« 昭和の香り立つ連番カバー | Main | 金の自由化と金箔切手 »

February 23, 2009

オバマ新大統領就任式記念カバー(メイド・イン・ジャパン)

090222

 昨日2月22日に開催された「切手のつどいin広島」に出かけてきました。活動的な営業で信望も厚いマサ・スタンプこと山本誠之さんのブースを発見して直行です。昨年のJAPEXの時だったか、オバマ新大統領就任関係のアイテムを福井県小浜市関連で作成予定であることを聞かされ、その場で予約を申し込んでいました。そして実際に出来上がったのが上掲の記念カバーです。
 リベリアが発行したオバマ大統領、バイデン副大統領の当選記念切手を用い、日本切手との混貼(コンビネーション)による小浜郵便局2009年1月20日の消印を押しています。ワシントンDCのSOUTHWEST STATION局の到着印もばっちりです。図のようにオバマさんと欧文印、オバマ&バイデンさんと欧文ローラー印の組み合わせ違いを、ホワイトハウスと議事堂のカシェ違いで2通買わせてもらいました。この他にも組み合わせパターン違いで数種類作成されたそうです。
 えーっと、許可を頂いたので追記しますが、この記念カバーはアメリカのディーラーさんから1,000通単位で製作依頼されたのだそうです。マスコミが報じた福井県小浜市の勝手連的な騒ぎぶりはアメリカにもしっかり伝わっていたからなのだそうです。こんなことで国境を越えた情報化社会を実感できるとは!。それに引きかえ、当の小浜郵便局はいろいろ事情もあるのでしょうが、一連のお祭り騒ぎに便乗しての郵便商品販売等のことどもとは無縁だったようです。まあ、そんなもんだろうなという気もしますが、せっかく官公庁ではなくなったのに勿体ないな、営業センスがないな、と正直、残念な思いもします。
 アメリカ郵政公社が製作した就任記念カバーのことは、今年元旦の記事でお知らせ済みですね。このマサ・スタンプ製カバーとセットでコレクションされてはいかがでしょう。お値段は上が900円、下が1,000円というお手頃価格です。詳細は山本さんに直接お問い合わせください(郵趣2月号P.72の広告を参照)。

|

« 昭和の香り立つ連番カバー | Main | 金の自由化と金箔切手 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference オバマ新大統領就任式記念カバー(メイド・イン・ジャパン):

« 昭和の香り立つ連番カバー | Main | 金の自由化と金箔切手 »