« ホッピーでハッピー! | Main | 極地保護切手の発行計画発表 »

September 28, 2008

JAPEXへ行こう!

Japex08

 今夏は本業が例年にない忙しさで、公私共に何をやったのか細かいことははっきりと覚えていないほどです。が、それもほぼ終えんを迎え、いよいよ郵趣の秋到来です。
 全国切手展JAPEX'08が開催される11月初旬、今年ばかりは少し長めのまとまったお休みをいただき、東京をはじめとして余裕を持ってぶらぶらしようと思っています。もちろんJAPEX'08がその行程の中核になることは言うまでもありません。

 私が日本郵趣協会(以下、JPS)に入会した1975年(昭和50年)にはもうJAPEXは行われていました。その当時はJPSも財団法人になる前の任意団体でしたけれど、今あるJAPEXの骨格は既に完成されていました。大学進学とともに上京・就職し、いつのまにかJAPEX委員会(実行委員会も)にも加えていただけるようになったので、郷里に戻った今でさえ「私たちのJPS、私たちのJAPEX」という想いが身に染み付いています。この生理的感覚にも近いイメージは、JAPEX草創期を知っている世代に近い人であればあるほど共感していただけることでしょう。
 「出品者が出品料を払って出品し、参観者が参観料を払って参観する」という、今では当たり前のスタイルを定着させるために、草創期の方々がおよそ尋常ではない努力を重ねられたことは確固として語り継がれていくべきものです。

 ところで、誰にでもわかる親しみやすい切手展をとの声も承知していますが、JAPEXにそれを求めるのは筋違いと言いますか「それだけは勘弁してくれないかな」と思います。
 首都圏に住んでいると切手展もセールもオークションも身近に行われているので、それが当たり前に感じられるのでしょう。JAPEXも数ある郵趣イベントのひとつにすぎない、特別なことではないという感覚のことです。ですが、それは逆に言えば恵まれている環境にあることに馴れ過ぎていることであるとも自覚していただきたい。今でこそインターネットの普及で、田舎にいても収集活動上の不便さをかなり補えるようになってきましたが、それすらここ10年ほどのことに過ぎません。また、最近はJPSの各地方本部の活動も水準が上がり、毎年恒例の地方展(中規模展)が定着しています。それでも、年に一回開催するのがやっとなので、ハイレベルな国際展作品も、JPS支部員によるわかりやすい作品も、切手商ブースも、はたまた子供さんたちが遊べるイベントもと、多岐にわたる企画が盛り込まれています。つまり、このチャンプルー状態は限られた「場」を最大限に生かすための「やむをえず」であって、本来どうあるべきかを熟慮したうえでの開催形態ではありません。

 結論としては平凡ですが、現在のJAPEXのコンセプトは正しいのです。予備知識がないとさっぱりわからん、出品者解説を聞いてもただただ「へぇ~」、どう考えても今の自分の収集とは接点がない、たぶん切手で家が建つとはこういうコレクションなんだろうな・・・・・みたいな最先端であって欲しいです。それだからこそ私のような地方コレクターは、決して安くはない旅費・宿泊費それに時間をかけて参観しに行くのです。地方展でも見られるような、ただ親しみやすいだけの作品しかなかったら行くわけがありません。私ら田舎もんは見に行くにしても気合いの入り方が違います。年に一度くらい、プロパーの郵趣家だけがありがたがるようなコアな場があってもいいじゃありませんか-----という趣旨のことは以前にも書いたことがありますね

 なお、将来の展望としては、諸外国のように全国各地を巡る開催形態も視野に入れて欲しいです。規模を小さくした巡回展形式ではなく、本展そのものを地方でという意味です。
 JAPEXの予算と参観者実績を見ますと、これなら地方で開催するのも絵空事ではないと感じました。有料催事がどれだけ受け入れられるか、事務局の人間が短期でも現地に駐在する必要性等々、解決しなければならない問題はありますけれども、いずれも何とかなると思います。
 今では地方にも立派な国際会議場ができています。身近なところでは広島県や福岡県にも現サンシャインシティ以上の規模の会場はあります。器ができるのと同時にイベント業者も育ってきていまして、業務の大部分を委託できる会社は決して珍しくありません。また、県外から訪れる人のための宿泊施設数もJAPEX程度の規模なら何の問題もないでしょう。そして最大のメリットは、開催経費を確実に3割程度は削減できる可能性が非常に高いことです。東京・池袋で開催すること自体にステータスがある面はわかりますが、やはりそれだけにこだわらず、まじめに検討してもらいたい点です。

 さあ、みんな、JAPEXに行こう!

|

« ホッピーでハッピー! | Main | 極地保護切手の発行計画発表 »

Comments

今年は出品もしましたのでいく予定です。
ただ、メジャーな分野ではないところなのでどう評価されますか。

Posted by: 岡本 哲 | October 07, 2008 01:37 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference JAPEXへ行こう!:

« ホッピーでハッピー! | Main | 極地保護切手の発行計画発表 »