんでした。

|

« オバマ新大統領就任式記念カバー(メイド・イン・ジャパン) | Main | 極地保護切手 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 金の自由化と金箔切手:

« オバマ新大統領就任式記念カバー(メイド・イン・ジャパン) | Main | 極地保護切手 »