« JAPEX参観します | Main | スター☆オークション創刊号発行 »

October 31, 2008

NPO日本郵便文化振興機構(JIPP)に行ってきました

 上京初日の10月31日のルポです。いきなり検索でアクセスが集中しそうなタイトルですが、変なことがらは何もありません。読んで字の如しで普通にJIPPの事務所に遊びに行ってきました。とりわけ井上和幸くんとは彼が中学生の時からの知り合いなので、手土産持参で訪問するに何の遠慮もないでしょう。
 東急田園都市線・用賀駅で待っていると井上、池田健三郎両君じきじきにお出迎えいただきました。こちらは午前中に本業の仕事をひとつこなしてからきたので完全な仕事着(作業服)。そのままのノリでパスタをご馳走になり、その後、小一時間ほど事務所で"楽しく"お話してきました。
 JIPPに関してはあれこれ噂が流されていますが9割9分までがガセネタ、ウソ、絵空事、間違いです。某匿名掲示板の書き込みなどはその最たるものです。

 わからないことや疑問があれば、こうして直接話をしに行けばいいじゃないか。

 つまり、結論としてはそういうことです。ヘンな勘ぐりより直接対話(コミュニケーション)が正確だし話も早いのです。
 公にして良いことのひとつとしては、10月9日のブログで提案しました出版活動のことです。今すぐではないにせよ、かなり近い将来という射程範囲内で「やります」とのこと。例えば樋口豊さんの「第一次世界大戦からナチス第三帝国崩壊まで」についても、私を含め井上・池田両君の評価もともに高く、NPO法人ならではの機動性を活かす意義深い活動の柱になることと思います。
 それ以外では、このブログでるる発表するのも惜しいので(?)、JAPEX会場なりで直接私に聞きにくるだけの根性のある人にだけ、こっそりお教えすることにしましょうか。ちょっとしたサプライズもあるので、今日は訪問した事実だけを記してジラし倒すことにします(笑)。

081031_1
(応接室に飾ってあった原画デジタルプリントの額装2種の写真。ともに限定50部のうちの2番。素晴らしい!。)

 JIPPの後は新宿へ。ここには郵趣家にとっての「新宿の母」がいらっしゃるのですよ。そう、新宿切手センターは旭スタンプのおばちゃんこと柳橋さんに会いに行きました。おばちゃんの人柄に引かれて来るお客さんは多く、もちろん私もそのひとりです。このお店は、私にとっては切手を買いに行くのではなく油を売りに行くような場所です。おばちゃんの顔を見ないと東京に来た気がしません。おばちゃんの許可を得られましたので元気なその笑顔をここにご紹介しましょう。

081031_2

 なお、新宿切手センターは移転のため今年12月14日で営業を終了します。
 翌1月には新しい場所で営業を再開されるとのことです。詳しくは郵趣12月号に掲載されます。

 以上、本日、上京初日の速報ルポはこれにて。
さて、今から一杯引っかけに渋谷の街にくり出すことにします。

|

« JAPEX参観します | Main | スター☆オークション創刊号発行 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference NPO日本郵便文化振興機構(JIPP)に行ってきました:

« JAPEX参観します | Main | スター☆オークション創刊号発行 »