« 今年もお世話になりました | Main | オバマ新大統領就任式記念カバー(予約受付中) »

December 31, 2008

おばか切手大国ギニア・ビサウ

081231_1

 年末年始の休みを利用して溜まっている未整理品のデータ入力と収納作業を進めています。以前から気付いてはいましたが、やはりギニア・ビサウは無茶苦茶です。著作権や肖像権の侵害は当たり前、図案ミスやスペリングミスも得意技、いくらなんでもこれはヒドイ状態です。
 同国も例外ではなく、自国切手を製造するだけの技術力・経済力がないリソース不足の発展途上国では、企画から発行・配給までを代行してくれる米英の「切手代理発行エージェント」に業務を丸投げすることが多いです。自国の名義や発行権を売るもしくは期限付きでリースし、その対価として外貨収入を得ます。そのかわり、エージェントも全世界の郵趣市場に流通・販売する権利を得て商売を行います。心ある郵趣家は、そんな「エージェント切手」類に批判的ですし、その視点は決して間違ってはいません。しかし、現実問題としてエージェント委託方式は既にひとつのビジネスモデルとして確立しています。契約行為に違法性もないので、残るは発行目的の正統性、適切な発行枚数、一定レベルを堅持した成果物(切手)の生産といった事務レベルに問題点が集約されています。その点においてギニア・ビサウは完璧に失格です。
 特にひどいのが裏焼きの多発です。パソコンの普及のお陰でリフレクト(左右または上下の反転)や回転、等倍・変倍加工が簡単にできるので、レイアウト上のアンバランスがあった時もいとも簡単にそれをしています。もちろん、これはデザイナーのみならず全関係者が真っ当な倫理観に基づいて厳しく自己規制すべきものですが、残念ながらその抑制がまったく機能していません。大抵のへなちょこ切手にも寛容な私ですら、このあんまりな事態は由々しいものと断定します。
 図の小型シートも、平均的な日本人ならぱっと見で図案ミスに気付くでしょう。シート地は葛飾北斎の「富嶽百景・神奈川沖浪裏」の裏焼きで、さらに上下方向のみに少し圧縮する変倍縮小までかけています。同国の図案ミス切手だけで軽くヴォストークアルバム1冊が埋まるほどのいい加減さです。これを「おばか」と言わずして何と言いましょうか。
(下は参考の正図、日本の1963年国際文通週間切手です)

|

« 今年もお世話になりました | Main | オバマ新大統領就任式記念カバー(予約受付中) »

Comments

土壌汚染を引き起こす有害・有毒な廃棄物の受け入れで外貨を稼いでいる国・・・・・ギニア・ビサウでございます。北斎の裏焼きくらい朝飯前なのでしょう。。。

Posted by: いいだばし | December 31, 2008 at 08:09 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46050/43589000

Listed below are links to weblogs that reference おばか切手大国ギニア・ビサウ:

« 今年もお世話になりました | Main | オバマ新大統領就任式記念カバー(予約受付中) »